無料ブログはココログ

« 光学ドライブに感嘆符(びっくりマーク)がついていて、マイコンピューターにも表示されない | トップページ | EXCELでピボットテーブルを作ろうとしたが、灰色表示で選択できない問題 »

2015年9月29日 (火)

auガラケーK012で自作の着メロを鳴らしてみました

私は携帯電話は専ら通話のみしかつかいません。ただ着メロだけは興味があるので、今回新しく購入した、auのガラケーK012に自作の着メロを入れてみました。

携帯とパソコンを専用のUSBケーブルでつなぐ。K012には付属していないので別途購入する必要があります。私は以前買った携帯用のUSBケーブルがあったのでそれを使いました。パソコンで作った曲を、メール添付で、自分の携帯に送る方法があるようです。私もやってみましたが、添付の曲が、メールにくっついたままで、正しい場所に移動してくれません(私の操作が悪い?)。あと、マイクロSDカード2GB以上が必要です。

パソコンにつなぎましたが、パソコンが認識しません。これはauに聞きました。 携帯側からOK→機能設定→ユーザー補助→データ通信/USB→外部メモリ転送モード→USBケーブルを接続して下さい(事前にUSBケーブルにつないでいない場合にこのメッセージが出る) パソコンにつながると、携帯の画面は下図のようになる。
OSはWindows10ですが、何ら問題ありませんでした。


Img_3883_2



パソコン側では、私の場合Fドライブとして認識しました。下図。
F_drive_1

音楽を入れる場所は、Fドライブ→PRIVATE→AU→DF→D_US→US_S_000とたどり、US_S_000フォルダーの下に入れます。

Tree_1


mmf形式で入れるのですが、重要なことですが、ファイル名は「曲名.mmf」で入れてもダメです。 インターネット上で知ったのですが、ファイル名は次のようにする必要があります。

SDM_0000.mmf
SDM_0001.mmf
SDM_0002.mmf
    ・     
         ・     
         ・

以下追番にする。
これで前準備が終わりました。

次はいよいよ着メロの作成です。インターネット上では、mmfファイルの作り方が書いてありますが、ソフトとしては、私はWave Sound Decoratorがよいと思いました。
使い方は下のURLに詳しく書いてあります。

http://keitai.nusutto.jp/wsd1.html 

注意点は、携帯電話が対応している再生可能な音源LSIの選択を間違えないようにすることです。

auの下記サイトには、機種ごとの対応表が書いてあります。

http://www.au.kddi.com/ezfactory/mm/melody02.html

私の場合は、MA-5が対応していました。MA-5はサンプリング周波数は、モノラルで4000Hz~24000Hzのようです。

wavファイルを作るソフトについても、上記のの付いたサイトに載っていますから見てください。私の場合、wav形式の曲を沢山持っていますので、それを使いました。

Wave Sound Decoratorでwav形式の曲を取り込んだら、モノラルで、最初から約15~20秒位にして、あとはカットしてなるべく容量を小さくすることです。携帯で鳴らしてみましたが、その部分を繰り返して鳴らしてくれます

モノラル、演奏時間を20秒位にして、4000Hzですと音質が大変悪いです。24000Hzですと結構良好に聞こえます。

パソコン上から、SDM_0000.mmfの形式で上に書いた場所に入れます。ハードウェアの安全な取り外しを行って、パソコンから外します。

携帯のマイクロSDカードを見に行きますと、OK→機能設定→音/バイブ/ランプ→着信設定→音声着信→メロディ→固定着信音→microSD→ユーザーフォルダーフォルダ01とたどります。 正しく入りますとその曲が次のように出ます。


Img_3885_2


緑色のOKを押しますと、次の画面が出ます。

Img_3886_2


どうもマイクロSDは中継をするだけのようで、上でOK→1YESを押しますと、正しくマイクロSDに入った曲は、本体に転送されて、マイクロSDには残りません。

今回この方法で作った曲は、プリセットされた曲に比べますと、音量が小さいです。プリセットされた曲は大変迫力のある音質ですが、それに比べると、力感に欠けるところがあり、是非とも使ってみようという気にはなれませんでした。(Wave Sound Decoratorには、Normalizeという音量を大きくしてくれる機能がありまして、確かに画面上で波形が、大きく膨らみます。しかし携帯側で音量を5(最大)にしてもプリセット版の音質・音量にはかなわないような気がしました。)

ただ、自分で作っただけに愛着が湧きますので、今は自作のものを着メロにしています。

「着うた」の場合、auでは「待ちうた」と呼んでいるようですが、月額100円かかるようです。

自作の曲を、MP3に変換したものを掲載します。ヘッドフォンで聞きますとビリつき(歪)が目立ちますが、実際に携帯で鳴らしてみると、ビリつきはあまり聞こえないです。
「PeerGunt1.mp3」をダウンロード

私の場合、パソコンのオーディオ廻りの環境は、オーディオインターフェース(RolandのUA-55)を使っています。それでも歪むので、パソコン付属のオーディオは環境としては不利なので、やめておいたほうがいいかもしれません。

mmfファイルをパソコン上で聞くためには、MidRadio Playerがあります。
携帯で聞くのと同じ音質・音量で聞けますから、携帯に入れる前のテストとして立派に使えます。

« 光学ドライブに感嘆符(びっくりマーク)がついていて、マイコンピューターにも表示されない | トップページ | EXCELでピボットテーブルを作ろうとしたが、灰色表示で選択できない問題 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150691/62376445

この記事へのトラックバック一覧です: auガラケーK012で自作の着メロを鳴らしてみました:

« 光学ドライブに感嘆符(びっくりマーク)がついていて、マイコンピューターにも表示されない | トップページ | EXCELでピボットテーブルを作ろうとしたが、灰色表示で選択できない問題 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31