無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月 6日 (木)

関税がかからないことについて

最近必要にせまられ、アメリカからソフトを購入しました。69ドルでしたが、円高の影響もあり、日本円では5,000円程度で買えました。このソフトはダウンロード販売しかなかったので、そうせざるを得なかったのですが、関税がかからないのには驚きでした。いつの間にか日本も外国から物を購入する場合、関税がかからないようになっていたのですね(個人取引の場合だけかどうかは分かりませんが)。

同じころ、ドイツからもソフトを購入しました。このソフトはダウンロード販売はなく、パッケージになっていますが、399ドルでした。同じ商品は日本でも販売されていますが、44,000円位します。399ドルで、輸送費はゼロ(但し10日ほどかかる)で関税もゼロですから、まだ日本円での請求は来ていませんが、恐らく34,000円位で済みそうです。日本で買うより10,000円も安いので、本当に驚きました。
日本のお店で44,000円で売られている、と言っても、そのお店はその商品を仕入れるときは、399ドルより安く仕入れることが出来るのではないか、と思いますので、日本での価格は、今でしたら、諸経費込みでも35,000円程度の価格付けにしてもおかしくないのではないか、と思います。

今、円高ですが、消費者が個人的に買う食品などを見ると、コーヒーだとかジャムだとか、そうした身近な輸入品の価格は殆ど下がっていません。一番いい例がコーヒーです。私がよく買う輸入品を扱うお店は円高還元だとか言っていますが、200gで400円から500円で、この価格は円安のときから全く変わっていません。
企業の購買部門はまとめて大量に買うので、円高時には、当然値下げ交渉が出来ますが、個人が、そのお店に対して値下げ交渉など出来ません。競争の激しい業界なら当然円高還元というか、価格を下げますが、こうした嗜好品などの場合はなかなか競争原理が働かないのでしょうか、お店もそれをいいことに、値下げをしません。

しかし、コーヒーなど日常買う商品を毎回、個人的に輸入することはできそうもないので、当分お店の付けた値段で買うしかなく、ちょっと悔しいです。

JETROのサイトで下記のような記事を発見しました。「特例」というのは恐らく「関税ゼロ」のことではないかと想像します。

個人で商品を輸入する場合で、その目的が「個人で使用する範囲」と認められるものには、「特例」が適用されます。

日本語かな漢字変換システム(IME)について

最近パソコンのOSに、Windows7(64bit)を使うようになって初めて知りましたが、私が愛用しているJapanist2003という富士通のIMEが使えるには使えるのですが、新規にフォルダーを作るとき、フォルダー名を入れようとしますと、漢字かなが使えないのです。またソフトによりますが、日本語のファイル名を付けようとしても、漢字かなの入力が出来ないことがあります。
Japanist2003は、Windows7(32bit)までは対応していますが、64bitには対応していないようです。
JapanistというIMEは、富士通のOASYSワープロ時代(OAK)から使い慣れていることと、過去に打ち込んだことのある言葉が、最初の2~3文字を入れるだけで候補が出てくるというのが便利なので使い続けてきました。
残念ながら、Japanistを止めるしかなくなり、MS-IMEは使いづらいし、ATOKは有料だし、ということで、Googleの日本語IMEを使ってみようと思い立ち、インストールしてみました。使ってみて、非常に打ち込み易いし、候補が出てくるのは、Japanistと同じかそれ以上だし、無料で使えるし、Japanistにこだわる必要はないことが分かりました。候補が出てくる、というのは、インターネット検索でも同じことで、そういう技術がふんだんに使われているのでしょう。もしかしてJapanistの「候補を出す」機能を、Googleが買ったのかどうかは分かりませんが。
ワープロの黎明期に、日本語かな漢字変換をどういう方式にしようか、いろんな候補があって、現在の方式に落ち着いた訳ですが、「変換」というこの重要な機能のことはすっかり忘れられています。パソコンのおまけのように思われて、まあ、これは社会のインフラと同じで、普段は空気のようなものですが、何か事が起これば大騒ぎになる、ことと同じでしょうか。

2011年1月 4日 (火)

電子辞書 電子書籍 携帯電話…

最近、アメリカのあるサイトからパソコンのソフトを購入しました。使い方について分からない点があっったので、英語で質問をして、英語で解答を貰うというやりとりを数回行いました。その時に役立ったのが、電子辞書の中の和英辞典でした。遥か昔の学生時代の受験勉強などで文章の作り方は大体覚えているのですが、英語の単語とか、言い回しがすらすら出て来ません。和英と英和の電子辞書をフル回転させて何とか、相手に意志が伝わり、問題が解決したのは嬉しかったです。
また普段から重宝しているのが、電子辞書の広辞苑です。昔受験の時重い辞書を机の上でページをめくるのに苦労したのがまるでうそのように軽く、簡単に引けます。
こうしたことから、野鳥図鑑とか植物図鑑を、フィールドに出た時に、2~3冊も持っていくことは重くて持てないですが、電子辞書にこういうものが入っていたら、大変便利ではないか、と思うようになりました。
またテレビで、大河ドラマなどを見ていると、歴史的なことを知りたくなったり、ニュースでどこかの地名が出てくるとその場所を地図帳で調べたくなることがあり、今はいちいち本棚から本を取ってきて見る必要があるのですが、そうしたものが電子辞書に入っていれば、調べが大変早くなると思います。

今携帯電話でiPhoneなどのスマートフォンというのでしょうか、そういうものが売れているのも、インターネット上で簡単に検索できるからではないか、と思いますが、やはりインターネットに繋がなくてはならないので、検索にしばらく時間がかかるのが欠点といえば欠点だと思います。また高山植物などが見られるような場所は大体携帯電話が通じないことが殆どなので、携帯電話は万能ではないかも知れません。

ちょっと山渓の図鑑がどの位電子書籍化しているか調べたのですが、まだ緒についたばかりのようで発見出来ませんでした。これからぞくぞく出てくるでしょう。

図鑑などは電子書籍化すれば大変便利ですが、これを何で見るか、iPhoneなどの携帯電話、電子辞書、iPadのようなもの、などが挙げられると思います。一体どれが主流になるのか、これから目が放せません。3者並んで並走かも…

図鑑・書籍を自分自身で電子化して、何かに入れて持ち歩けないか、ということもふと考えました。

Sharpのサイトを覗きましたら、デジカメで撮った画像を電子辞書で見ることが出来ることを知りました。デジカメの媒体がSDカードなら見ることが出来るようです。しかもサイズが、5,000ドット×5,000ドットまでなら、自動的に電子辞書の画面サイズに縮小して表示してくれるようです。山で写した植物の写真がちゃんと写っているかどうか、気になりますが、宿に帰ってからとか、帰りの電車の中で見ることが出来るのは嬉しいことです。パソコンを持参では重くて実用的ではないです(2011年1月14日発売のPW-A7000は480ドット×320ドット表示なので、ピントが正確かどうかまでは分からないかも?)

上の取り消し線を付けたところですが、Sharpのサイトでよく見ましたら、MicroSDカードしか対応していないようです。ですから、携帯電話で撮った写真ならOKということでしょうか?

1月8日追記
MicroSDカード対応の電子辞書に、デジカメのSDカードを対応させようとするためには、「SDカードアダプタ+microSDカード」をデジカメに挿し、これで写真を撮って、あとで、microSDカードだけ電子辞書に挿せばよいのではないか、と思います。

オリンパスのデジカメE-PL1に、「SDカードアダプタ+microSDカード」を入れて写真を撮ってみました。撮ることに成功。それをパソコンで見たら見ることが出来ました。microSDカードだけを携帯電話にいれて再生してみましたら、データサイズが大きすぎて見ることが出来ないというメッセージが出ました。

2011年5月28日追記

SharpのPW-A7000を発売と同時に購入しました。結果は失敗でした。
まず重いです。今まで使っていた、モノクロの広辞苑、和英・英和が入ったものは軽かったですが、PW-A7000は電池を入れるととても重く感じます。
電子書籍の図鑑を一冊購入して実際にフィールドに持って行きましたが、太陽光が当たってよく見えませんでした。対象の植物が画面に出るまでかなり複雑な操作が必要でした。
ビューアーとしては画像が不鮮明で、ピントが合っているかどうかについては、カメラに付属の液晶の方がむしろ鮮明でした。
手書きパッドは、普通の手帳の方が簡単です。やたらに電池を食います。

やはり、電子辞書は、モノクロで、軽く、電子辞書単用のものが一番適している、というのが私なりの結論です。この辞書は、今は辞書の用途でのみ活用しています。
電子書籍分野には、現状ではとても使えません。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31