無料ブログはココログ

« ラン Bulb. Elizabeth Ann 'Bucklebury'の花が咲きました。 | トップページ | ラン Epi.porpaxの花が咲きました。 »

2017年11月14日 (火)

ノビル系デンドロビュームの交配系統図

国際園芸のカタログの中に、Den.Liverty Smile 'Hohoemi'(Maloflake×Utopia)というのがあります。親がUtopiaで、好きな色でしたので2017年7月に購入しました。
ノビル系デンドロは背が高くなると期待していたのですが、あまり高くならずに止め葉が出てしまったので、どういう交配の系統になっているか、RHSで調べてみました。
ところが、系統が深くて、検索してもなかなか原種にたどり着かず、途中で止められなくなって最後まで調べました。
系統図も書いてみました。図1は、Den.Liverty SmileからDen.Akatukiまで、図2はDen.Akatukiから原種に至るまでです。
背が高くならない理由ですが、Den.Liverty Smile―Maloflake―Snowflake―Cassiope―moniliformeとたどりますと、moniliformeに行き着きます。セッコクが使われています。Liverty Smileの作出者はS.Fujitoさんという方ですが、ノビル系でも背が低いものを目指したのではないかと思います。
またLiverty Smileの片親のMaloflakeの登録者はBio Senkou、交配者はTokai Orch.になっています。東海オーキッドで検索しますと、倒産したという記事がヒットしました。せっかくよい交配をしたのに本当なら残念なことです。
また、この交配をたどっていくと、育種家として、また企業家として輝かしい業績をあげた山本デンドロビューム園の山本二郎さんのお名前が沢山出てきます。
ノビル系デンドロビュームの交配の歴史は、下記の山本デンドロビューム園のサイトに詳しく載っています。
図1 Den.Liverty SmileからDen.Akatukiまで

Denliberty_smile

図2 Den.Akatukiから原種に至るまで

Denakatuki_

« ラン Bulb. Elizabeth Ann 'Bucklebury'の花が咲きました。 | トップページ | ラン Epi.porpaxの花が咲きました。 »

蘭(ラン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150691/66044176

この記事へのトラックバック一覧です: ノビル系デンドロビュームの交配系統図:

« ラン Bulb. Elizabeth Ann 'Bucklebury'の花が咲きました。 | トップページ | ラン Epi.porpaxの花が咲きました。 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30