無料ブログはココログ

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月29日 (水)

Fiio X5 1stとE17KのCoaxial入出力のミニジャックを結ぶケーブルについて

X5 1stを購入しました(2ndが出る直前に購入してしまいました(^^ゞ)。
これには、SPDIF変換用ケーブル (3.5ミニ4極 - RCAメス)が付属しています。どうやらこのケーブルは、X5のCoaxOut(デジタル信号出力)から、DAC付きのヘッドフォンアンプのDAC入力につなぐケーブルのようです。ですから、CoaxicialINを持つDAC付きのヘッドフォンアンプにつなぐことができそうです。FiioのE17Kが安価でCoaxicialINに対応しているので、E17Kも購入しました。
ただ、形状から見るとモノラルのようです。ネット上を調べてみると、モノラルですが左右2チャンネルに対応(スレレオ)しているようです。不思議ですね。
(E17Kには、X5と同じSPDIF変換用ケーブルが付属していました。ですから、X5のCoax OutからE17KのCoax Inとはつなぐことが出来ません。ちょっとどうなっているのか、購入した、Audio Oneに質問したところ、やはり、付属しているSPDIF変換用ケーブルはそのままでは使えないそうです。何故こういうものが付属しているか不思議です。)
Img_3641

オヤイデ電気のサイトには、下の写真と解説が載っていましたので、拝借してきました。
20150720_09_55
また、X5にはOTG接続用ケーブルが付属しています。これは、マイクロSDの増設用に使うものらしいです。本体には最大256GBまでですが、更にマイクロSDが増設できるようです。
X5のUSBの口につなぎ、反対側はUSBのメスが付いているので、マイクロSDを入れるUSBカードリーダーライターをつなぐことができるようです。まず256GBを超える程の曲は聞かないと思うので、不要ですが、気持ちに余裕が生まれます。

Img_3642

USB マイクロSDカードリーダーライターの一例の写真です。
Microsd
-----------------------------------------------------------------

追記

Fiio X5のcoaxial outとFiio E17Kのcoaxial inを両端3.5mmのミニプラグ(付属品)でつないで
E17Kの入力切替をcoaxにすると、ハイレゾ24bit96KHZでも24bit196KHzも原曲の特性通り表示されました。特にcoaxialケーブルを使わなくても大丈夫でした。

Img_3709

Img_3711

--------------------------------------------------------------------

次のような記事をインターネット上で発見しましたので、転載させていただきます。

2015-04-26 ポタアンケーブルで音が変わる?
Fiio X5とE17Kをコアキシャルで繋げるケーブルについて・・・ポタアンケーブル自作
と題する下記のサイトに、コアキシャルケーブル自作の記事が載っています。実費だけで制作してもらえます。今でも対応してくれるかどうかはわかりませんが。
http://d.hatena.ne.jp/annion/20150426/p1

このサイトに次の文章があります。

ポタアンケーブルの自作

Fiio X5とFiio E17Kはデジタル接続できるので余計なFiio X5 のアンプ通さずにデジタル接続して聴きたいです。

ポタアンの存在意義は貧弱なDAPのアンプ改善ですからね。

Fiio X5のコアキシャル接続は3.5mmモノラルタイプのミニプラグです。

付属していないので自分で作らないといけませんし、また、ポタアンに繋げる短いモノラルミニプラグなんて売っていません。

ただ、付属の3.5mmステレオミニプラグでも聴けます。

で、付属の3.5mmステレオミニプラグと高級ケーブルを使って自分で作った3.5mmモノラルミニプラグの音を聴き比べましたので報告します。

もう答えはわかっていますので先に言いますと、音の違いなんてありませんでした・・・いえ、わかりませんでした。
…と書かれています。特にコアキシャルケーブルを使わなくても、付属の3.5mmミニプラグをcoax in とoutにつなげば、原曲の特性を損なうことなく音楽が聞けるようです。
-----------------------------------------------------------------------
X5 1stとE17Kを結ぶCoaxial Cableについて、Fiio社に直接質問をしてみました。

X5 1stもE17KもCoaxial Cable Adapterとして、下の写真のものが付いているので、結合出来ないがどうしたらよいか、御社の推薦の方法があったら教えて下さい、という質問をしました(何故こんな結合出来ないものを添付するのかについては質問しませんでした。英語力不足です。)

20150729

回答の内容をそのまま書いておきます。

There are 2 ways to connect the X5's coaxial output with the E17's Coaxial input port.

1. Please use the Coaxial cable(only for reference), besides the coaxial adapter.

That is to say, the whole conection is like that: X5 -> the Coaxial adapter from the X5-> Coaxial cable -> Coaxial adapter from the E17K -> E17K.

2. Or, kindly use the 3.5mm to 3.5mm audio cable to connect the X5's coaxial output with the E17K's Coaxial input port. Because the interface definition of both the coaxial port is the same, the audio cable can be used to make them work in this case.

1については、私は次のようにやってみました。Coaxial Cable Adapterの間に両端ピンプラグ付きのアダプタを下図のようにつないでみました。このアダプタは、Amazonのサイトで、カモン RCA延長アダプタ(オス/オス)ゴールド[R-MM]として売られているものを購入しました。価格は448円(税込み)。

Img_3734

2つのデバイスのCoaxial Out とinとを結合した図です。ケーブルが折れ曲がっていて、ちょっと余裕がなく、長年の使用では切れそうです。

Img_3736 


2つ目のは、デバイスに付属している両端3.5mmのミニプラグ付きオーディオケーブルをCoaxial Out とInとに挿して使うというものです。説明では、2つのデバイスのCoaxial portのインターフェース条件が同じなので、このケースでは、オーディオケーブルが使える、となっています。
Img_3738


両方で聞いてみましたが、違いは分かりませんでした。2番の方法で聴くのが手軽でよいのではないか、と思います。

---------------------------------------------------------------

8月26日追記

Fiio X5 1stのラインアウト端子(信号はアナログ)と、E17Kのラインイン端子をつなぎ、E17Kのinput切り替えで、COXからAUXに切り替えてみました。このほうが私の耳にはHi-Fiに聞こえます。

Fiio X5 1st+E17KをCoaxial InとOutでつなぎ、DAC経由で音楽を聞いてきたのですが、iPod Touch+Topping NX2で聞いたほうが音がやわらかで、私からみると、Hi-Fiに聞こえます。
そこで、今日、E17KのDACを通さない接続を試してみました。
Fiio X5 1stのラインアウト端子(信号はアナログ)と、E17Kのラインイン端子をつなぎ、E17Kのinput切り替えで、COXからAUXに切り替えてみました。
聞いたとたんに、音が柔らかくなって、突き刺さるような感じがなくなって、とてもいい感じになりました。DACを通さないほうが私の耳が受け付けるようなのです。
わざわざDAC付きを買った意味がないわけですが、こういう発見の楽しみが味わえるのもポータブルデバイスの魅力だと思いました。

---------------------------------------------------------------------
2015年9月27日追記

上で書いた、AUX接続では、元は24bit、96KHzの曲でも、E17Kのディスプレイでは、16bit、48KHzと表示されます。ちなみにCOX接続では、元が24bit、96KHzの曲は、ディスプレイでは、そのまま、24bit、96KHzと表示されます。
AUXの出力はアナログなので、16bit、48KHzに変換されてしまうのでしょうか?

それにしても、私の耳ではCOXよりAUXの方がHi-Fiに聞こえます。不思議です。

2015年7月11日 (土)

MediaMonkeyで、Fiio X5を管理 プレイリストを作るとき、アルバムアートを入れるときに特に有効です

今私はSONYのNW-ZX1をMediaMonkeyで管理転送に、iPod Touch(4G)をiTunesで管理転送用に使っています。

SONYのが容量一杯になってしまったので、それを口実に、FiioのX5並行輸入品(正規代理店を通さない直輸入品) を買いました。輸入元はAUDIO ONE(株式会社コペックジャパン)という会社です。管理はMediaMonkeyを使うことにしたのですが、ZX1やiPodなどと比べると、管理ソフトの出番が意外に小さいことに気づきました。
以下、私のおぼえがきのために音が出るまでの経緯を記載します。

これを書くにあたっては、次のサイトが大変参考になりました。厚く御礼申し上げます。

http://airislog.wp.xdomain.jp/iem/fiio-x5-playlist/

http://blog.livedoor.jp/orcinus_/archives/52660491.html

私は、クラシックを中心に、5,000トラックあまりの曲を管理しているので、プレイリストか、フォルダーで管理するしか方法がないのです。X5もプレイリストが作成できることがわかったので、購入しました。もちろんアルバムアートも入ります。

手許に届いて、まず行うのが、小さな冊子になっているWarraty Cardに書いてあることから始めます。製品が純正なFiio製であるかどうかのチェックです。赤い外箱に、スクラッチする紙が貼ってあって、その紙を爪で引っ掻いて、中の数字を、Fiioのサイトに行ってその数字を入れますと、純正かどうか分かります。(数字は詰めて入れます).
20150711_18_09_11

私の場合、幸運にも純正でした。

20150710_18_57_43fiiolove_musiclove

次に、ファームウェアのアップデートです。これは、本体がある程度充電されていないと働きませんので、少なくても1時間程度は充電しておきます。
充電するには、FAT32でフォーマットしたマイクロSDを使うのがいいようです。私は、携帯電話に増設用の1GBのマイクロSDカードが入っていましたので、それを使いました。128GBのマイクロSDカードは、Windows8.1の場合には、exFATというフォーマットになりますが、私が購入した機械はファームウェアがexFATフォーマットに対応する前のものでしたので、今回のファームウェア2.5でexFATに対応しましたので、ちょうどよかったです。
ファームウェアの入れ方はオヤイデ電気のサイトに大きな字でわかりやすく書いてあります。

(マイクロSDのフォーマットはX5本体の中にフォーマット機能があり、それを使って行うべきでした)。
フォーマットの方法は、マイクロSDカードが入ったドライブレター(CとかGとか…)の上で右ク
リックして、フォーマットを左クリックします。

20150710_17_07_03pc

私のPCはWindows8.1なので、FATはexFATしかありませんでした。

20150710_17_07_36

次はいよいよ音楽のデータを曲の置いてあるフォルダーからドラッグアンドドロップで、マイクロSDカードに入れる作業に入ります。
私は一方のマイクロSDカードに入れるフォルダー名をMM1として、その中に種類分けして名前を付けた沢山のフォルダーをつくりました。もう片方はMM2としました。
パスはG:\MM1\曲種類フォルダー\曲のファイルとしました。
マイクロSDカードに入れるのは時間がかかります。一方のカードで、大体3時間くらいかかったでしょうか。何とか2つのカードに曲を入れて、MediaMonkeyで見てみました。
私が最初にMediaMonkeyを使って、SONYのNW-ZX1を管理し始めた時は、画面の左側にあるツリー状のものがあり、そこには「音楽」とか、「プレイリスト」と予め書かれていて、音楽をクリックすると、ライブラリ全体が見え、プレイリストをクリックして、目的のフォルダーを選択して、その中の曲を聞くことができました。X5の場合は、マイコンピューターの下に目的のドライブが見えます。


20150711_17_19_35mediamonkey

そして、Gドライブの下には、「音楽」という名前ではなく、「すべて」と書かれているところからライブラリが見えます。ライブラリが見えるようになるまでには、ちょっとしたノウハウが必要でして、オヤイデ電気のサイトのQAにやりかたが書いてあります。下図のように、ライブラリ更新を行うとライブラリが見えるようになります。

Img_3632

20150711_17_22_16mediamonkey

X5の場合、プレイリストは、マイクロSDカードの中に入れなければならないのです。ここが大変肝心なところです。
そして、最も肝心なところは、上でリンクを貼ったサイトに詳しく書いてありますが、プレイリストが入ったフォルダーの中の一つ一つのm3uファイルをテキストエディタで開いて、例えばG:\MM1\…となっているところは、TF1:\MM1\…と書き換えてやる必要があります。この書き換えは、マイクロSDカードの中に入っているプレイリストフォルダーの中のm3uファイルにて行わないといけません。マイクロSDの外で、書き換えを行い、それをドラッグアンドドロップで、マイクロSDに入れても、本体上で、プレイリストがなく、曲が存在しないというメッセージが私の場合ですが出まくりました。(後日マイクロSDの外部で、G:をTF1:に変えてから、マイクロSDの中のプレイリストフォルダーの中に入れてみたところ、デバイスから音が出ました。またアルバムアートも表示されました)

「Fiio X5 No1 Playlist m3u」という名前のフォルダーの中にm3uファイルを入れて、パスを変えたために、プレイリストの中身は、下の図のごとく、TF1:\MM1\…という表示になり、PC上では音楽は鳴りません。ようやく、X5本体のプレイリスト上で音楽が鳴りました。

20150711_17_28_24mediamonkey

PC上に、別のプレイリストフォルダーを作り、その中に、G:\MM1\…というパスのm3uファイルをつくれば、PC上でも音楽は鳴ります。

SONYのZX1は容量が128GBに対し、X5は256GBと2倍も入り、マイクロSDカード込みで、価格はX5のほうが若干安いですから、X5はお買い得です。

-------------------------------------------------------------------------
7月13日追記

MediaMonkeyで、複数のデバイスを管理


これまでMediaMonkeyでは、SONYのWalkman ZX1だけを管理してきたのですが、今後は、FiioのX5もMediaMonkeyで管理することになります。上でも書きましたが、ZX1だけ管理していた時は、ツリー表示のところには、「音楽」と「プレイリスト」という文字が自動的に入りますので、何の疑問もなく、「音楽」のところではライブラリが一覧でき、「プレイリスト」も簡単に作ることが出来ました。
デバイスが複数になった場合でも、「音楽」と「プレイリスト」というものが、そのデバイスに対応する形で現れればいいのですが、どうもそのような機能はないようです。

そこで、MediaMonkeyで、複数のデバイスを管理しようとする場合(今回はX5デバイス)、は次のように行うことになるのではないか、と考えました。私なりの管理方法を記載します。MediaMonkeyの公式サイトで見たわけでなく、自己流です。間違っていたらご指摘下さい。
今回は、X5の2つ目のマイクロSDの管理をMediaMonkeyで行う場合を考えてみます。
X5の2つ目のマイクロSDに、あらかじめ楽曲を入れたフォルダーを入れておきます。またプレイリストm3uを入れるフォルダーを名前をつけて入れておきます。この作業はPC上で行いますので、MediaMonkeyの出番はありません。ドライブレターHにX5の2番目のマイクロSCが入っています。その中にMM2というフォルダーを作り、更にその中に楽曲が入るフォルダーを作っておきます。また、プレイリストが入るフォルダーも作っておきます。下の図では、「Fiio X5 No2 Playlist m3u」という名前になっています。


20150713_08_10_59mm2

これをMediaMonkeyのメディアツリーで見ると次のようになっています。

20150713_07_04_57mediamonkey

「すべて」と書いてあるところに、ライブラリが入ります。「すべて」の上で右クリックして、ライブラリにファイルを追加をクリックすると、Hドライブに入っているファイルが全部現れます。ここでは、Hドライブに入っている曲だけをライブラリに追加します。SONYのZX1に入っている楽曲とか、X5のGドライブの方に入っている曲は、ライブラリには追加されません。

20150713_06_11_57mediamonkey

楽曲は予め、PC上でマイクロSDに入れてありますので、MediaMonkeyの出番は、「プレイリスト」を作成することにありますから、ライブラリから「プレイリスト」を作成するより、楽曲が入ったMM2のフォルダー(ツリーの中にあります)の中にあるフォルダーを選び、それをMediaMonkeyの画面に出して、それから「プレイリスト」を作成するのが簡単です。
(勿論、新たにリッピングを行って、どこかのフォルダーに入れることはMediaMonkeyで行いますが…)。ここでタグ情報の変更や、アルバムアートを入れます。アルバムアートは、マイクロSDに入っている画像を選択します。ただ曲の並びはここでは変えられず、プレイリストが出来てからそこで変えられるはずです

次に下図のように全選択して右クリックして、送る→M3U/XSPFプレイリストをクリックします。
20150712_22_34_32mediamonkey
保存先を聞いてきますので、予め作っておいたマイクロSD上でm3uを入れるフォルダーの中に名前をつけて入れます。
20150713_06_45

ツリーで見ますと、「プレイリスト」名の「Fiio X5 No2 Playlist m3u」の下に、「Schubert」というプレイリストが見えます。ここで曲の並び方が変えられます。変えたあと、保存すべきかどうか、テストしていません。


20150713_06_47_54mediamonkey

出来たm3uファイルを開いて、ドライブレターをH:から、TF2:に置き換えればよいということになります。

-----------------------------------------------------------------------
7月14日追記

次のような使い方をするなら、プレイリストを作成する必要性は低いです。

X5の片方のマイクロSDは、ほぼ満杯になったので、もう片方のマイクロSDに曲を入れて、プレイリストを作る作業を行いました。
途中までやって、ふと考えたら、プレイリストなど作らなくても、曲をフォルダー別けするときに目的の曲が入っていれば、そのフォルダーを呼び出せばいいことに気づきました。

まず、X5でフォルダーの絵を呼び出します。

Img_3635

今回は、カードスロット2に入れた音楽を聞くので、カードスロット2を選択。


Img_3636

私の場合MM2というフォルダーの下に曲フォルダーがあり、その中に曲が入っているので、MM2を選択。あとは、ホイールを回して曲を選択すれば、音楽は聞こえます。


Img_3638

タグ情報の変更、アルバムアートの挿入は、MediaMonkeyの左にあるツリーで、MM2フォルダーの中の曲フォルダーを呼び出して、曲の情報を画面に出すことによって、出来ますから、強いて、プレイリストを作る必要がないのでは、と思います(但し、MM2フォルダーの中のある楽曲フォルダーをMediaMonkeyに呼び出して、曲の順序を手動で変えることは出来ないようです?)。

ただし、ある好みの曲群が、別々のフォルダーに入っている場合は、プレイリストを作る必要があります。私は、はじめから、好みの曲群を同一のフォルダーに入れてしまったので、プレイリストを作る必要性が低い、ということです。

--------------------------------------------------------------
Fiio X5の感想

まず言えることは、音が大変良いです。ハイレゾだけでなく、圧縮された曲でも大変鮮烈に聞こえます。また、X5は私の場合、ポタアンは不要です。今私が持っているFiioのE12をX5のラインアウトからつないで聞いてみましたが、その差は感じられませんでした。
また、SONYのNW-ZX1に比べると、立ち上がりが大変早いです。NW-ZX1は曲が聞けるようになるまでに1分30秒くらいかかります。電源を入れる都度、データベースを更新していますというメッセージが出て、なかなか曲が聞けません。X5は、聞いていた曲を電源オフにしても、その後すぐ電源を入れますと、続きがたちどころに聞けます。翌日新しく電源をいれてもすぐ曲が聞けます。
とにかく、手軽に扱えて、音がよいし、256GBも入るし、持っていて余裕というか安心感があります。
SONYでもAppleでも曲を転送したあとは、機械まかせで、中がどのようなフォルダー構造になっているかわかりませんが、X5はマイクロSDなので、簡単に中身が見えますので、自由にカスタマイズでき、不要なファイルはすぐ消すことができるので、安心感があります。SONYのZX1も音はいいのですが、128GBはハイレゾの曲を入れるとすぐ満杯になってしまって、持っていても余裕がないです。外付けのマイクロSDか何かをつなげられるとよいのですが。
また曲が入ったフォルダーの曲を全部聞き終えたら、次のフォルダーに自動的に移動する機能が大変気に入りました。これなら、CD毎にアルバム名のフォルダーを作って、その中に音楽を入れておけば、そのCDの曲の演奏が終わったら次のフォルダーに自動的に移ります。CD単位で曲が聞けるというのは、私はこれまで携帯音楽ではこういうやり方は全くしてきませんでした。あくまでプレイリストを作ってきてしまいました。フォルダー間の移動は、フォルダーモードにして曲を聞くときだけのようでして、プレイリストモードの時は、次のプレイリストには移動しないようです。
今後はどうしても、ZX1よりはX5の方を聞く機会が多くなりそうです。

-------------------------------------------------------------------
8月5日追記

複数のドライブを管理するとき、MediaMonkeyの画面の左側にあるメディアツリーを使います。その時、音楽と書いてある下にドライブ名が見えるし、更に下のほうにマイコンピューターがあって、その中にも同じドライブ名が見えます。どちらのドライブを使うのがいいのかようやく分かりました。 マイコンピューターの下にあるドライブ名を使うのが正解だと思います。
音楽と書かれた下にあるドライブ名をたどって、音楽の置いてあるMM1の一つのフォルダーを選択しても、右側の広い画面には、音楽ファイル名が現れず、空白です。
               
9月1日追記
マイコンピューターの上にある、リムーバブルディスクは、Windows10で、「クイックアクセス」、Windows8では「お気に入り」と呼ばれる、ショートカットアイコンのようです。「この画面には何も現れない」と書いたのは誤りです。こちらで管理しても、マイコンピューターの下にあるリムーバブルディスクで管理しても、どちらでもよいようです。

20150805_13_53_14mediamonkey_2

マイコンピューターの下にあるMM1のフォルダー名の一つをクリックすると、右の広い画面に楽曲名が現れます。したがって、マイコンピューターの下にあるドライブ名で管理するのが正解だと思います。

20150805_13_58_04mediamonkey

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30