無料ブログはココログ

« MediaMonkeyのPlaylistのバックアップについて | トップページ | MediaMonkeyで「次のアイテムの同期中に問題が発生しました」 »

2015年2月23日 (月)

MediaMonkeyとZX1の同期 プレイリストの重複表示

プレイリストのバックアップができることは、私のブログ2015年2月19日付けで書きましたが、また新たな問題が発生しました。
MediaMonkeyとZX1の同期を何度もとったことが原因なのかよくわかりませんが、同じプレイリストが3つも出来てしまう事例に遭遇しました。同期が終了して、ZX1の画面でプレイリストを見ますと、下の写真のように同じプレイリストが3つも表示されています。
200くらいあるプレイリストがすべてこのように重複しています。


Zx1


画面左のツリー表示のところに、「インポートされたプレイリスト」をクリックしてみたところ、何と、すべてのプレイリストが画面で見たのと同じように重複しています。自分ではプレイリストを意図してインポートした覚えはなく、なぜインポートされたのか、不明です。
対策としては、同期を取るときは、、「インポートされたプレイリスト」がないかあるかよく確認してから同期を取るしかないと思います。

20150221_16_22_28mediamonkey_2

------------------------------------------------------------
3月13日追記

MediaMonkeyもだいぶ慣れてきました。しかし上で書いたPlaylistがZX1の画面上で重複表示(同じPlaylistが3つも表示される)される事態は一向に直りません。
上で書いたような「インポートされたプレイリスト」がなくても重複します。下の写真のごとくです。重複していないPlaylistもありますが、200近くあるPlaylistの殆どでこういうことになっています。

Sousa_go

私はPlaylistを、MediaMonkeyのツール⇒スクリプト⇒全プレイリストのエクスポートで、バックアップをとってあり、バックアップしたPlaylistがあるので、それが重複の原因かもしれないと思い、エクスポートしたPlaylistを別のハードディスクに移動させ、またZX1の中のPlaylistを全部削除してから、改めて同期をとってみました。しかし結果は同じで、重複します。
そして、過去に、削除したPlaylistも画面上に現れます。やはりこれは、MediaMonkeyのデータベースの操作が必要ではないかと考えているところです。データベースのある場所
は次のとおりです。C:\Users\<USERNAME>\AppData\Roaming\MediaMonkey\MM.DB

このデータベースは、DB Browser for SQLiteというソフトで見ることはできるのですが、操作の仕方はまったくわかりません。

--------------------------------------------------------------
3月14日追記

MM.DBのファイルを別ドライブにバックアップをとり、C:\Users\<USERNAME>\AppData\Roaming\MediaMonkey\MM.DBにあるMM.DBファイルを削除してみました。すると、予想通り、MediaMonkeyのライブラリとプレイリストは全部消えました。プレイリストのデバイス上の重複表示を消すのは、MM.DBの中にあるPlaylistを操作するより他ないのでは、と思いました。DB Browser for SQLiteというソフトは、MM.DBの中のPlayListはエクスポートもできるし、インポートも出来ますので、試しにエクスポートしてみました。CSV形式でエクスポートされるので、EXCEL表となって現れます。これを見ても、どこをどのように直せばいいのか、さっぱりわかりません。
仕方がないので、私ができる最後の手段として、MediaMonkeyのファイル⇒「データベースのクリア」を行ってみました。音楽ファイルの置いてある場所のすべてのフォルダー、ファイルのバックアッップ、プレイリストのエクスポート(プレイリストのエクスポートは必ず行う必要があります)。あと、MM.DBの置いてあるMediaMonkeyのフォルダーのバックアップを行ってから、やってみました。おぼえがきのために作業工程を記載します。
プレイリストのバックアップは、MediaMonkeyの、
ツール→スクリプト→すべてのプレイリストのエクスポートで適当な場所に専用のフォルダーを作り、保存します。

作業の前に、C:\Users\<USERNAME>\AppData\Roaming\MediaMonkey\MM.DBの中身がどうなっているか、一応調べておきました。118,470KBありました。

118470kb_mediamonkey


ファイル⇒データベースのクリアで、まずこのダイアログが出ます。

20150314_21_56_20mediamonkey

はい、を押すと、ライブラリとプレイリストは全部消えました。すかさず、音楽フォルダーのある場所をファイル⇒「ライブラリにファイルを追加」で指定したところ、
わずか5分あまりで、全部の音楽ファイルがライブラリに載りました。同時にPlaylistも現れました。ただしPlaylistは、プレイリストの下層に、インポートされたプレイリストというかたちで、復元されました。

20150314_22_29_19mediamonkey

20150314_22_32_18mediamonkey

MediaMonkeyのMM.DBファイルは、22,470KBと、復元前の118,470KBから大幅に減っています。

22470kb_mediamonkey


このあと、デバイスと同期をとったのですが、ZX1のMusicフォルダーの中身のフォルダーと、Playlistを全部削除してしまうと、MediaMonkeyがデバイスを認識しないということが以前あったので、プレイリストだけ、デバイスから削除して、Musicフォルダーの中身は削除しませんでした。MediaMonkeyの動作を見ていたら、結局、デバイスにあるMusicフォルダーにあったデータはMediaMonkeyが全部消してくれました。そのあと同期作業に入りました。この同期作業は時間がかかりました。2.5時間程度かかったでしょうか。
この結果、Playlistの重複表示はなくなり、過去に削除したPlaylistも表示されなくなり、すっきりしました。
iTunesを使っていた頃、Brilliant ClassicsのMozart大全集CD170枚のPlaylistを雑に作っていたのを今回、大幅に修正しました。また私は、プレイリストはiTunes⇒MediaGo⇒MediaMonkeyと変遷したので、以前に作ったプレイリストがMediaqMonkeyのデータベースの中に残っていた、これらが、デバイス上でのPlaylistの重複につながったのだろうと思います。

-----------------------------------------------------------------------

flac形式24bit48KHzで作成した音楽を聞いていたら、出だしのところで、無音状態を3秒ほどとってから曲が始まるようにしていたのですが、無音状態がなくて、しかも最初の出だしがカットされて再生される、という事態に遭遇しました。また悪いことが続き、終わりの5分ほどが全くの無音状態になってしまいました。機械が故障したと最初は思いましたが、他の曲は聞くことができるので、原因が分からないのですが、データの一部が消えました。
家に帰って、その曲の波形を見ると、やはり最初の無音部分は無くいきなり途中から曲が始まり、最後の5分は波形がない状態でした。
私が持っているflac形式の曲すべてがこうした状態になっているのではなくて、50曲程度あるうちの5曲程度でこういう現象が見られます。

« MediaMonkeyのPlaylistのバックアップについて | トップページ | MediaMonkeyで「次のアイテムの同期中に問題が発生しました」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150691/61183861

この記事へのトラックバック一覧です: MediaMonkeyとZX1の同期 プレイリストの重複表示:

« MediaMonkeyのPlaylistのバックアップについて | トップページ | MediaMonkeyで「次のアイテムの同期中に問題が発生しました」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30