無料ブログはココログ

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月20日 (日)

ランの花 Renanthera Amayaniの花が咲きました。

この花は2017年8月29日、国際園芸にて購入しまして、それがようやく一つ開花しました。(citrina×monachica)。国際園芸のカタログには、非常に咲きやすいとなっています。
集合住宅の我が家は南側の冬の室内の最低温度は15℃あり、またベランダは床までよく日光が当たるので、単茎種は育てやすいです。また冬でもベランダに日光が当たると15℃になるので、ベランダに出して日光浴させています。光合成のためでしょうか、葉が黒ずんだ緑色をしています。遮光率50%。

20180520

2018年6月8日撮影
2018060810

2018-06-27花15輪咲ききった。一番上の花が開き、一番下のつぼみが開くまで、約40日かかった。その間、上の方の花は萎れるかと思ったが、萎れずこうして全部見られた。
20180627

購入直後に写したもの。2017年8月30日
201708302

2017年10月15日元気よく生長。
2017101513

2018年3月11日。花芽が見えた。
20180311

ランの花 Smitinandia micranthaの花が咲きました。

池袋サンシャインシティーでの洋蘭展で、国際園芸のブースで購入。咲いている株を買ってそれを写しました。シノニムは、Ascocentrum micrantha。

茎は7茎あり、かなりの大株ですが、安い価格が付いていてお買い得でした。こういういわば掘り出し物は洋蘭展に行って探すしかないですね。花茎の長さは約4cmです。一つの花の横幅は、約7mmです。
2018052002

先頭の株を写しました。
2018052001

2018年5月18日 (金)

Den.Spring Dream 'Apollon'の花が咲きました。

ホームセンターで、お正月用に販売されていたデンドロビュームを何気なく見ていたら、この花のリップの緑色に引きつけられ、山本デンドロビューム園から2018年2月4日に購入しました。購入したときは、花後でしたが、花芽が2つ付いていて、それを大切にしていたら、ようやく咲きました。

20180518

2018年5月17日 (木)

ランの花 Thrixspermum formosanumの花が咲きました。

このランは2018年5月5日、国際園芸にて購入。購入したとき花が咲いていまして、それを写したものです。花の横幅は7mm位でしょうか。花が咲いた直後に写し、一日経過して花の寸法を計ろうとしたら、花はしぼんでいました。一つの花の花命は短いですが、小さなつぼみがあっという間に大きくなって、続々と咲きます。

20180517

5月23日撮影
20180523

全体像 フウランと同じくらいの大きさです。
2018051202

2018-06-05撮影。
20180605
2018-06-14撮影。
20180614

2018年5月16日 (水)

ランの花 Pholidota chinensisの花が咲きました。

このランは2017年8月、国際園芸より購入。

花の横幅は約1.7cmです。
2018051601

我が家での初花ですが、花が汚れている箇所がありますが、何故このようになるか分かりません。3号鉢で花茎が4つ上がっています。花茎の長さは約10cmです。
2018051602

2018年5月22日。三番目の花茎が咲き揃い ました。20180522

2017年10月15日には、花芽が見えました。1月、2月の寒い時期に外に出しっぱなしにしていた影響か、開花が遅れました。花芽が見えてから7ヶ月かかって開花したことになります。
20171015

2018年5月15日 (火)

ランの花 Den.Angel Baby 'White Love'の花が咲きました。

このランは2017年8月国際園芸より購入。冬の寒い時期に外に出しっ放しにしていた影響か、ほとんどの花芽が葉芽になってしまい、咲いたのは4輪だけでした。

2号プラ鉢、バーク植えです。
20180516

2018年5月 5日 (土)

和蘭の花が咲かない。

2017年6月に和蘭'夕霧'(RHSへの登録名はCym.Enzan Roaming)を購入しました。我が家では、普通のシンビジューム交配種は毎年よく咲くので、和蘭も容易に咲くのではないか、と思っていました。

和蘭'夕霧'はこの季節を迎えても、一向に花芽が上がってきません。

2017年10月下旬に撮影。2017年に完成したバルブの根元に、花芽らしきものが見えた。

20171017_1024x768

2017年11月下旬撮影。花芽だと思っていたら、葉芽でした。(この葉芽をかく必要があるということを後になって知りました)。
2017112820

2018年2月初旬撮影。葉芽をそのまま放っておいたら、かなり伸びてしまった。この寒い時期に葉芽を成長させていると、花芽が付かないことになるのだと後になって知りました。

2018020806

2018年2月。上と同じ日に撮影。黄色の丸印は花芽かと期待しましたが、5月4日の観察ではやはり葉芽でした。

2018020807

株は大変丈夫で、生長期には旺盛な生育状況で、バルブも丸々太りましたので、何故花が咲かないのか、不思議です。

向山蘭園の育て方の手引きによれば、「秋に出た葉芽はかき取ること」となっています。10月の写真の芽が花芽であるか、葉芽であるか、はまだ分かりませんが、11月末の時点では、葉芽であることは分かるので、これらの芽はかき取る必要がある、ということだと思います。

2018年5月 4日 (金)

ランの花 Den.Ueang Phuengの花が咲きました。

この株は、2011年4月に国際園芸で購入しました。殆どのランを枯らしてしまった我が家での数少ない生き残りです。毎年よく咲いてくれます。(jenkinsii × lindleyi)

これまで鉢植えでしたが、2018年1月にコルクに付けました。そのためか、今年は開花が遅くなり、花数も少ないです。

国際園芸のラベルは、Den.Ueang Pheungでして、eとuが逆になっていまして、RHSで調べたところ、Den.Ueang Phuengが正しいようです。

20180504

2018年5月 2日 (水)

ランの花Mycaranthes pannea'Vietnum'の花が咲きました。

この花は2018年5月1日ヒロタインターナショナルフラワーにて購入。購入したときに花が咲いていました。

棒状の茎で、高さ14cm、花の横幅1.4cmです。シノニムは、Eria panneaです。キューガーデンでの正式属名はMycaranthesです。
2018050201

花の拡大
2018050202

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31