無料ブログはココログ

2017年6月25日 (日)

デジタルディレイIC PT2399を利用した、ウクレレ用Reverb(ECHO)エフェクタの自作(結局失敗でした)

ウクレレ用のReverbエフェクタを自作したくなりまして、インターネット上の回路図をいろいろ探したところ、まず目についたのが、スプリング・リバーブという文字通りバネを使うというものです。その次に目についたのは、BELTON素子というのでしょうか、それを使った回路図が多かったです。ところがBELTON素子の価格が日本では高価で、1個4,000円程度かかります。最後にたどり着いたのは、デジタルディレイIC PT2399を利用したReverb回路で、秋月電子通商のサイトに、PT2399を利用したECHO回路図が載っています。

PT2399は、BELTON素子に比べると大変安く、1個130円で買えるので、この回路図で作ってみました。

部品は秋月電子から購入しました。電源を入れてウクレレ ピエゾ素子→自作のプリアンプ→ECHOエフェクタ→パワーアンプ→イヤホンとつないで、ウクレレの音を聞いてみました。

50KΩの可変抵抗を右に回すにつれ、ウクレレの音に遅れて、ウクレレの音が小さく鳴ります。これがエコーなのでしょうか。耳障りです。一番右に回すと、エコーのかかり具合がとても大きくなりまして、これではReverbの効果にはなりません。

音を録音しましたのでお聞き下さい。なおこの録音では、20KΩのVRは左に回し切っています。(20KΩのVRはDelay timeをコントロールするためのもののようです。)

「Echo-Effect.mp3」をダウンロード (音声はモノラルで、左チャンネルから聞こえます)

Princeton Technology 社に音声を添付して、メールで質問してみました。
その回答は次の通りでした。

The PT2399 is designed as single unit for echo/delay circuit,
and reverb effect can be implemented by multiple delay cell.

PT2399でReverb効果を得るには、複数のdelay cellを使わなくてはならない。

そして続けて、「PT2399 reverb」で検索して、出てくる回路とかそういうものを参考にして作って下さい、と書いてありました。

なるほど、自作の世界は厳しいものです。秋月のサイトにPT2399の回路図が載っているので、それを使えば問題ないとばかり思っておりました。

検索で、回路図はいろいろ載っていましたが、私には手に負えない回路図ばかりで、結局今回作った装置はお蔵行きとなりました。

-------------------------------------------------------------------
共立エ レショップ ディレイキット DELAY2399-KIT というものが販売されています。

これは、キットになっていて、2,304円+送料550円です。ケース、可変抵抗、スイッチ、ジャック等は別に購入する必要がありますが、こういうキットもあります。私にとっては、こういうキットを使うのが一番合っていると思います。

2016年10月16日 (日)

ウクレレの演奏をアンプで増幅して、片耳のイヤホンで聞く場合の問題について

ピエゾピックアップ→Behlingerプリアンプ→Behlinger Mixer→キクタニRMS-10改造で、片耳イヤホンで聞くとウクレレの音がイヤホンから聞こえない問題に遭遇しました。

片耳イヤホンなら何でもいいと思って、JVCのTP-3Lという、左耳に引っかけて使うタイプのものを購入して、これを使って聞いたのですが、ウクレレの音がイヤホンからあまりよく聞こえません。

キクタニRMS-10を改造したせいかも知れないなどいろいろ操作してみましたが、イヤホンからウクレレの音が聞こえません。

最後に、イヤホンの問題かもしれないと思って、家にあって、iPod用のステレオヘッドフォンPhilipsのSHE9700の左耳の方を当ててみたところ、ウクレレの音がイヤホンから勢いよく聞こえるのです。これには驚きました。

イヤホンのことをインターネットで調べてみたところ、イヤホンの感度は、インピーダンスと、音圧レベルの数値で決まるらしいことが分かりました。

JVCのTP-3Lの音圧レベルは94db/1mWということが分かりましたが、インピーダンスは分かりませんでした。

PhilipsのSHE9700の音圧レベルは、103db、インピーダンスは16Ωとなっていました。

両者はそんなに値が違わないのに、ウクレレの音に影響が生じるということを知りました。

それで、片耳で聞くイヤホンとしては、Audio TechnicaのDMK-32というのが、音圧レベル102db、インピーダンス16Ωということで、ウクレレの音をよく拾ってくれるのではないかと思って、これを買おうとしているところです。
-------------------------------------------------------
2016年10月25日追記

Audio TechnicaのDMK-32はやはり感度が良いです。ウクレレの音を大きく鳴らしてくれます。

私にとって、ウクレレの音を増幅して、イヤホンで聞いて練習するのが一番好きになりました。

これが私にとっての今の心境です。

ピエゾピックアップ→Behlingerプリアンプ→Behlinger Mixer→キクタニRMS-10改造で、片耳イヤホンという大げさな装置など必要は無く、マイクアンプ(プリアンプ)キットとパワーアンプキットが安く販売されているので、こういうものを使って、極小さい入れ物に入れて使うというのを、今考えているところです。

2016年9月14日 (水)

PCから出る音楽をSound Blaster X-Fi Go! Proでモノラルイヤホンで片耳で聞きながら、ピエゾマイクをRoland Cube liteにつないで、ウクレレを演奏。そして、それを録音するに至るまで

私はウクレレを教室で習っています。家で練習するために、先生から貰う楽譜をSinger Song Writer lite ver9で打ち込んで、それを鳴らしながらウクレレを演奏しています。

ウクレレにピエゾマイクを繋いで、それをRolandのCube liteで増幅してその音で練習したら、結構厚みのある音が鳴りました。

Singer Song Writer liteには、メロディとコードをいれてやると、自動で伴奏を付けてくれる機能があるので、伴奏を付けてみました。ドラムの音やベースの音が入ると音楽が豊かに響きます。

バックで流れるドラムやベースの音入りの音楽に合わせてウクレレを弾くと、本当に練習が楽しくなり、はかどります。

まず、メロディだけの曲はこのような感じです。ハワイアン・パラダイスという曲です。

次に伴奏が入った曲はこのような感じに変化します。

この伴奏入りの音楽を背景にして、ウクレレを弾くのですが、ウクレレの音はスピーカーから聞こえません。PHONESのジャックがふさがれているためですが、イヤホンからウクレレの音と、バックの音楽が同時に聞こえまして、大変よい感じです。どこかのホールで演奏しているかのように聞こえます。スピーカーから音が出ないので、夜間の練習でも、外部に漏れません。

下の写真のように、パソコンのUSBの口にSound Blaster X-Fi Go! Proをつなぎます。スピーカー/ヘッドフォンジャックに、モノラルのイヤホンを繋いで、PCから流れる音を聞きます。

Cube liteの標準ジャックに、ピエゾマイクから来るコードをつなぎます。ピエゾマイクはCube liteではプリアンプが不要なのです。

Sound Blaster X-Fi Go! Proの録音ジャックと、Cube liteのPHONESジャックを両端3.5mmのミニプラグの付いたケーブルでつなぎます。この接続によって、ウクレレの音がPCに送られて、その音が、Sound Blaster X-Fi Go! Proのスピーカー/ヘッドフォンジャックにつないであるモノラルのイヤホンから音がでます。同時に、バックで流れる音楽もミックスされて、イヤホンで聞くことができます。

Cube_lite

Sound Blaster X-Fi Go! Proには、再生リダイレクトといって、PC上で鳴っている音楽をミックスしたり、録音する機能があります。この機能は、コントロールパネル→サウンド→録音タブで、再生リダイレクトに設定する必要があります。

Sound Blaster X-Fi Go! Proには、Creative WaveStudio 7という録音ソフトがダウンロード出来るようになっていて、これで録音ができます。ウクレレとバックの音楽がミックスされて鳴ります。バックの音楽とともにウクレレ演奏したものをCreative WaveStudio 7で録音してみました。へたな演奏ですが、ソロの部分の方が、コード弾きの部分より艶やかに聞こえます。

私は最近知ったのですが、iPhoneとかiPad用に、手軽に録音できるアプリが沢山あるのです。私は音楽用に、iPadではなくWindows10のパソコンを買ったので、これらのアプリが使えません。それで上記の方法で演奏、録音をするようになりました。

リズムマシンを買おうと思ったこともありますが、Singer Song Writer lite ver9には、EZアレンジといって、83種類の、自動で伴奏をつけてくれる機能があるので、これでベース音とか、ドラムの音を入れることができます。リズムマシンとか、リズムを作るソフトなどは私のような素人レベルでは不要だと思っています。EZアレンジでは、単純メロディと、コードの入力の他に、曲のイントロ、サビの部分、エンディングの部分に記号を入れると、それらしく盛り上げたり、終わるように自動で演奏してくれますから、これは本当に便利です。

EZアレンジの他、フレーズパネルから、楽器毎にデータをトラックに入れていくやりかたと、アレンジパネルからアレンジデータ(Bass、Acconpaniment1、Acconpaniment2、Obli、Drum)の音をトラックに一度に入れていくやり方があります。EZアレンジより、より深みのある音がします。取説に詳細に書いてありますから、EZアレンジ以外のやり方もお勧めです。いずれも、主旋律のメロディとコードをあらかじめ入れておくと、いとも簡単に曲が完成してしまいます。

しかし、この方法では、バックの音楽が一定の速度ながら、止ることなく流れていきます。それを追いかけるのに必死になり、つい、流れている音楽より先に進もうとして、楽器を弾く速度が速くなります。

それと、こういう練習方法ですと、リズムが難しい箇所もバックの音楽は何事もなかったように流れていくので、その箇所だけ取り出して練習するには、オーディオデータからその部分を切り取って、別に流す必要があり、これが大変面倒です。(「聞々ハヤえもん」というフリーソフトがあり、曲をこのソフト上で流し、難しい曲の間をAとBで指定すると、その間を繰り返して演奏してくれます。またこのソフトは曲の速度を変えてくれるし、音程(キー)も変更してくれます。半音で、0.5刻みになっています。とても優れたソフトでフリーです。ただし、入力できるのは、.wavだけで、MP3とかApple社の規格の曲などは、.wavに変換する必要があるのがちょっと面倒といえば面倒です)。

「夕陽に赤い帆」という曲を練習しているのですが、赤い枠で囲んだところは、私のようなリズム勘に乏しい人間には、曲をバックに練習すると、どうしてもリズムが取りづらくなり、結局練習にならないことがわかりました。(最初の小節は、タン、タン、タ、タン、タで、次の小節はタ、タンと続くのですが、頭で分かっていても、メロディを付けて演奏すると、リズムがおかしくなり、我ながら情けなくなります。)

Yuuhini_akai_ho2

やはり、4拍子なら4拍を正確に刻む、メトロノームの方がいいのではないかと思いました。
iPhoneやiPad向けにはいろいろなリズムを刻むアプリが揃っているようですが、私の場合はWindowsパソコンなので、Windows上で使えるメトロノームを探してみました。インターネット上でメトロノームの画面が表示され、そのまま音が出るサイトがあります。

http://tateita.com/metronome.html

パソコンにインストールして使うメトロノームソフトは沢山あります。小節の頭の一拍目を強調してくれるものを探したところ、「アートメトロノーム」というものが、私の要望に合ったものでした。ただこれも、一拍目の音に高低があり、ウクレレの音程と合わないと違和感が生じます。「Rythm Machine」というドラムがリズムを刻むメトロノームを試したのですが、一拍目をシンバルの音とすれば、ウクレレの一拍目の音の高低と合う必要がないので、こちらの方がいいかも知れません。

tateitaというサイトでメトロノームをバックにイヤホンで聞きながら、ウクレレを鳴らして、練習してみました。曲が流れるのではないので、曲のどこからでも入れるのが一番いいです。それで、曲についていこうとする「焦り」がなくなりました。これが一番の収穫でした。
メトロノームで難なく弾けるようになったら、曲をバックに演奏したらよいとつくづく思いました。

----------------------------------------------------------------
EZアレンジの音の種類は83あります。「茶色の小瓶」の曲に合わせて、ご紹介していきます。1つのリズム約20秒ほどです。
なお、25項、27項、28項、68項、69項、76項、82項、83項は3拍子ですので、曲は「エーデルワイス」にしてあります。

26.イージーリスニング「27_easy1_3_4.mp3」をダウンロード

2016年8月20日 (土)

ピエゾピックアップをウクレレに付けて、スピーカーから音を出してみました。 その体験記です。

私はウクレレを習っています。簡単なコードでしたら何とか演奏できるくらいにはなりました。
あるとき、何気なくインターネットをみていたら、ピエゾピックアップ(ピエゾマイク)というものが目にとまりました。
これをウクレレに取り付けて、スピーカーから音を出してみたいと思うようになりました。人前で演奏するほどうまくないし、専ら家の中で自分用に鳴らすだけです。

ピエゾピックアップの信号を増幅して、スピーカーから音を出すためには、プリアンプとパワーアンプと、スピーカーが必要であることが分かりました。(後から分かったことですが、キクタニのアンプ付スピーカーRMS-10は、プリアンプ無しで、直接ピエゾピックアップをつなげば音は出ます。しかし、歪んで使い物になりません。プリアンプが必要です。)

ピエゾピックアップはARTECのA1-OSJを購入しました。

プリアンプはBehringerのAcoustic ADI 21を購入し、アンプ付スピーカーはキクタニのミニアンプスピーカー付 RMS-10を購入しました。
ピエゾピックアップとプリアンプ間は、片側モノラル標準プラグ付、片側モノラルピンプラグ付のケーブル(ピンプラグに標準プラグを挿して使う)、プリアンプとアンプ付スピーカーの間は両端モノラル標準プラグ付のケーブルを購入しました。

プリアンプとアンプ付スピーカーは一体として使うので、100円ショップの園芸売り場に木製の箱があり、これを切ったり、接着したりして、2つを1体にできる箱を作りました。

前面
Zenmen

背面

Haimen

今回問題があったのは、ピエゾピックアップからプリアンプの入力へプラグを挿しても、最初は音が鳴っているのですが、1分程度で、スピーカーから音が鳴らなくなる現象に遭遇しました。販売元のSound Houseに相談したら、着払いで送って欲しいということで、調べて貰ったら、特に問題ないということで、また元払いで返送してくれました。大変親切に調べて貰って感謝しています。

Sound Houseからの指摘は、標準プラグとプリアンプの入力ジャックに相性があるとのことでした。私は片側ミニプラグでしたので、家にあるモノラル標準プラグを付けたのですが、これでやるとどうしても、途中で音が途切れます。仕方がないので、ステレオの標準プラグが家にあったので、これで試したところ、ステレオ標準プラグですと、音が途切れることがなくなりましたので、これを使用することにしました。ステレオとモノラルの標準プラグは比較すると、形状は全く同じで、プラグの下部に絶縁体があるかないかの違いだけなので、これでいくことにしました(後で分かったことですが、どうも最初からアンプ付スピーカーRMS-10の障害だったことが分かりました)。

ステレオ標準プラグとモノラル標準プラグ
Plug

ピエゾピックアップの先に、標準プラグを挿すジャックがあり、商品説明ではこれをギターのどこかに取り付けるような写真がありました。ウクレレにはこうした取り付け穴はありませんし、ウクレレに穴を開けることはいやでしたので、ここは、写真のように、クリップで服にぶら下げることにしました。

ピエゾピックアップの商品写真
A1osj

ジャックをギターに取り付けた商品写真
A1osj2

私は、クリップで服にぶら下げました。
Mic1

ピエゾピックアップをウクレレに取り付けたところ

Mic2

家で練習するのにこの装置を使った感想ですが、ウクレレの音がちょっと強調されて、音が少し重厚に聞こえる、という効果はあるかも知れませんが、人前で演奏しないなら、無くてもいいという程度でしょうか。すこし気分転換になる効果はあるかもしれません。

私の大変下手な、「365日の紙飛行機」のコード演奏を本システムで音を鳴らして、ICレコーダーで録音したものを添付します。バックで流れる歌は、スピーカーで鳴らしています。ちょっと音が小さいですが。容量の関係でほんのさわりだけです。

--------------------------------------------------------------
2016年8月25日追記

24日の夜から、スピーカーから全く音が出なくなりました。最初は、BehringerのAcoustic ADI 21の入力のプラグとジャックの相性が悪いと考えて、家にあるありったけの標準プラグで繋いでもだめでした。ほとほと疲れ果てて、ようやくスピーカーに問題があるのではないかと思い始めました。

ADI 21のライン出力から、ヘッドフォンアンプに繋ぎ、ヘッドフォンで、マイクをたたいたら、音が出ました。

どうも最初から、スピーカーに問題があったようです。Ebi Soundに問い合わせしたところ、代品を送ってくれることになりました。

こうしたことから、スピーカーから音を出すには、ヘッドフォンアンプを買って、プリアンプの出力を、ヘッドフォンのライン入力に繋ぎ、ヘッドフォンアンプのヘッドフォン端子に、スピーカーをつなぐ、というのもよいのではないか、と思います。

私は、Behringerの小型のミキサーMX400を購入して、ピエゾマイクのライン出力と、iPodのライン出力をこのミキサーに繋ぎ、ライン出力からミニアンプスピーカー付 RMS-10に繋ぎました。ミックスされた音が聞こえましたが、iPodの音がしょぼくて、聞くに堪えません。

(スピーカーの後ろが空いていたので、そこに、ミキサーを取り付け)。

Img_1301

2016年9月1日追記

ウクレレの音を上記の装置で増幅して演奏していたら、スピーカーから音が鳴ったり鳴らなかったりするようになってしまいました。ピエゾピックアップの先にある標準プラグを挿すジャックの辺に触ると、音が鳴ったり、鳴らなかったりするようで、ジャックの反対側にあるコードの付け根のところを、軽くねじったり曲げたりしてみたところ、音が鳴ったり鳴らなかったりすることがわかりました。コードが断線しかかっているようです。
Amazonに電話をしたら、交換してくれることになりました。

前回は、アンプ付スピーカーが壊れてしまって、取り替えて貰ったのですが、今回また、ピエゾピックアップの不具合に見舞われ、まったくついていないです。
値段もそんなに高価なものではないですが、メーカーもこの種の製品に不具合が多発していることに慣れているのか、すぐに交換に応じてくれます。
----------------------------------------------------------------
2016年9月5日追記

8月27日頃、代品のアンプ付スピーカーRMS-10が届き、しばらくは音が出ていましたが、9月4日には、また鳴らなくなりました。ボリュームを最大にして、iPodを接続して鳴らしてみたところかすかに音は鳴っていました。EbiSoundにメールで問い合わせしたところ、電話で回答がありました。元々付属していた9Vの電池が、テスト用なので、消耗が激しくて、すぐ電池切れになるようで、市販の9V電池で試して欲しい、それでダメなら連絡が欲しいとのことでした。

幸い市販の9V電池が手元にあったのでそれで試してみたところ、ちゃんと音が鳴るではありませんか。これにはびっくりしました。iPodの音が しょぼいと上の方で書きましたが、市販の電池で聞くと、モノラルながら、まぁまともな音が鳴ります。

ミキサーも購入してあるので、iPodで音楽を流し、それに合わせてウクレレを弾くという本来の目的にようやくたどり着けました。
--------------------------------------------------------------------
2016年9月24日追記

ピエゾピックアップはARTECのA1-OSJというものを購入したのですが、2回もこわれました。構造は大変簡単なもののようですが、私が手に入れたものがたまたま悪かったのでしょう。Amazonで返品に応じてもらえました。
他にいいものが見当たらないので、3回目も同じものを注文しました。断線なら、半田ゴテを持っているので、今度壊れたら自分で直します。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31