無料ブログはココログ

2011年4月11日 (月)

日本unicefが公益財団法人になった

unicef newsという広報誌が送られてきて、4月1日から日本ユニセフ協会は「公益財団法人」となったと、表紙に書いてありました。
これを見て、私はunicefも官僚の天下りを受け入れたのか、と早合点して、定期的な寄付(額は少額ですが)をやめようと思って、電話をかけてしまいました。
しかしこれは私の誤解で、unicefの職員の給料は国から出るということではなく、すべて寄付から賄われていて、また、官僚の天下りは無いということが分かり、定期的な寄付は続行することにしました。
「公益財団法人」などどいう言葉だけからは、いかにも天下りを受け入れる団体かと誤解される気がしますね。もっとふさわしい名前はないものでしょうか。

2008年12月31日 (水)

我が家のベランダに台湾リス到来

干し柿をベランダに吊るしていましたら、台湾リスがやってきまして、食べているところをガラス戸越しに写しました。ベランダは改修工事が行われていまして、カバーがかかっていますので、外の風景は写りません。

2008年6月29日 (日)

夏の花々

近所を散歩しましたら、ネジバナを始め、夏の花が咲いていました。

ネジバナ ネジバナ
ヒオウギズイセン クサノオウ
コヒルガオ


ヤマユリ


ネジバナ

2008年6月 7日 (土)

鎌倉台峰(だいみね)を歩く

ようやく晴れて暑くなってきたので、鎌倉台峰を散歩してきました。6月に咲く花を写真に撮りたいと思ってカメラを持っていきましたが、台峰では野草の花は殆ど咲いていませんでした。台峰に入る前と、台峰から出て鎌倉駅に向かう途中に花が咲いていました。


ホタルブクロ


カタバミの仲間(台峰に咲いていましたが、園芸種が紛れ込んで来たのかも知れません)


ビオウヤナギ(美央柳と書くようです)


ドクダミ(雑草の代表みたいに扱われますが、花はとても美しいです)

2008年2月17日 (日)

紐の結び方

私が加入しています、某市のシルバー人材センターでは除草班に入れてもらっています。雑草を抜いてから、腐葉土にするらしくて、米袋に入れて荒縄で結ぶのですが、結び方がなかなか覚えられません。
そこで、図に書いて覚えることにしました。この図を除草班の親方のところに持っていくと、「体で覚えろ」とどやしつけられる恐れがあります。折角作ったのでブログで公開します。新聞紙などの梱包でも使えるのではないでしょうか。

1.米袋の中には雑草がびっしり詰まっています。荒縄を米袋の後ろから前に通して、上まで持ってきます。AとBを強く引っ張ります。作業者の側から見た図になっています。

2.BをAの下にもぐり込ませて、引っ張りあげます。作業者の側から見た図になっています。



3.AとBが交差するあたりを強く抑え、Aをぐるっと右回りでBの外側を通るように回します。



4.縄(紐)の回し具合が分かりやすいように、ほどいたように書いていますが、要所でよく締め上げる必要があるようです。この辺のやり方が私はまだ理解していないので、よく親方に叱られます(^^ゞ最後にAを引っ張るときつく結ばれます。

2008年2月 3日 (日)

我が家から見た雪景色

今年初めての雪景色です。雪が降っている中で写しましたが、降っている様子が分かりませんね。雪の降っている時の写真の写し方は難しいです。
今日は用事があって外出しましたが、電車が遅れていました。日曜日のため、混乱はあまりなかったようです。

2008年2月 1日 (金)

シルバー人材センターでの初仕事

昨年の12月に、ある市のシルバー人材センターに登録してから、今日2月1日に初めて研修の仕事が入りました。私は草取り、清掃の仕事を選びましたので、その仕事が入ったわけです。正式な会員になるまでは計8回の研修を経験しなくてはならないそうです。
人様の注文を受けて有償で実施するわけですから、本番前の研修は当然でしょう。草取りというと簡単に聞こえますが、今日指導を受けましたが、結構大変ですね。集めた草とか落ち葉は市の腐葉土作成場まで運び、肥料にするらしいので、土や石が入るのはまずいので、植物と石、土を分ける作業がこれが結構きつかったです。それから、作業範囲にある雑草は1本も取り残しは許されません。随分厳しいものだと思いましたが、施主の注文通りに仕事をする必要があるので、これも当然なのでしょう。指導して下さった方々に御礼申し上げます。
家に帰ったらぐったりと疲れました。土曜、日曜は原則として休みですが、果たして私に長く勤まるだろうか、正直不安はあります。家で何もしないで、退屈しているより、労働した方が健康の為にもいいし、社会のお役にも立てるので、何とか続けたいものです。

我が市の老人人口(何歳以上を老人というのか聞き漏らしましたが)の僅か1.3%がシルバー人材センターに登録しているそうです。働けない人々も当然いるでしょうが、意外に登録者が少ないことに驚きました。

2008年1月21日 (月)

買い物をして、「おおきに」の言葉は、とても嬉しいです。

大阪に用事があって行って、何か買い物をすると、大体だれでも、「おおきに」という言葉をかけてくれます。日頃首都圏で暮らしていますが、買い物をして、「有り難うございました」と言われた経験は勿論ありますが、大阪の「おおきに」の言葉は何かとても新鮮で、大変印象に残り、また嬉しいです。
タクシーとかキオスクで「おおきに」の言葉をかけられますと、かえってびっくりします。それがよけいに新鮮な気持ちを呼び起こすのだろうと思います。やはり大阪は商人の街なんでしょうね。

2006年11月18日 (土)

鎌倉天園ハイキング

本日は朝から晴天だったので、鎌倉の天園ハイキングコースを歩いてきました。JR北鎌倉駅下車で、円覚寺の横を通りすぎて、建長寺に拝観料300円を払って入場しました。建長寺の境内を歩いて、烏天狗の像が並ぶ半僧坊を通って、展望台に到着。ここから富士山が見えるはずだったのですが、生憎見えませんでした。
Kentyouji_no_nagame
展望台から建長寺の眺め

展望台からは、天園の尾根づたいに瑞泉寺の方向に歩きました。途中で、覚園寺の方に下山する道を分けて、更に瑞泉寺の方に向かいまして、山道がゴルフ場と接する地点で昼食をとりました。
そこからまた戻って、覚園寺の方に降りました。天園ハイキングコースは手軽に登れて適度な運動ができるし、樹木が多くて森林浴もできますし、なかなか良いところです。
覚園寺を見学して、鎌倉宮、八幡宮に寄ってから家路につきました。
Kakuonji
覚園寺山門

Turugaoka_hatiman_genpeiike
鶴岡八幡宮の源平池の紅葉

2006年10月 3日 (火)

町田のダリア園

私が属している「花のボランティア藤沢」というボランティア団体の仲間と町田のダリア園に行ってきました。町田市知的障害者育成会まちだ福祉作業所が経営されているようです。500種、4,000株のダリアが咲き誇っていました。遠くから見ますとまるで、大輪のバラと見間違えるほどの見事なダリアですね。

Matida_daria_en_1

Daria1_1

Daria2_1

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30