無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月23日 (日)

東芝 Dynabook SS 1610 11L/2 修理の記録

私がボランティアで関わりのあるNPO法人の事業所に1台の東芝ノートパソコンDynabook SS 1610 11L/2があります。

このPCはACアダプタと、本体のDCジャックをつないで電源を入れても入らない、プラグを本体前面から見て、手前に寄せると電源が入るという現象が起きていて、長い間使われていませんでした。

ACアダプタと、本体側のDC inのジャックを交換すれば直るかもしれないと思って、ジャック交換のために、本体をバラしてみることにしました。

次のサイトに詳しい分解の仕方が書いてあり、大変参考になりました。感謝致します。

observation

モバイルメインのアプリ&Webアナリストのブログ

Dynabook SS 1610 分解 & 換装

写真入りで詳しい分解のやり方が書いてありまして、それに従って分解作業をしてみました。順調に作業が進みましたが、作者のサイトに、次の2つの写真があるのですが、2つの写真の間に、もう一つの作業があることが分かりました。

作者のサイトの順序です。

---------------------------------------------------------------

タッチパッドとマザーボードを接続しているケーブルの取り外し
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、半透明のシートの下にタッチパッドとマザーボードの接続部分があります。
の茶色部分は、ずらすタイプでは無く跳ね上げるタイプになります。
均一に力がかかるように、丁寧に跳ね上げ、白いテープごと引き抜きます。

パームレスト&タッチパッドが外れた状態
パームレスト&タッチパッドを丁寧に持ち上げると、基盤の登場です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

キーボードを外し、パームレストとタッチパッドをはずすと、基板が登場するとなっていまして、私は力任せに外そうとしましたが全くはずれません。かれこれ1.5時間程度やったのですがどうしてもはずれないので、ネジでどこか外さないといけないのではないか、と思い、見ていたら、下図の黄色丸印のネジを外す必要があることに気づきました。

01_keyboard_hazusita_zu

なお、下図のキーボード止めネジのところに、六角レンチで開けるようなネジみたいなものがありますが、これは外せないです。これはキーボードをネジ止めする受けのもので、筐体に固定されています。私はこれをはずそうとして、六角レンチ2mmを買ってしまいました。大失敗です(^_^;

01_keyboard_hazusita_zu3

ようやくこれで関門を通過しました。DC in ジャックを見たところ、何とマイナス側の基板が割れていて、マイナス側の基板の銅箔の部分がDC in ジャックと接触したり、しなかったりするので、安定しなかったことが判明しました。Dc_in_bu_no_ware

Dc_in_bu_no_ware_ura

この基板は、多層板のようで、マイナス側の銅箔をやすりで削って表面を出し、そこにハンダを盛って、銅線でDC in部のマイナス側端子につなぎました。元に戻って通電してみたら、問題なく作動しました。

DC inのジャックとかプラグの問題ではなく、基板の割れが原因であったとは、ものすごい力が基板にかかったと思います。床に置いておいて、不注意で足で踏んだかしたのかもしれません。

あと、元に戻したら、タッチパッドが動作しませんでした。再度開いてみたら、タッチパッドから本体のプリント基板上に延びているリボンケーブルが、基板上にあるコネクタにしっかり噛み込まれていませんでした。リボンケーブルを単に置くだけではダメなんですね。虫眼鏡などを使って、噛み込まれているかどうかチェックする必要があります。

このパソコンは、「イーパーツ」から寄贈していただいたもので、OSは、WindowsXPでハードディスクは20GB、メモリーは512MBながら結構速度は速いし、ExcelL2007 Basic、Word2007 Basicというソフトもあらかじめインストールされているので、これからも使っていきます。

このパソコンは2004年の発売で、当時27万円もした高級機です。

2016年10月16日 (日)

ウクレレの演奏をアンプで増幅して、片耳のイヤホンで聞く場合の問題について

ピエゾピックアップ→Behlingerプリアンプ→Behlinger Mixer→キクタニRMS-10改造で、片耳イヤホンで聞くとウクレレの音がイヤホンから聞こえない問題に遭遇しました。

片耳イヤホンなら何でもいいと思って、JVCのTP-3Lという、左耳に引っかけて使うタイプのものを購入して、これを使って聞いたのですが、ウクレレの音がイヤホンからあまりよく聞こえません。

キクタニRMS-10を改造したせいかも知れないなどいろいろ操作してみましたが、イヤホンからウクレレの音が聞こえません。

最後に、イヤホンの問題かもしれないと思って、家にあって、iPod用のステレオヘッドフォンPhilipsのSHE9700の左耳の方を当ててみたところ、ウクレレの音がイヤホンから勢いよく聞こえるのです。これには驚きました。

イヤホンのことをインターネットで調べてみたところ、イヤホンの感度は、インピーダンスと、音圧レベルの数値で決まるらしいことが分かりました。

JVCのTP-3Lの音圧レベルは94db/1mWということが分かりましたが、インピーダンスは分かりませんでした。

PhilipsのSHE9700の音圧レベルは、103db、インピーダンスは16Ωとなっていました。

両者はそんなに値が違わないのに、ウクレレの音に影響が生じるということを知りました。

それで、片耳で聞くイヤホンとしては、Audio TechnicaのDMK-32というのが、音圧レベル102db、インピーダンス16Ωということで、ウクレレの音をよく拾ってくれるのではないかと思って、これを買おうとしているところです。
-------------------------------------------------------
2016年10月25日追記

Audio TechnicaのDMK-32はやはり感度が良いです。ウクレレの音を大きく鳴らしてくれます。

私にとって、ウクレレの音を増幅して、イヤホンで聞いて練習するのが一番好きになりました。

これが私にとっての今の心境です。

ピエゾピックアップ→Behlingerプリアンプ→Behlinger Mixer→キクタニRMS-10改造で、片耳イヤホンという大げさな装置など必要は無く、マイクアンプ(プリアンプ)キットとパワーアンプキットが安く販売されているので、こういうものを使って、極小さい入れ物に入れて使うというのを、今考えているところです。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31