無料ブログはココログ

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月29日 (日)

ラン Coelogyne fimbriataの花が開花しました

2017年8月国際園芸から購入したCoelogyne fimbriataの花が開花しました。

購入した直後の写真です。2017-08-24

201708244

2017-10-29開花(一つのバルブからつぼみ2つ上がり、その内の一つが開花。他のバルブにはつぼみはありません)20171029

国際園芸の「石の華」さんのブログ 『酒とペットと時々「蘭」 2011年11月10日付けで Coel. fimbriata セロジネ属 フィンブリアタについて次のように書いておられます。

インド産、丈夫で良く増える。増えすぎてあまり売れないがバルブがコロっとしたところが好きなのとリップが鍾馗さまの髭みたいで好きです。
我が家の梅の木で午前中、日が良く当たる場所に吊るしてある。部屋で少し眺めてハウス内に取り込まなければ。

2017年10月23日 (月)

ラン Angraecum distichum の花が咲きました

2017年9月29日国際園芸から購入したAngraecum distichumの花が咲きました。

購入したとき既に開花中でしたが、10月の中旬を過ぎたころから、別の花が一斉に咲き出したので、びっくりしています。

10月20日沢山のつぼみが見えます。これらのつぼみは購入したときはまだ見えませんでした。

2017102010

2017年10月23日。写真に撮ってみると、距があることが分かります。

20171023

国際園芸の「石の華」さんのホームページでは「Angcm. distichum ディスティクム」について次のように解説しています。

 ギニア、シエラ、レオネ、ウガンダ、アンゴラなど西アフリカに分布してる小形の着生種、種名は葉が2列に並んでいることから由来する?
 葉は扁平で茎をおおい鋸の刃状に付き株立ちになる、葉の付け根から短い花茎を出し先端に径1cmぐらいの白い花を1輪つける、花期はおもに秋から冬で この時期はまとっまて開花するが他の季節にも咲くこともある。
 栽培はしやすく、株立ちになり易い、小型の種類だが結構楽しめる、日光は弱目、水、湿度は好む、中温性。

2017年10月18日 (水)

ラン Cirrhopetalum_lepidumが咲きました。

花弁のように見える白赤のものは、Lateral Sepal(側がく片)で、本来2つあるものが、互いの縁が合着したものだそうです。この花は地味であまり観賞価値が無いように思ってきましたが、接写で写すと花の構造がよく分かるので、この花を見直しました。

また、今年は、ピータースという肥料と、バイオゴールドという活力剤を施したせいか、沢山のつぼみが上がっています。

2017101807

2017101805

2017年10月17日 (火)

カトレア Rsc.Memoria Crispin Rosales 'Costa Mesa'

この株は、1988年(昭和63年)6月に、国際園芸から9cm苗を買って育てまして、以来これまで毎年咲いてくれます。大変強健な植物です。

20171017rlc_memoria_crispin_rosales

2017年10月15日 (日)

ラン Christensonia vienamicaが咲きました

2011年11月に国際園芸で購入して以来、我が家では珍しく毎年咲いてくれます。

よくみると、ねじれるようにしてセパルを上にして咲いています。3輪つけました。

201710171
横から見たもの。ツリフネソウを横から見たものと形が似ているような。
201710172

2017年10月 8日 (日)

ラン Neobathiea perrieri

2017年8月29日、平塚の国際園芸で購入したラン Neobathiea perrieriが我が家で咲きました。

購入したとき、つぼみがありました。201708303

花は一つだけです。西洋のマリオネット(操り人形)のような面白い形をしています。

20171008

2017100802

咲いたばかりの花を切って、生け花状態にしていたら、花弁(ペダル)が開きました。
この植物は意外に強健かも。

20171009

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30