無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

2017年7月20日 (木)

Transcend SDD480GB(SSD220S)を使って、Dell Inspiron23 モデル5348のハードディスク1TBを換装

2014年11月に購入したDell Inspiron23 モデル5348をずっと使い続けていますが、最近起動が遅くなり、SSDに変えることにしました。

Amazonのサイトで調べたところ、1TBのSSDは33,000円近辺、500GBのSSDは18,000円程度とかなり価格が違います。

私のハードディスクがどんな使い方をしているか、DiskInfoというフリーソフトで調べたところ、画像関係に大量のスペースを取っていることが分かり、これを外付けのハードディスクに移動したりした結果、500GB使っていたのが、350GB程度になったので、500GBのSSDを購入することにしました。

ネット検索で、TranscendのSSDは、「SSD Scope」という専用ソフトを使い、SSDをUSBで本体につなぎ、そっくりそのままHDDの内容をSSDにコピーしてくれる(クローンの作成)ということが分かりました。SSDをUSBにつなぐためには、コネクタ付のケースか、片側をディスクとつなぎ、もう片側をUSBにつなぐケーブルが必要になります。

この機種は、ハードディスクは2.5インチでSSDと同じなので、3.5インチベイに2.5インチのSSDを搭載する「変換ブラケット」は不要です。またディスクは本体に直接つなぐようになっているのでケーブルも不要です。

「SSD Scope」を使って、HDDの内容をSSDにコピー(クローン作成)することは簡単にできました。4時間くらいかかりました。

本体を開けて、ハードディスクを取り出し、SSDを取付けて電源を入れたところ、最初に出て来た画面がキーボードの言語を聞いてくる画面が出てきて、何かおかしいと感じたのですが、Microsoft IMEにして先に進んだところ、よく覚えていないですが、シャットダウンと修復だったか2つの選択肢が出て来て…、それから何かゴチャゴチャやっているうちに、「No bootable devices found」という画面が出てきました。

Transcendのサポートに電話をしたところ、「SSD Scope」は、元のハードディスクとSSDの容量は同じであることを前提にしているので、1TBを512GBと半減した場合は対応していない、フリーソフトを検索で探してくださいと言われました。なるほどそういうことだったかと納得しました。

クローンを作ることの出来るフリーソフトを検索で探したのですが、その時点では発見できませんでした。私はバックアップの目的で、Acronis True Image2017を持っていて、その中にクローンを作る機能があることを初めて認識した次第です。恥ずかしい。これを使ってHDDからSSDへのクローン作成を行ない、SSDを本体に取付けて、電源を入れたところ、一発でWindowsが起動して、元のデスクトップが現れました。これまで起動に3分程度かかっていたものが1分で立ち上がり、アプリソフトの起動も速くなり、SSDにしてよかったと思います。
クローンと、Back Upの違いですが、クローンの場合は、Windows,Folder,Fileの他、bootする機能も含まれているので、載せ替えたら直ちにBIOSから起動してWindowsが立ち上がる。Back Upというと、FolderやFileだけコピーされ、bootメニューがないものを指しているのではないかと思います。

SSDの1TBと512GBの価格差は15,000円ほどありますが、クローン作成ソフトを有料で買うとしたら5,000円程度かかるでしょうから、価格差は10,000円ほどに縮まるということでしょうか。
------------------------------------------------------------------------
ユーザーズマニュアルに書いてあるのと、私の持っているものと、構造が違うようなので換装するまでの写真を掲載します。

まずは、ユーザーズマニュアルには次のような説明があります。

Ssd_kansou

私の場合
スタンドから本体を外す手順は、ユーザーズマニュアルに書いてある通りです。
マニュアルには、プラスチックスライブを使ってこじ開けるように書いてありますが、私はマイナスドライバーを使ってこじ開けました。(確かにここは注意深くやらないと、ドライバーを挿したときに、力余って、本体の部品に傷を付ける可能性があると思いました)。

Ssd_kansou_01

マニュアルと違うところですが、私の場合HDDがある場所はカバーで覆われていました。

Ssd_kansou_02

カバーを外すとHDDが見えます。

Ssd_kansou_03

写真のように取り外します。

Ssd_kansou_04

青いブラケットはネジ止めではない。写真のように簡単に外れる。

Ssd_kansou_05

穴に刺さった状態から、ブラケットを反らせるようにして、穴から出したところ。

Ssd_kansou_06

換装前のHDDとSSDを並べたところ。

Ssd_kansou_07

SSDをブラケットに取付けたところ。ネジ止めは無し。

Ssd_kansou_08

ブラケットの突起が、○印のところで本体にスライドして、しっかり固定される。

写真ではまだ完全に取り付けが終わっていないが、矢印の方向にカチッと音が鳴るまで押す。この後は、カバーを取付けスタンドに挿せば終了。
Ssd_kansou_09

手元に残った1TBのHDDは、最初にSSDを入れたコネクタ付のケースに入れて、外付けのHDDとして使います。

2017年7月13日 (木)

神奈川県立フラワーセンター主催 セミナー 「花を咲かせる洋ラン栽培」

タイトルの講座を聞いてきました。2017年6月28日

講師は、国際園芸の石井さん。

ここで私の得た貴重な情報。

水苔植えの場合、鉢の下の方は柔らかく植え、上の方は堅く植える。

最近は水苔より、ニュージーランド産のバーク植えが成績がよい。バーク植えで注意すべき点は、上から棒で軽くつつくようにして、隙間が無いように植える。

肥料でお勧めなのは、ボブピータース 18:18:18の4,000倍液。活力剤としてはバイオゴールドがお勧め。

根は固形物に当たるとそこで成長が止まることがある。

→私は枯れたカトレアの鉢を見たら、鉢の下の方が水苔が堅く詰まっているのを何度も見たことがあります。やはりこれは、根が固形物に当たると成長が止まることを物語っていたのです。このことに私は気づきませんでした。

« 2017年6月 | トップページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31