無料ブログはココログ

« シュンランが咲いていました | トップページ | 春の野草観察ツァー参加 »

2011年3月31日 (木)

郵便局の「払込取扱票」への印刷について

「払込取扱票」への印刷を行いました。下図のものに必要事項を印刷です。


こういうものへの印刷は、Wordでも出来ると思いますが、位置決めに時間がかかりますので、シェアウエア、フリーソフトを使うのがよいと思います。

数種を試してみましたが、一番使いやすかったのは、かくかいさんが作成された、郵便振替払込票でした。KYOUFURIという名前が付いています。これはフリーソフトです。私の覚え書きのために使い方を書き残しておきます。

1)KYOUFURI.exeを開く
口座番号・加入者名のタブをクリックして、下図の右側の欄に必要事項を記入する。左側の上の方にある「赤と青の四角いアイコン」をクリックすると、振込取扱票の枠の中に載ります。



2)通信欄に記載事項があれば、右側の「通信欄」のタブをクリックして、必要事項を記入する。やはり上で書いたように、「赤と青の四角いアイコン」をクリックすると、振込取扱票の枠の中に通信欄の中身が載ります。
この際注意が必要ですが、何故か、右の通信欄に書いた一行の文章が、左の側に行方向に繰り返しで掲載されてしまう、という現象に遭遇しました。これを防ぐためには、恐らく行間を空ける、等、何らかの工夫をする必要があるのでしょう。


3)払込人を初めから印刷しておくと、支払う人の手間が省けますので、ぜひともこの印刷は必要でしょう。面倒なWordの「差し込み印刷」機能がこのソフトではいとも簡単に出来ます。
まず1「払込人連続印刷」タブをクリック
2のアイコンをクリックして、あらかじめEXCELなどで作成した住所録をCSV形式で保存したものを呼び出す。



4)上の「開く」アイコンをクリックすると、下図が出てくるので、あらかじめ作成しておいた、CSV(カンマ区切り)ファイルを選択して、「開く」をクリック。


5)下図のように、CSVファイルに入っているデータが読み込まれます。必要な事項は、郵便番号と、住所・氏名の3点だと思います。
〒のところが、下の列の2番目にあるので、2と指定。以下、氏名と住所を下図のように指定します。不要なところは、(なし)にします。


6)払込人情報を入れるときは、上記の操作が終わったら、「払込人」のタブをクリックして、フォントの大きさを決める必要があります。ここのデフォルト値はかなり大きくなっているので、下の青枠の10ポイントあたりにするとよいです。また払込人の郵便番号の大きさは固定のようです。
また、払込人を登録出来るようですが、やり方がよく分かりませんでした。上の5)で、払込者の名簿を全部読み込むことが出来たので、登録支払人のボタンのところは何もしなくてもよいようです(やり方をご存じの方がいらっしゃいましたら教えて下さい)。



7)「テキスト読み込み」というタブがありますが、これの目的は何かよく分かりません。上記の5)項で、必要事項が読み込めたので、ここは何もしなくてもよいのかもしれません?
一応私が考えた使い方を書いておきますが、ソフトの作者の方の意図と同じかどうかは分かりません。

①EXCELなどで作った住所録をテキスト形式で保存します。
②下図のように、テキストデータを読み込みます。


③右の白いカンバスの中にテキストデータが全部出ます。
④恐らく、一人一人選択して、「払込人住所・氏名」を押すのだと思います。一行のテキストデータは、左から、郵便番号、住所、氏名の順に並べておくとよいと思います。


⑤払込人のタブをクリックすると、④での操作により、一人一人の住所・氏名が入っています。左の「赤と青」のアイコンをクリックすると、払込人の住所・氏名が入ります。


7)項の操作は一人一人行う必要があると思うので、多数の払込人を印刷するときは適さないのではないか、と思いますが…作者の方の意図は別にあるのかも知れません。

« シュンランが咲いていました | トップページ | 春の野草観察ツァー参加 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シュンランが咲いていました | トップページ | 春の野草観察ツァー参加 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31