無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年3月 »

2016年12月

2016年12月26日 (月)

Windows10で「ネットワーク資格情報」のユーザー名とパスワードが求められる

我が家の2台のパソコンをネットワークでつなごうとすると、下記の「ネットワーク資格情報」のユーザー名とパスワードが求められる画面が出て来て、困りました。そのときの体験記です。

20161226_windowssikakujouhou

2台のパソコンは共に、Windows10 Ver1607(Anniversary update済み)のものです。

私は、あるNPO法人でパソコンのメンテをボランティアで行っていまして、事務所にある6台のパソコンを全てWindows10 Ver1511からVer1607にアップデートしたことがあり、そのときも「ネットワーク資格情報」が求められまして、マイクロソフトコミュニティで質問したことがあります。

そのときは、Ver1511からVer1607へのアップデートではなく、下記の2番のところをクリックして、そこからクリーンインストールするよう薦められ、「ネットワーク資格情報」などを入れなくてもネットワークがつながったという経験があります。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

20161226windows10update

それで、今回我が家で、「ネットワーク資格情報」なるものが出たので、NPO法人で成功した上記の方法でやってみました。3時間程度かかりましたが無事にアップデートに成功しました。しかし、やはり「ネットワーク資格情報」なるものが出ます。

コントロールパネル→ネットワークと共有センター→共有の詳細設定の変更から、選択肢が現れますから、全てのネットワーク→パスワード保護共有を無効にするに設定を変え、他の項目は全て、有効に設定しましたが駄目でした。

インターネット検索でいろいろ調べた結果、Windows10を入手するときに使った、「ユーザーID」と「パスワード」を入れてみてという、一番簡単な方法(と言ってもこれを忘れてしまったら面倒ですが)で半信半疑やってみたところ、何と相手のパソコンが見えました。

私はこれまで、「ネットワーク資格情報」なる画面に出くわすことなく、ネットワーク設定が出来ましたが、こういう画面になるというのは、Windows10のAnniversary Update以降にそのような画面が出るようになったのでしょうか?

あるいは、上記の2番の方法でクリーンインストールしなくても、「ユーザーID」と「パスワード」を入れるだけで済んだのか、やはりクリーンインストールをしたことが成功につながったのか、その辺はよく分かりません。

2016年12月24日 (土)

クレージーG(CRAZY-G)の五線譜表示 MIDIデータ付です

クレージーG(CRAZY-G)の練習をするために、タブ符から5線符に読み替えてみました。
5線符で練習するのではなく、MIDIデータを作成して、速度を変えて練習するためです。

Crazy-Gの演奏は、Youtube上に、奥山敏美さんの演奏がアップされていまして、この通りの曲の進行と、リズムを使わせて頂きました。

タブ符は、こちらのサイトからダウンロードさせて頂きました。

5線符1/2

20161222crazyg_score_1_2

5線符2/2

31小節から、38小節は、タブ符上では、DS(ダルセーニョ)となっていて、米印のようなものに戻り、39小節からCodaになり、43小節以降が最終です。49小節はトレモロ、50小節はロールストロークとなっていて、ここは親指でボロンと弾くそうです(奥山さんの解説)。

20161222crazyg_score_2_2

midiデータ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30