無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月29日 (金)

ランの花 フウラン Vanda falcata が咲きました。

2016年4月30日、サカタのタネ反町のお店で購入。購入したときはプラ鉢に水苔山盛りにした姿でした。この年は花が咲きました。

2017年の夏は何故か開花せず。2017年12月にコルクにつけてみました。

それが今開花しました。

2018062913

2018年6月28日 (木)

ランの花 Meiracyllium trinastum fma. album'Hihimanu'とGomesa longipesの花が咲きました。

Meiracyllium trinastum fma. album'Hihimanu'

このランは、2017年8月30日、国際園芸から購入しまして、ようやく今、一輪だけ咲きました。つぼみは3つあったのですが、内2つはシケてしまいました。約一年かけたのですが、株がよくできなかったのでしょう。花の横幅は約1cmです。

201806272

2017-08-30購入直後。
201708306

2017-10-11。新芽がかなり伸び、また新根も出て来た。
201710207

2018-01-02。コルクを右側に付け足した。
2018010231

2018-05-12。新しい葉がかなり伸びた。
2018051243

2018-06-09。葉が展開して、つぼみが3つ見える。
2018060904

2018-06-24。3つのうち2つは咲くかと思ったが、結局咲いたのは一輪だけ。株が十分出来上がらなかったと思う。今年は、コルクはそのままにして、あまりあちこち動かさず、一カ所に固定して育てようと思う。
2018062410

Gomesa longipes

この株は、2017年11月22日、国際園芸より購入しまして、今日つぼみ3つついた内一輪咲きました。
20180627_2

2017-11-22購入直後。
20171122_2

2018-01-03
2018010346

2018-06-07鉢からはみ出している。花茎が上がっているのに気づかないまま、6月28日開花。
冬の暖かい日には外に出して日光浴させたのがよかったと思う。育てるのにあまり苦労しなかったが、鉢からはみ出したバルブはそのままにして、夏越しするか、大きな鉢に植え替えるか、または、コルクに付けるか、蘭園と相談して決めようと思う。
2018060709

2018年6月27日 (水)

ランの花 C.luteolaが咲きました。

2017年8月22日に国際園芸から購入したC.luteolaが5輪開花しました。
2018062603

2017-08-22購入直後。新芽がほぼ完成している。
20170822luteola

2017-09-23シースが膨らんできたので、シースを切って、つぼみをむき出しにした。
20170923

2017-10-13この日は蒸し暑く、つぼみが全部しけてしまった。

2017-10-22先頭のバルブが伸びる余地がないので植え替えた。植え替え直後の様子。
201710226_3

2017-11-22新芽が伸び、新根も伸びている。冬、天気がよく15℃になったらベランダに出して日光浴をさせた。光合成が行なわれて、株の強化につながったと思う。
20171122

2018-01-03新芽は斜上している。
2018010337

2018-03-23シースが見えた。ただし、昨年の株の高さにまでは到達していない。
斜上した新芽を起こして、上に延びるように誘引したが、新芽の根元が折れ曲がったような感じになってしまい、心配した。
2018032308

2018-05-13新根が沢山出ている。
2018051302

2018-05-25バックバルブから新芽が出て来た。
20180525

2018-05-27シースの中につぼみの影がはっきり分かるようになった。
2018052702

2018-06-17つぼみが5つもシースを破って出て来た。
2018061702


2018年6月26日 (火)

真鶴 タシロラン

真鶴の御林(おはやし)のタシロランを見てきました。ここにある木は幹が太く、どれも大木で、こういう所の林床にならこういうランが生えるのだろうと納得しました。

2018062608

2018062609

中川一政美術館の付近で。デイゴ
2018062612

ムラサキカタバミ。海岸付近で。
2018062610

スカシユリ。海岸で。
2018062611

2018年6月25日 (月)

ランの花 オオバノトンボソウとマヤラン

近所の里山で、オオバノトンボソウとマヤランを写しました。

オオバノトンボソウ1
20180625oobanotonbosou

オオバノトンボソウ2
20180625oobanotonbosou_3

マヤラン1
20180625mayaran

マヤラン2
20180625mayaran2





2018年6月24日 (日)

ランの花 Vandachostylis Fuchs Ocean Sprayが咲きました。

2018年6月22日、JOGA洋蘭展で、オーキッドバレーミウラから、花が咲いている株を購入しました。我が家のベランダに吊したところを写しました。

このランは、Vandachostylis Lou Sneary×Rhynchostylis coelestis 1992 R.F.Orchids という交配です。葉のスパンは30cmあり、フウランというより、大型のバンダのような印象があります。

20180625

同じ日に、国際園芸からVandachostylis Lou Sneary(V.falcata×Rhynchostylis coelestis,1970,Hajime Ono)の開花株を購入。それを写しました。葉のスパンは23cmで、上の株より小さく、フウランを少し大きくしたという印象です。

2018062601

2018年6月23日 (土)

JOGA洋らんフェア2018 in YOKOHAMA

JOGA洋らんフェア2018 in YOKOHAMAが、横浜ワールドポーターズ6FイベントホールAで、2018年6月22日(金)~24日(日)の三日間開催されるので、初日の、22日に行ってきました。

洋ランと言うと、冬咲き、春咲き、秋咲きが多いと思いますが、夏咲きを集めると、四季を通じて何らかのランを楽しめます。ということで、今回は特にVanda類などを物色しました。出品展示されていたランと同じものが、出展各社の販売品の中にあるとよいのですが。
Vanda類ではフウランとその交配種が結構販売されていました。

狭いベランダ栽培でして、小型のランが中心ですが、現在150鉢程度になって、ほとんど置く場所がないのに、蘭展に行くと必ず何か買って帰ります。

展示されていたランを写しました。OLYMPUSのE-PL6とPanasonicのMacro45を使ったのですが、ビューファインダーVF-2を途中で落としてしまい、液晶画面を見ての撮影と、オートで撮影したため、ピンボケ写真が多いですが、そのまま掲載します。ご容赦ください。

1.カトレア部門

C.aclandiae×selendipity
P6220059

C.purpurata fma carnea
P6220061

C.purpurata'FN-Beat'
P6220069

C.violacea fma semi-alba coerulea 'Leinani'
P6220071

C.warscewiczii
P6220073

C.granulosa'FN-Beat#3'
P6220079

C.purpurata 'FN-Beat #1'
P6220089

C.sincorana
P6220093

C.purpurata fma carnea
P6220095

Rby.Mikawa Palette
P6220105

Rlc.Suprise Rainbow 'Hersilia'
P6220107_2

Cattleya kerrii
P6220109

C.mossiae
P6220111

C.nobilior v.amaliae 'Pretty'
P6220113

Blc.Durigan 'Aquerius'
P6220115

C.granulosa
P6220117

C.nobilior v.amaliae 'Wonder'
P6220119

C.gaskelliana
P6220121

C.tenebrossaナーセリー・イデの出品
P6220123

C.schileriana 'Aphri'
P6220133

Rlc.Mem. Helen Brown 'Seafarer'
P6220137

C.violacea fma coerulea
P6220141

C.tenebrossa 'Golden Crane'
P6220143

C.violacea
P6220145

C.tenebrossa 'Kimura'
P6220147_2

C.nobilior var amaliae 'Hama Bay Queen'
P6220149

C.purpurata 'Vi-Pastel Fantasy'大場蘭園の出品
P6220151

C.granulosa 'Nicon'
P6220153

C.purpurata fma albaオーキッドバレーミウラの出品
P6220155

C.Mareeba Tiger 'Danth Vader'大場グローバルプランツの出品
P6220157

C.leopoldii
P6220065

Epi.Illusion Valley
P6220077

Epi.tampensis fma albaP6220125

Epicyclia Mabel Kanda
P6220127

Epi.tampensis
P6220129

Epi.rousseauaeオーキッドバレーミウラの出品
P6220131

Epi.tampense v.alba 'Green Wood'
P6220135

Psh.mariae
P6220139

C.purpurata fma flamea大場グローバルプランツの出品
P6220099

C.tenebrossa 'Wolton Grange'大場グローバルプランツの出品
P6220101

C.schofieldiana大場グローバルプランツの出品
P6220103
2.パフィオペディラム部門

Paph.philippinense
P6220027

Paph.hennisianum'Pure Water'
P6220029

Paph.papuanum'Nice One'
P6220031

Paph.curtisiiナーセリー・イデの出品
P6220033  

Paph.superbiens fma album 'Green Factor'
P6220067

Paph.Hung Sheng Eagle 'Hisense'
P6220085

3.デンドロビューム部門

Den.farmeri fma.alba'Peterborough' 須和田農園の出品P6220008

Den.Mayumi ナーセリー・イデの出品
P6220010

Den.Dawn Mareeナーセリー・イデの出品
P6220012

Den.bifurcatum奥田園芸の出品
P6220014

Den.Lee Chang Mirian奥田園芸の出品
P6220016

Den.parishii(Three Petal)奥田園芸の出品
P6220018

Den.Hsinying Frostymaree奥田園芸の出品
P6220020

Den.bensoniae'Nicon'
P6220063

Den.stratiotes 'Mariairena BM/JOGA'
P6220083

4.ファラエノプシス部門

Staurochilus fasciatus(Long Island)
P6220022

Phal.cornu-cervi
P6220024

Phal.bellina 'Beauty-MC'
P6220097

5.オンシジューム部門

Phymatidium falcifoliumオーキッドバレーミウラの出品
P6220040

Onc.trichodesナーセリー・イデの出品
P6220042

Psychopsis(papilio×versteegianum)
P6220045

Ctsm.expansum国際園芸の出品
P6220047

Onc.Ruby Cascade'Ryu'大場蘭園の出品
P6220049

Thunia bensoniae奥田園芸の出品
P6220051

Meiracyllium trinasutum fma.album'Hihimanu'
P6220053

Thu.brymeriana'FN-Beat'
P6220057

Polystachya galeata 'Napoleon' CBR/AOS
P6220081

Onc.catatante 'Los Robles'
P6220091

6.その他部門

Bulb.craptonese aureum
P6220035

Bulb.echinolabium'Big Star'
P6220037

Bulb.mastersianum
P6220075

Eria pachystachya
P6220055_2

Renannopsis Lions Splender
P6220087


2018年6月18日 (月)

ハマユウの花

我が集合住宅の壁際にハマユウの花が咲いています。

P_20180618_1_2

2018年6月14日 (木)

カラスバカキランの花が一輪咲きました。

2018年5月29日、横浜市の地下鉄新羽駅の近くにある、ヨネヤマプランテーションという規模の大きい園芸ショップへ行って、カラスバカキランを購入しました。

これが一輪開花しましたので写しました。花の横幅は1.5cmくらいです。

2018061402

2018-06-15また一輪咲きましたので写しました。
20180615

2018-06-20また一輪咲きました。
20180620

2018年6月12日 (火)

日比谷花壇大船フラワーセンターで「オーキッドクラブ藤沢」の夏の洋蘭展

日比谷花壇大船フラワーセンターで「オーキッドクラブ藤沢」の夏の洋蘭展が6月12日から17日まで開催されます。家が近いせいもあり、毎年楽しみにしています。

展示されたランを写してきました。夏に咲く洋ランというのは、6月に咲くものが多いのかもしれません。7月、8月は、ぐっと少なくなる?
今回の展示品は、オーキッドバレーミウラさんのエンシクリア系が目立ちました。国際園芸さんのリカステ・アロマチカの大株も見応えがありました。

Den.Lee Chang Yi Mirian
2018061219

Den.tobaense
2018061221

C.granulosa
2018061223

Trichoglottis luchuensis Flora
2018061225

Papilionanthe taiwaniana
2018061229

Encyclia randii
2018061231

C.maxima
2018061233

C.violacea
2018061235_2

Colmanara Wildcat 'Green Valley'
Cormanara属は、Oncostele属に移行したようです。
Miltonia×Odontoglossum×Oncidium
2018061237

Renanthera imschootiana
2018061239

Psychopsiella limminghei
(シノニムはPsychopsis limmigheiか? 元の名前はOncidium limmingheiか?)
K Botanicalの出品
20180612412

Psychopsiella limmingheiの葉
2018061242

Gomesa ciliata
K Botanicalの出品
2018061244

Den.bullenianum
K Botanicalの出品
2018061246

Den.aphyllum alba 'Onoda'
2018061248

Lyc.aromatica
国際園芸の出品
2018061250

Den.Tangerine Dream
国際園芸の出品
2018061251

Den.anosmum delacouri
国際園芸の出品
2018061254

Luisanda Rumrill(1975)
(V.falcata×Luisia teres 1975 J.Rumril)
RHSで調べたところ、Luisanda Rumrillという、1975が付かないものは、V.Peaches×Luisia teres,1974年 J.Rumrill氏の登録でした。
V.falcataはフウラン、Luisia teresはボウランと、いずれも日本にも自生している種が交配に使われています。
オーキッドバレーミウラの出品
2018061256

Encyclia mapuerae   ( Encyclia tarumana )
オーキッドバレーミウラの出品
2018061258

Epi.rousseauae
オーキッドバレーミウラの出品
2018061260

Meiracyllium trinastrum fma album'Hihimanu'
オーキッドバレーミウラの出品
Hihimanuというのは、ハワイのカウアイ島にあるヒヒマヌ山から付けた?
2018061262

Trichoglottis fasciatus
2018061264

Encyclia adenocaula(Pink Fantasy×self)
オーキッドバレーミウラの出品
2018061304

Epicattleya Hanna Roberts ' Gold '( C. Penny Kuroda × Epi. stamfordianum )
オーキッドバレーミウラの出品
2018061306

Encyclia Summer Kozy( adenocaula × ceratites )
オーキッドバレーミウラの出品
2018061308

Encyclia  ( randii × rufa )
オーキッドバレーミウラの出品
2018061310

Encyclia  alboxanthina
オーキッドバレーミウラの出品
2018061312

Miltonia spectabilis 'Nego'
K Botanicalの出品
2018061314

Den.Hibiki
K Botanicalの出品
2018061316

Prosthechea SP
K Botanicalの出品
2018061318

Paph callosum v.potentianum
K Botanicalの出品
2018061320

Paph.urbanianum
K Botanicalの出品
2018061322

Den. catenatum キバナノセッコク
2018061324

Lockhartia oerstedii
2018061326

Paph.superbiens
2018061329

Den devonianum
2018061331

Den.victoria-reginae
2018061333

Bulbophyllum(Bulb.) callichroma
2018061335

Den.strebloceras
2018061337

C.gaskelliana
2018061339

Phal.Blue Twincle
2018061342

Paph.Bell Piece
2018061344

   
 

2018年6月10日 (日)

ランの花 Paph.dayanumが咲きました。

2017年11月5日、国際園芸で開催されたオーキッドワンクラブフェアで、大場グローバルプランツのブースより購入しまして、これが開花しました。

20180613

2018-04-15日に花芽が見えてから、約2ヶ月で開花。暖かくなる時期だったために開花まで短時間だったかも知れません。
2018040631

ランの花 Lyc.aromaticaが咲きました。

このランは、2017年6月9日に国際園芸で開催された、オーキッドワンクラブフェアにて、大垣園芸のブースで購入しました。丁度一年経過後に、2輪つぼみが上がりその内の1輪が開花しました。

2018061003_2

2017-07-30撮影。購入2ヶ月後、葉が勢いよく伸長。2017073040

2018-02-13撮影。葉が傷み始め、やがて3月の下旬に葉は全部落ちました。
2018021318

2018-03-28撮影。葉が全部落ちたバルブの基部に花芽を発見。この約2ヶ月後に開花しました。
20180328

2018-06-12撮影。新葉が大きくなっている。
2018061210

2018年6月 9日 (土)

我が集合住宅の中の公園にネジバナの花

ネジバナの季節になりました。我が集合住宅の中の公園に毎年ネジバナが沢山咲きます。まとまって咲いているところを写しました。
20180609nejibana

2018年6月 8日 (金)

ランの花 Phal.philippinensisの花が咲きました。

今年の2月の東京ドームの蘭展にて、フィリッピンのSt.Paul's Orchidsより購入しました。

それが3輪だけ咲きました。
その内の一つです。花の横幅は、約5cmです。
2018060811

2018-06-09撮影。つぼみは10個以上ついたのですが、途中でシケてしまい、咲いたのは3輪だけです。
2018060901

購入直後に、コルクに付けました。葉の斜めの傷は購入時から付いていましたが、気づきませんでした。
2018022201

3月23日に花茎が見えました。
2018032302

6月3日撮影。購入時緑濃かった葉が、落ちたり、いたんでいます。新しい葉が出てくるでしょうか?
2018060302_2

2018-06-09咲いたとき、葉は一枚だけ残り、あとは全部落ちてしまいました。今後夏を越すと、購入時のような立派な葉ができるといいですが…
2018060902

2018年6月 7日 (木)

ランの花Prosthechea(Psh.)cochleata(=E.cochleata)が咲きました。

このランは、2008年5月に国際園芸より購入しました。沢山のランを枯らしてしまった我が家の数少ない生き残りです。

今年の初花ですが、これから夏の間中、次々に咲くと思います。
2018060713_2

2018年4月30日つぼみが上がってきた。2017年9月末にはバルブは出来上がっていたが、秋、冬の間は動きはなかった。2018043003

国際園芸の石井さんのブログより

フロリダからコロンビア、ベネズエラまで、海抜100~2000m、種名はカタツムリの殻のような、螺旋(らせん)状の意味?

バルブは密に生じ、やや扁平で先の尖った長卵形で高さ20cmぐらいになる。葉は細長く革質、長さ30cmぐらいになりバルブの頂上に2~3枚つける。花茎は長さ 50cmぐらいになり直立し10花ぐらいつける。花はリップを上にして咲きセパル、ペタルはそり、海にいるタコに見えるので通称「タコラン」と呼ばれている。 また、リップの濃さから「ブラックオーキッド」とも呼ばれベリーズの国花となっている。夏から秋咲き、花期は長い。

 1967年に現地から輸入株が入りましたが全部、品種違いでこのときにどんな花が咲いたかは記録が残っていませんでしたが翌年1968年に別の業者から 輸入したものは本物でした。

 丈夫で栽培し易く、冬、最低5℃ぐらいでも大丈夫。

2018年6月 2日 (土)

辻堂海浜公園のハマカキランの花

辻堂海浜公園の黒松林の中にハマカキランが咲いている、というネット記事を読んで見に行きました。

普通野生のランを見るところは、山の静かなところというイメージが私の頭にはあるのですが、この日は、公園の何かのお祭りが行なわれていて、沢山の人たちで混雑していて、また大音量で歌と音楽が流れていて、このようなところでランが見られるとはちょっと不思議な感覚を覚えました。
ハマカキランは、黒松と共生関係にあるそうです。

20180602hamakakiran01canon

20180602hamakakiranolympus  

20180602hamakakiran    

20180602hamakakiran04canon

20180602hamakakiran02olympuskakudai

ハマヒルガオ
普通のヒルガオに比べますとやはり葉が肉質であることから、容易に判別できます。
20180602hamahirugaocanon
ツルナ
はなびらに見えるのはがく片だそうです。この花は花弁はないそうです。
20180602turunatujidoukaihinkouen

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31