無料ブログはココログ

« 近所の花 | トップページ | 富士通ESPRIMO EH30/CT、2011年春モデルのWindows10へのアップグレード成功記(99%で止る問題をクリア) »

2016年7月 5日 (火)

企業ロゴは出るが、セーフモードでも起動しないパソコンのハードディスクのデータの救出に成功しました

あるNPO法人で、ボランティアでパソコン関係の保守作業をやっております。

事務所には、デスクトップパソコンが5台あります。小規模な事業所です。
4台はWindows10で、1台はWindows Vistaです。

問題はWindows Vistaで発生しました。状況は、Windowsは立ち上がり、デスクトップは表示されるのですが、その先に一歩も進めないのです。ショートカットアイコン、スタートをクリックしても反応がまるでありません。
セーフモードで起動してみたのですが、最初の英文の羅列が出たままそこで止ってしまいます。

ハードディスクか、マザーボードかどちらかの障害と考えて、まずハードディスクを取り外し、正常に動作しているWindows10のパソコンから、ハードディスクを抜いて、問題のハードディスクを取り付けて、起動してみました。

電源スイッチを入れると、企業ロゴは出ますが、その次は、セーフモードで起動するか、通常モードで起動するかを聞かれる画面が出たまま、その先に進めません。

この結果、問題はハードディスクにある、ということが大体はっきりしました。

一応、外付けのハードディスクに自動でバックアップを取るように設定してあったのですが(BunBackup使用)、職員がバックアップの重要性を認識しておらず、また私も職員に重要性を日頃から説かなかったせいで、外付けのハードディスクの電源プラグが外れていて、結局バックアップされていませんでした。

1台の内蔵ハードディスクが、むき出しで、机の上に置かれて、さて、これからどうやってここからデータを救出すればよいか思案しました。結局インターネット検索で、下記のサイトを知り、近所のビックカメラへ行って、「タイムリー GROOVY HDDをUSB SATA接続2.5/3.5/5.25"ドライブ専用 UD-505SA」を買ってきて、ハードディスクに繋ぐと同時に、正常に動作しているパソコンのUSB口に繋ぎました。結局外付けのハードディスクと同じ働きをしまして、中のデータが全部見られました。これには本当に感動しました。これでめでたくデータが救出できました。

壊れたPCのHDDからデータを吸い出す方法とおすすめツール

https://infinityakira-wp.com/tool/hddbackup/

私はハードディスクの交換などということはこれまでしたことが無く、事業所では何とかデータを救出しようと必死でした。家に帰ってからいろいろと考えたことは、内蔵されていた時は、セーフモードでもハードディスクの中身が見られなかったのに、外付けにしてUSB接続にするといとも簡単に見られるのはどうしてだろうということです。本当に不思議です。
また今回何とか成功したのは、ハードディスクが物理的に完全に壊れていたのではないからだとも言えると思います。

« 近所の花 | トップページ | 富士通ESPRIMO EH30/CT、2011年春モデルのWindows10へのアップグレード成功記(99%で止る問題をクリア) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150691/63874542

この記事へのトラックバック一覧です: 企業ロゴは出るが、セーフモードでも起動しないパソコンのハードディスクのデータの救出に成功しました:

« 近所の花 | トップページ | 富士通ESPRIMO EH30/CT、2011年春モデルのWindows10へのアップグレード成功記(99%で止る問題をクリア) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31