無料ブログはココログ

« キクタニ アンプ付スピーカー RMS-10 改造の記録 | トップページ | 東芝 Dynabook SS 1610 11L/2 修理の記録 »

2016年10月16日 (日)

ウクレレの演奏をアンプで増幅して、片耳のイヤホンで聞く場合の問題について

ピエゾピックアップ→Behlingerプリアンプ→Behlinger Mixer→キクタニRMS-10改造で、片耳イヤホンで聞くとウクレレの音がイヤホンから聞こえない問題に遭遇しました。

片耳イヤホンなら何でもいいと思って、JVCのTP-3Lという、左耳に引っかけて使うタイプのものを購入して、これを使って聞いたのですが、ウクレレの音がイヤホンからあまりよく聞こえません。

キクタニRMS-10を改造したせいかも知れないなどいろいろ操作してみましたが、イヤホンからウクレレの音が聞こえません。

最後に、イヤホンの問題かもしれないと思って、家にあって、iPod用のステレオヘッドフォンPhilipsのSHE9700の左耳の方を当ててみたところ、ウクレレの音がイヤホンから勢いよく聞こえるのです。これには驚きました。

イヤホンのことをインターネットで調べてみたところ、イヤホンの感度は、インピーダンスと、音圧レベルの数値で決まるらしいことが分かりました。

JVCのTP-3Lの音圧レベルは94db/1mWということが分かりましたが、インピーダンスは分かりませんでした。

PhilipsのSHE9700の音圧レベルは、103db、インピーダンスは16Ωとなっていました。

両者はそんなに値が違わないのに、ウクレレの音に影響が生じるということを知りました。

それで、片耳で聞くイヤホンとしては、Audio TechnicaのDMK-32というのが、音圧レベル102db、インピーダンス16Ωということで、ウクレレの音をよく拾ってくれるのではないかと思って、これを買おうとしているところです。
-------------------------------------------------------
2016年10月25日追記

Audio TechnicaのDMK-32はやはり感度が良いです。ウクレレの音を大きく鳴らしてくれます。

私にとって、ウクレレの音を増幅して、イヤホンで聞いて練習するのが一番好きになりました。

これが私にとっての今の心境です。

ピエゾピックアップ→Behlingerプリアンプ→Behlinger Mixer→キクタニRMS-10改造で、片耳イヤホンという大げさな装置など必要は無く、マイクアンプ(プリアンプ)キットとパワーアンプキットが安く販売されているので、こういうものを使って、極小さい入れ物に入れて使うというのを、今考えているところです。

« キクタニ アンプ付スピーカー RMS-10 改造の記録 | トップページ | 東芝 Dynabook SS 1610 11L/2 修理の記録 »

ウクレレ用増幅器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150691/64357278

この記事へのトラックバック一覧です: ウクレレの演奏をアンプで増幅して、片耳のイヤホンで聞く場合の問題について:

« キクタニ アンプ付スピーカー RMS-10 改造の記録 | トップページ | 東芝 Dynabook SS 1610 11L/2 修理の記録 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31