無料ブログはココログ

« 企業ロゴは出るが、セーフモードでも起動しないパソコンのハードディスクのデータの救出に成功しました | トップページ | Windows10へのアップグレード 「更新プログラムをチェックしています」から進まない問題に遭遇 »

2016年7月28日 (木)

富士通ESPRIMO EH30/CT、2011年春モデルのWindows10へのアップグレード成功記(99%で止る問題をクリア)

知人のパソコンのWindows10へのアップグレードを頼まれました。富士通ESPRIMO EH30/CT、2011年春モデル Windows7 Home Premiumで、CPUは、AMDデュアルコアプロセッサ、メモリー4GBです。ServicePack1は付いていません。

知人の自宅に招かれて操作したのですが、起動も遅いし、スタートをクリックしてもなかなか次の画面が出てこないなど、とにかく遅くて、とてもこのような状況ではパソコンを快適に使えないと思って、まず、リカバリーディスクを作成して、問題が起こったときでも購入時の状態に戻せるようにしました。次に、このパソコンには購入時の状態に戻せる機能がついているので、動作が遅いのを何とかしなくてはと、購入時の状態に戻しました。データ関係はUSBメモリーに移しました。そして、ServicePack1もインストールしました。Internet Explorerも8だったのを11に上げました。

そうしたことを行ったうえで、Windows10へのアップグレードをやりましたが、99%完了以降、全く画面が変りません。かれこれ1時間半くらい待ったのですが、変化が現れなかったし、夜も11時を過ぎていたので、一旦電源を切りました。

翌日、我が家でインターネット検索したところ、次の4つが解決策として浮上してきました。

1.ServicePack1以降のアップデートをまとめた、「Convenience rollup update for Windows 7 SP1」として、KB3125574があり、これを実施する前に、KB3020369を実施するこという対策を発見しました。しかしこれをインストールしようとしても、「何かを検索しています」の画面がでてから、一向に変化しないのです。これは、次の2項のサイトに詳しく対処の方法が書いてありました。

2.Hone.のたま~に戯言のサイトです。

Windows 7のWindowsUpdateの不具合回避法(進まない、終わらないなど)

に書かれていることを全部実施しました。このサイトは大変詳しく書かれていまして、本当にありがたく、感謝します。

3.Microsoftの次のサイトに、「Windows 10へのアップグレードに失敗する場合の確認点と対処法」が書いてあり、これの殆どを実施してみました。

4.ディスプレイドライバを調べたところ、AMD Radeon HD6310でして、これを検索で調べると、Windows10 64bitと書かれたリンクがありました。このリンクをクリックすると下のURLが現れ、英文で下のように書いてあります。Windows10に対応していないとは書いてありませんが、Windows10 64bitで検索した結果が下記のように、新しいドライバーの開発は計画されていない、と書いてあることから、Windows10には対応していないのだと私は解釈しました。しかしその下にベータ版を特別に用意したと書かれていますので、これがWindows10への対応版と解釈しました。

AMD Display Driver

AMD Radeon Software Support for Legacy Graphics Products

AMD Radeon R5 235X, Radeon R5 235, Radeon R5 230, Radeon R5 220, Radeon HD 8470, Radeon HD 8350, Radeon HD 8000 (D/G variants), Radeon HD 7000 Series (HD 7600 and below), Radeon HD 6000 Series, and Radeon HD 5000 Series Graphics products have been moved to a legacy support model and no additional driver releases are planned. This change enables us to dedicate valuable engineering resources to developing new features and enhancements for graphics products based on the? GCN Architecture.
(問題の、HD6000シリーズは、legacy support modelで、新しいドライバーの開発は計画されていない、となっています)

As a courtesy to our valued supporters we are providing a final Beta driver together with the release of the AMD Radeon Software Crimson Edition. The AMD Radeon Software Crimson Edition Beta driver includes the redesigned user interface as well as some enhanced features. More information can be found in the AMD Radeon Software Crimson Edition 16.2.?1 for Non GCN Products Release Notes. This driver is provided "as is" and will not be supported with further updates, upgrades or bug fixes.
(しかし、大切な顧客への優遇策として、最終のBeta driverを提供します、となっています。)

それをダウンロードして、インストールしました。

Radeon Software Crimson Edition Beta 313 MB Crimson Edition 16.2.1 Beta 2016/03/01

こうしたことを全部実施したうえで、Windows 10へのアップグレードをやりましたら成功しました。上記のどれが成功に導いてくれたのかは分かりません。
----------------------------------------------------------------------
2016年7月30日追記

苦労してWindows10にアップグレードしたのですが、ハードの故障や、ソフトの不具合によって、メーカーへ修理依頼することも起こり得ます。

メーカーに修理依頼を出すと、購入時の状態で戻ってくるようになるでしょう。その機械を、上で書いたような作業しなければ、Windows10にはならない訳です。Windows10のisoイメージのDVDは作ってあるので、無償アップグレードが過ぎても、対応は出来ますが、上で書いたような作業はもうやりたくありません。

そこで、Windows10のリカバリーディスク(DVD)のようなものを作成すれば、Windows10に簡単に復元できるのではないか、と考えました。

私は、Acronis True Image2015を持っていまして、自分用には、外付けのHDDにバックアップしてあるので、DVDブートしなくても、Windowsの画面から、リストアが出来ます。

ただ、私はリストアというと、DVDブートするものだ、という思い込みがありまして、Acronis True Image 2015を使って、DVDブートのやり方を一日かけてようやく、やり方がわかりましたので、覚え書きの意味で、書き残しておくことにします。

Acronis True Imageのマニュアルには、まず、ブータブルメディアを作りなさい、と書いてあります。ブータブルメディアは、Acronis True Image2015を立ち上げて、ツールメニュー→レスキューメディアビルダと辿ると出来ますが、AcronisのマイアカウントでIDとパスワードを入れると、ブータブルメディアの最新版のisoイメージファイル472MBがダウンロードできるので、そこから落として、CD-Rに焼き付けました。

Windows10の画面で、ブータブルディスクを入れて、再起動をかけます。普通は、再起動後、企業ロゴが出たら、F12キーを押すとブート順が変えられます。
しかし、私のパソコンでは、そのような画面にはならずに、そこで半日悪戦苦闘しました。
(BIOSを何も分からずにいろいろ操作したことが原因で、一部のアプリケーションソフトの動作がおかしくなりました。BIOSの操作を行う前は正常に動いていたので、BIOSを再インストールしてみたところ、アプリは正常になりましたので、BIOSを操作したことが原因と分かった次第です)。

偶然分かったのですが、次のようにやれば、CD-Rでブートできます。

1.まず、Acronis True Imageを立ち上げ、ツールメニューから、その他のツールをクリックします。

01

2.Acronisスタートアップアップリカバリマネージャのアクティブ化をクリックします。

02

3.アクティブ化するをクリックします。起動時にF11を押すように、となっています。

03

4.再起動して、企業ロゴが出たら、F11キーを連打します。すると待望の下図が出ます。

04_2

5.上のほうに、リカバリと書いてあるところをクリックすると、3つのメニューが出てくるので、ディスクとパーティションのリカバリをクリックします。

05

6.どのバックアップからリカバリするか、聞いてきます。これは、最初に、外付けのハードディスクを用意して、そこに、Cドライブの内容を全部書き込んでバックアップを取っておきます。このやり方は、簡単ですので、ここでは書きません。下の「参照」をクリックして、外付けのHDDを指定します。

06

7.私は、まずAcronis Backupsというフォルダーを作り、この中にバックアップした内容を書き込んでいます。もしかしたら、このフォルダーはAcronisのソフト側で勝手に作られたものかも知れません。

07_2

8.毎回全部のバックアップをするのではなく、増えた分だけバックアップするようになっているので(私の場合、1週間に一度)増えた分のバックアップ設定になっているようです。

08_3

9.リカバリの方法は、2つの内いずれかにドットを入れます。

09

10.リカバリ元というのは、Cドライブのことを指すのではないか、と思います。本来なら、リカバリ先という言葉の方がしっくりすると思います。

10

11.新しいパーティションの場所はCドライブということでしょう。

11

12.パーティションCの設定で、「新しい場所」をクリックしたかどうか覚えていません。

12

13.True Imageというものが、画面上に現れ、何か作業しているようです。

13

14.パーティションの場所が、Cになりました。次へをクリック。

14

15.最後はこのような画面になり、「実行」をクリックすると復元が始まると思います。私のパソコンはまだ健全な状態にありますので、「実行」はクリックしていません。ですから、ここまで書いてきたことが完全に正しい、とは言えません。何かのお役にたてば幸いです。

15

« 企業ロゴは出るが、セーフモードでも起動しないパソコンのハードディスクのデータの救出に成功しました | トップページ | Windows10へのアップグレード 「更新プログラムをチェックしています」から進まない問題に遭遇 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150691/63979660

この記事へのトラックバック一覧です: 富士通ESPRIMO EH30/CT、2011年春モデルのWindows10へのアップグレード成功記(99%で止る問題をクリア):

« 企業ロゴは出るが、セーフモードでも起動しないパソコンのハードディスクのデータの救出に成功しました | トップページ | Windows10へのアップグレード 「更新プログラムをチェックしています」から進まない問題に遭遇 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31