無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月 7日 (金)

小規模法人のWindows7のLAN設定について

私はあるNPO法人でボランティアで、その法人のホームページ作成、パソコンの各種設定、LAN構築などの業務をやっております。
LANですが、3台のデスクトップパソコンを有線LANでつなぎ、ノートパソコンは無線LANでつないでいます。下図のような接続になっています。モデムはルーター機能付き、有線LAN接続口4個付き、無線LAN対応のものです。



パソコンの役割として、そのNPO法人で作成した殆ど全てのデータは、メイン使用のパソコンに、「データ共有フォルダー」を作ってそこに入れるようにしています(本当はNASの大容量のハードディスクを買って、そこに共有データ類を入れる方法もあると思います)。

これまでメインで使用していたパソコンがWindows XPで、そのあとから、2台のWindows 7機を買いました。XP機をメインにしても構わないのですが、Windows 7のパソコンをメインとして、そこに「データ共有フォルダー」を置きたいという、所長の希望で、そのように変更することになりました。

XP機がメインであって、あとから購入したWindows 7は従であったときは、XPの「共有設定」は大変簡単だったので、簡単にLAN構築が出来ました。

しかし、ここに落とし穴がありました。Windows 7機がメインになりますと、
①他のパソコンにアクセスしようとすると、IDとパスワードを求める画面が出てきて、その先に進めない
②「共有設定」の仕方がよく分からない
という2つの問題に遭遇しました。

私はWindows 7機は携帯用のパソコンとしてのみ使っていまして、自宅で予習が出来なかったこともあり、私がパソコンを占有しますと、業務に支障を来すので、ネット検索しても時間ばかりかかるので、メーカーのサポートに聞きました。


①他のパソコンにアクセスしようとすると、IDとパスワードを求める画面が出てきて、その先に進めない。

この問題は、意外に簡単でした。スタート⇒コントロールパネル⇒ネットワークと共有センター⇒「共有の詳細設定の変更」をクリックします。


出てきた画面で、下の方にスクロールしますと、パスワード保護共有という項目がありますから、「パスワード保護の共有を無効にする」にチェックを付けますと、IDとパスワードを求める画面がでなくなります。



②「共有設定」の仕方がよく分からない

共有設定をするフォルダーのところを右クリックしますと、下図が出ます。特定のユーザーをクリックします(ホームグループというのは何のことか調べておりませんが、Windows 7の新機能のようです。これの予習をしておけばよかったと思っています)


下図のように、[everyone」と入れるのだそうです。
追加をクリックします。


下図のように、「読み取り/書き込み」の方にチェックを付けます。


デフォルトは「読み取り」なのですが、私はここに全く注意を払わなかったのです。無意識のうちに、デフォルトの「読み取り」のままにして、共有ボタンを押しました。

相手のパソコンの共有フォルダーが見え、ファイルも見えたので、私はこれで問題解決と思っていました。あとで、職員の方が「共有フォルダー」にアクセスして、ファイルを編集して、保存すようとすると、「読み取り専用」となってしまって、保存出来ませんでした。

この理由がさっぱり分からず、約60分間サポートの方とやりとりしました。
●ウィルス対策ソフトを終了して試してみて、と言われたので、その通りやったのですが、NG。

●他のソフトとの競合の可能性があるので、ファイル名を指定して実行のところで、「msconfig」と入れる⇒サービスタブ⇒microsoftサービスを隠すにチェック、全てを無効にチェック⇒スタートアップタブで全てを無効にチェック、を付けて再起動する。これにより、データの保存が出来るようなら、何かのソフトが競合している可能性があるから、そのソフトを探すようにとの提案があり、それをやってみたのですが、相変わらず保存は出来ませんでした。

●再度電話をかけて、万策尽き果てたところで、ようやく、「読み取り/書き込み」にチェックが付いていなかった、という単純ミスであったことが分かり、ようやく決着しました。その時は嬉しかったです。

しかし家に帰ってよく考えてみたら、ファイルの保存の時「読み取り専用」という文字が出る、という時点で、サポートの方の経験の蓄積があれば、瞬時にその理由が分かるだろうに、何か変な提案をされたのはおかしいと思いました。

Windows 7を導入している企業がまだ少ないからなのか、この種の問題は企業のシステム管理者なら容易に分かることで、サポートに聞くまでもない、ということかも知れません。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30