無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年10月

2011年10月 8日 (土)

ThinkPad X60SのハードディスクをSSDに交換(換装)

ソフマップの横浜店で、ThinkPad X60Sの中古品を28,000円で購入。ハードディスクでも重量がかなり軽かったが、SSDにすればもっと軽くなると期待して、換装してみました。重量は殆ど変化なしでしたが、パソコンの起動も、アプリの起動も大変早くなりまして、びっくりしています。衝撃にも強くなることが期待出来るし、これはすごい効果です。

換装に使用したSSDはIntel製SSDSA2CT040G310(SATA 40GB)という製品で、ヨドバシ横浜店で、約9,000円でした。

このパソコンの主目的は、ホットスポットでメールチェック、インターネット閲覧程度なので、40GBで十分と思って元のハードディスク60GBより減らしました。

何かの参考にと思って、換装手順を記載致します。

まずリカバリーDVDを作成しました。購入した中古品にはOSはインストールされていて、そのまま使える状態でした。

すべてのプログラム→Think Vantage→Create Recovery Mediaとたどり、リカバリー用のDVDを作成します。

このような画面が出ますので、DVD-Rを外付けの光学ドライブに入れます。結果的に3枚のDVDが出来ました(BootDisk、1C、Final C)

ハードディスクを取り外し、SSDを装着する手順は、にぽたん研究所
のサイトに詳しく載っていて、大変参考になりました。感謝しております。

私は、過去の経験から、BIOS画面にて、起動ドライブを「光学ドライブ」にして、光学ドライブに上で作成したBoot Diskを入れて起動すれば、復元出来るとまず思いました。SSDをフォーマットするのかな?ということも頭をよぎりましたが、結局フォーマットを指示される画面は出ませんでした(自動的にやってくれるのか?)

換装して、企業ロゴを出して、F1を押したら次の画面が出ました。ENTERを押した(普通はF2ですが、ThinkPadはF1のようです)。

Startupのところを矢印キーで白く反転させてENTERを押した。

そうしたら、Bootと出た。3番目に「光学ドライブ」の表示もある。4番目には、換装したSSDの表示もある。
私はここで、3を選ばず、4を選んだようです。

Yesが黒くなっていたので、Enterを押した。

このあとPCが再起動したかどうかよく覚えていませんが、結局下記のようなブルースクリーン(STPO:0X0000007B)となってしまって先に進むことが出来ませんでした。

Lenovoのサイトにヒントがないか探したところ、次のような記述があり、結局このヒントで、無事SSDへの換装に成功しました。

記事を転載させて頂きます。

記事のURL
http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/Sylphd03.nsf/jtechinfo/MIGR-69819

記事の内容

                  
Windows XP のシステムで起動時ブルースクリーンになり STOP エラー 0x7b または "Inaccessible Boot Device" が表示される - ThinkPad T60, T60p, T61, T61p, R60, R60e, R61, R61e, X60, X60s, X61, X61s, Z61t, Z61e, Z61m, Z61p, X300

現象
Windows XP Home または Windows XP Professional 搭載システムで インテル マトリクス・ストレージ・マネージャ・ドライバー (IMSM) が導入されていないと起動時に STOP エラーメッセージ 0x7b が表示されることがあります。

対象となる機種

Microsoft Windows XP Home または Windows XP Professional がインストールされている以下のシステム

  • T60, T60p, T61, T61p
  • R60, R60e, R61, R61e
  • X60, X60s, X61, X61s
  • Z61t, Z61e, Z61m Z61p
  • X300
解決策

ThinkPad の電源をオンにし、ThinkPad ロゴ画面にて F1 キーを押して BIOS へアクセスします。 Config -> Serial ATA (SATA) を選択し"SATA Controller Mode Option" を "Compatibility"に変更します。F10 キーを押し、表示された画面で "Yes" を選択し Enter キーを押し設定を保存し終了します。Windows が正しく起動されます。

Windows が起動した場合は、インテル マトリクス・ストレージ・マネージャ・ドライバーをインストールすることをお勧めいたします。

最新のインテル マトリクス・ストレージ・マネージャ・ドライバーは、ここをクリック してダウンロードしてください。

      

Lenovoの記載を実画面でご案内致します。

ThinkPad ロゴ画面にて F1 キーを押して BIOS へアクセスします。 Configが白くなっているので、ENTER 

Serial ATA(SATA)を選択して、Enterを押す。

SATA Controller Mode option をF5キーを押して「CompatiBility」にする。次にF10キーを押して「Yes」が選択されているからENTERを押す。

USBの光学ドライブをどの時点でつないだのか覚えていませんが、上で述べた3種のDVDのうちBoot diskをトレーに入れたところ、待望の下図が出ました!!
(起動ドライブを「USBの光学ドライブ」にしなくても、USBの光学ドライブから起動するような?!…)

画面が変わって、ここで動きがなくなり、困りましたが、画面の左にある「システムの復元」をクリックしたら動き始めた、ように覚えています。

後は、画面の指示通り操作すればよいですが、私の場合、途中でフリーズしてしまいましたので一旦強制切断して、再度電源を入れましたら、(よく覚えていないのですが)、うまいことパソコンの方で勝手に動いてくれました。

また、DVDを入れる順序ですが、'Boot Disk'の次は'1C'ではなく、'Final C'を入れるように促され、その後'1C'を入れ、最後にはまた'Final C'を入れるように促されました。

最後に「再起動」が促され、再起動後には無事WindowsXPが起動して、ハードディスクを丸ごとDVD3枚にバックアップしていたので、それらがそっくり復元されました。既に入れてあったアプリのソフトもそのまま動きました。

------------------------------------------------------------------------
2016年8月6日

SSD40GBの、この機種のリカバリーメディアを再度作ることになってしまいましたので、
まず、上に記載した、「Create Recovery Media」からリカバリメディアを作成しようと思いまして、実行したところ、「Think Vintage(TM) Rescue and Recovery(TM)始動CDイメージが正常に記録されました」というDVDメディアが1枚出来ました。1枚しか出来なかったので、たぶんこのディスクから、Cドライブのリカバリ領域を呼び出して、リカバリするのではないかと思います。

次に、すべてのプログラム→Think Vantage→Rescue and Recoveryと辿り、ここからDVDを作成したところ、4枚のDVDメディアが出来ました(Boot Disk,1C,2C,Final Cの4枚)。

リカバリー領域が容量の40GBのかなりの部分を圧迫しているので、このリカバリー領域を削除してみました。インターネット検索で調べたところ、コントロールパネルの、プログラムの追加と削除から、Rescue and Recoveryを削除すればいいという記事を発見しました。

確かに、この処理によって、40GBの容量のうち30GBの容量を使用していた内、10GBが削減できまして、約20GBの空きが確保できました。

最初に作成しておいた4枚のDVDで復元したところ、リカバリー領域は復元されず、OSとファイルが復元されました。約20GBの空きとなっていました。

これで気分が良くなって、X60Sの取説をダウンロードして読みました。この取説は、保守関係の取説でして、部品の取り外しとか、取り付けについて詳しく書かれていまして、X60Sの部品取りをして、製品に仕上げるといった場合に有効だと思いました。

この取説の中に、新しいドライバーが置かれているところのURLが書いてあり、その中に、Rescue and Recovery V4.23というのが2015年6月2日付けで登録されていたので、それをダウンロードしてインストールしました。

これがつまづきの元でした。リカバリーディスクを作成したのは、Rescue and Recovery V4.23より前の版だったのです。

私は欲張って、「購入時の状態」に戻そうとしました。それが出来ません。仕方がないので、Windowsを通常起動しようとしたのですが、通常起動も出来ない状態になってしまいました。

あせりまくり、リカバリーディスクがあるから、それでブートして、Windowsに戻せばよいと呑気に構えました。しかし、「バックアップと暗号化解除出来ないため、復元を実行出来ませんでした」というメッセージが出て来て、また焦りまくりました。

いりいろインターネット検索していたら、「Cドライブをフォーマットすればよい」という記事を見つけました。私はSSDにする前のハードディスクを外付けのハードディスクとして使っていて、そのハードディスクとSSDを交換して、SSDを別のPCの外付けドライブとして認識させて、フォーマットしました。

それから、SSDをPCに戻してから、DVD4枚でリカバリーしまして、これで解決しました。

これは、Rescue and RecoveryでDVDを作った版と、CドライブにインストールしてしまったRescue and Recovery V4.23の版が違うために起こったことです。

« 2011年9月 | トップページ | 2012年1月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30