無料ブログはココログ

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月20日 (土)

ピエゾピックアップをウクレレに付けて、スピーカーから音を出してみました。 その体験記です。

私はウクレレを習っています。簡単なコードでしたら何とか演奏できるくらいにはなりました。
あるとき、何気なくインターネットをみていたら、ピエゾピックアップ(ピエゾマイク)というものが目にとまりました。
これをウクレレに取り付けて、スピーカーから音を出してみたいと思うようになりました。人前で演奏するほどうまくないし、専ら家の中で自分用に鳴らすだけです。

ピエゾピックアップの信号を増幅して、スピーカーから音を出すためには、プリアンプとパワーアンプと、スピーカーが必要であることが分かりました。(後から分かったことですが、キクタニのアンプ付スピーカーRMS-10は、プリアンプ無しで、直接ピエゾピックアップをつなげば音は出ます。しかし、歪んで使い物になりません。プリアンプが必要です。)

ピエゾピックアップはARTECのA1-OSJを購入しました。

プリアンプはBehringerのAcoustic ADI 21を購入し、アンプ付スピーカーはキクタニのミニアンプスピーカー付 RMS-10を購入しました。
ピエゾピックアップとプリアンプ間は、片側モノラル標準プラグ付、片側モノラルピンプラグ付のケーブル(ピンプラグに標準プラグを挿して使う)、プリアンプとアンプ付スピーカーの間は両端モノラル標準プラグ付のケーブルを購入しました。

プリアンプとアンプ付スピーカーは一体として使うので、100円ショップの園芸売り場に木製の箱があり、これを切ったり、接着したりして、2つを1体にできる箱を作りました。

前面
Zenmen

背面

Haimen

今回問題があったのは、ピエゾピックアップからプリアンプの入力へプラグを挿しても、最初は音が鳴っているのですが、1分程度で、スピーカーから音が鳴らなくなる現象に遭遇しました。販売元のSound Houseに相談したら、着払いで送って欲しいということで、調べて貰ったら、特に問題ないということで、また元払いで返送してくれました。大変親切に調べて貰って感謝しています。

Sound Houseからの指摘は、標準プラグとプリアンプの入力ジャックに相性があるとのことでした。私は片側ミニプラグでしたので、家にあるモノラル標準プラグを付けたのですが、これでやるとどうしても、途中で音が途切れます。仕方がないので、ステレオの標準プラグが家にあったので、これで試したところ、ステレオ標準プラグですと、音が途切れることがなくなりましたので、これを使用することにしました。ステレオとモノラルの標準プラグは比較すると、形状は全く同じで、プラグの下部に絶縁体があるかないかの違いだけなので、これでいくことにしました(後で分かったことですが、どうも最初からアンプ付スピーカーRMS-10の障害だったことが分かりました)。

ステレオ標準プラグとモノラル標準プラグ
Plug

ピエゾピックアップの先に、標準プラグを挿すジャックがあり、商品説明ではこれをギターのどこかに取り付けるような写真がありました。ウクレレにはこうした取り付け穴はありませんし、ウクレレに穴を開けることはいやでしたので、ここは、写真のように、クリップで服にぶら下げることにしました。

ピエゾピックアップの商品写真
A1osj

ジャックをギターに取り付けた商品写真
A1osj2

私は、クリップで服にぶら下げました。
Mic1

ピエゾピックアップをウクレレに取り付けたところ

Mic2

家で練習するのにこの装置を使った感想ですが、ウクレレの音がちょっと強調されて、音が少し重厚に聞こえる、という効果はあるかも知れませんが、人前で演奏しないなら、無くてもいいという程度でしょうか。すこし気分転換になる効果はあるかもしれません。

私の大変下手な、「365日の紙飛行機」のコード演奏を本システムで音を鳴らして、ICレコーダーで録音したものを添付します。バックで流れる歌は、スピーカーで鳴らしています。ちょっと音が小さいですが。容量の関係でほんのさわりだけです。

--------------------------------------------------------------
2016年8月25日追記

24日の夜から、スピーカーから全く音が出なくなりました。最初は、BehringerのAcoustic ADI 21の入力のプラグとジャックの相性が悪いと考えて、家にあるありったけの標準プラグで繋いでもだめでした。ほとほと疲れ果てて、ようやくスピーカーに問題があるのではないかと思い始めました。

ADI 21のライン出力から、ヘッドフォンアンプに繋ぎ、ヘッドフォンで、マイクをたたいたら、音が出ました。

どうも最初から、スピーカーに問題があったようです。Ebi Soundに問い合わせしたところ、代品を送ってくれることになりました。

こうしたことから、スピーカーから音を出すには、ヘッドフォンアンプを買って、プリアンプの出力を、ヘッドフォンのライン入力に繋ぎ、ヘッドフォンアンプのヘッドフォン端子に、スピーカーをつなぐ、というのもよいのではないか、と思います。

私は、Behringerの小型のミキサーMX400を購入して、ピエゾマイクのライン出力と、iPodのライン出力をこのミキサーに繋ぎ、ライン出力からミニアンプスピーカー付 RMS-10に繋ぎました。ミックスされた音が聞こえましたが、iPodの音がしょぼくて、聞くに堪えません。

(スピーカーの後ろが空いていたので、そこに、ミキサーを取り付け)。

Img_1301

2016年9月1日追記

ウクレレの音を上記の装置で増幅して演奏していたら、スピーカーから音が鳴ったり鳴らなかったりするようになってしまいました。ピエゾピックアップの先にある標準プラグを挿すジャックの辺に触ると、音が鳴ったり、鳴らなかったりするようで、ジャックの反対側にあるコードの付け根のところを、軽くねじったり曲げたりしてみたところ、音が鳴ったり鳴らなかったりすることがわかりました。コードが断線しかかっているようです。
Amazonに電話をしたら、交換してくれることになりました。

前回は、アンプ付スピーカーが壊れてしまって、取り替えて貰ったのですが、今回また、ピエゾピックアップの不具合に見舞われ、まったくついていないです。
値段もそんなに高価なものではないですが、メーカーもこの種の製品に不具合が多発していることに慣れているのか、すぐに交換に応じてくれます。
----------------------------------------------------------------
2016年9月5日追記

8月27日頃、代品のアンプ付スピーカーRMS-10が届き、しばらくは音が出ていましたが、9月4日には、また鳴らなくなりました。ボリュームを最大にして、iPodを接続して鳴らしてみたところかすかに音は鳴っていました。EbiSoundにメールで問い合わせしたところ、電話で回答がありました。元々付属していた9Vの電池が、テスト用なので、消耗が激しくて、すぐ電池切れになるようで、市販の9V電池で試して欲しい、それでダメなら連絡が欲しいとのことでした。

幸い市販の9V電池が手元にあったのでそれで試してみたところ、ちゃんと音が鳴るではありませんか。これにはびっくりしました。iPodの音が しょぼいと上の方で書きましたが、市販の電池で聞くと、モノラルながら、まぁまともな音が鳴ります。

ミキサーも購入してあるので、iPodで音楽を流し、それに合わせてウクレレを弾くという本来の目的にようやくたどり着けました。
--------------------------------------------------------------------
2016年9月24日追記

ピエゾピックアップはARTECのA1-OSJというものを購入したのですが、2回もこわれました。構造は大変簡単なもののようですが、私が手に入れたものがたまたま悪かったのでしょう。Amazonで返品に応じてもらえました。
他にいいものが見当たらないので、3回目も同じものを注文しました。断線なら、半田ゴテを持っているので、今度壊れたら自分で直します。

2016年8月 3日 (水)

Windows10へのアップグレード 「更新プログラムをチェックしています」から進まない問題に遭遇

また、知人のPCをWindows7から10へのアップグレードを頼まれました。

そのPCはHP G61 Notebook PC で、CPUはIntel T1600(2Core) 32bit メモリーは4GB。元々Windows Vistaでしたが、Windows7の正規OSを購入して、Windows7で使っていました。

ディスプレイアダプタは、Mobile Intel(R) 45 Express Chipset Family(Microsoft Corporation-WDDM1.1)です。

Windows.iso(32bit)のDVDを作成して、その中のsetup.exeをクリックすればいいのですが、いくらクリックしても、setup.exeが出てきません。インターネット検索で調べたところ、Windows7では出てこないようです。Virtual CloneDriveというフリーソフトをインストールしたところ、setup.exeが出てきました。このソフトの作者の方に感謝です。

まず、ディスプレイアダプタのMobile Intel(R) 45 Express Chipset Family(Microsoft Corporation-WDDM1.1)がWindows10に対応しているかどうか調べたところ、Intelの公式見解は、Windows10には対応しない、となっていました。なおも検索したところ、次の記事を発見しました。

-----------------------------------------------------------

Windows 10 – Mobile Intel 4 Series Chipset Graphics Drivers

Posted on September 2, 2015 by Gopal Raha  3

How to download and install the Mobile Intel 4 Series Express Chipset Graphics Drivers for Windows 10.  Windows 10 is the one of the latest Windows version developed by Microsoft Corporation. All drivers latest hardware drivers are included in It but fail to pack the drivers for very famous hardware Mobile Intel 4 Series Express Chipset Family. We provide the fix to re enable the Mobile Intel 4 Series Express Chipset Family Graphics Drivers to it.

How to Download the Drivers?
Recently the Intel is stopped support for official drivers of Mobile Intel 4 Series Express Chipset Family later and After Windows 7 drivers release after mid 2013. They does not Provide any updates after Windows 7 OS. Windows 8 / 8.1 / 10 will not received any updates further they must be depended only on the Windows Updates for further updates for the Mobile Intel 4 Series Express Chipset Family.

(近年、インテルはMobile Intel 4 Series Express Chipset Familyのサポートを止めた。Windows10には、Windows Updateに頼るしかない。)
-----------------------------------------------------------

とこのように書かれているのを発見しました。最近ではバージョン1511の後も、大幅なUpdateを行っているので、その中に、入っているだろうと、そこは呑気に考えました。

それの確認が取れたので、いきなり、Windows.iso(32bit )のsetup.exeを実行してみました。しかし「更新プログラムをチェックしています」から、それが一向に先に進みません。

20160803

そこで仕方がないので、私が2016年7月28日 (木)のブログで書いたことと同じことをやってみました。

具体的に書きます。

まず、Hone.のたま~に戯言のサイトへ行きました。

Windows 7のWindowsUpdateの不具合回避法(進まない、終わらないなど)

Windows7のupdateが進まない対策が書かれているのですが、ここに書かれているWindows7のupdateのやり方が、Windows10へupgradeする際に、大変役立っているのではないか、と思うのです。

ここでは、Windows7 WindowsUpdateロールアップパッケージ(KB3125574) 32Bit版・64Bit版のインストールと、これを入れる前に、KB3020369をインストールすることとなっています。

これを実行する前に、①.NET FRAMEWORKをアンインストールすること
②更新プログラムのインストールはNET接続していない状態(アダプタ無効)にして、WindowsUpdateの自動更新を「更新プログラムを確認しない(推奨されません)」に設定し再起動を行ってからインストールすることをお勧めします。
と書かれています。
ここに書かれていることが、
Windows7のupdateだけでなく、Windows10へのUpgradeに失敗する場合の対策として非常に重要だと言えるのではないか、と考えます。

何とか、KB3125574と、その前の、KB3020369のインストールに成功しました

次に、Microsoft社のサイトである、「Windows 10 へのアップグレードに失敗する場合の確認点と対処法」に書かれている方法の1項から4項をやってみました。

方法の1は結果が解決済みとなるものと、失敗となるものがありました。失敗はそのまま放置して、方法の2をやってみたところ、「何かに成功した」などの結果はでなかったように思います。

方法の3はコマンドプロンプトで何か行うものですが、ここも、成功したなどの言葉は出ませんでした。

その後、KB947821をインストールするようにとのことですが、インストール画面が95%のあたりで止ってしまって、終わったのか終わらないかわかりませんでした。

ここまでやったら、くたびれてしまって、方法の4項以降はやりませんでした。

ちょっと中途半端な感は否めませんが、対策はこれで止めて、Windows.isoのsetup.exeを実行したところ、今度はうまくいき、無事Windows10へのupgradeは成功しました。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30