無料ブログはココログ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月27日 (土)

巨額の国債発行を毎年継続して続けられるか?

財務省のサイトに、国債について解説した20分程度の動画があり、これを見ました。財務省は当事者として相当な危機感を持っていて、この動画を作ったと思われます(ネット上で見直そうとしましたが、再発見できませんでした)。

平成18年度(2006年度)は、国家予算80兆円、うち税収50兆円、残りの30兆円は借金で、国債でまかなったようです。
年々借金額は増加の一途をたどっていますが、1990年頃のバブル崩壊以降、借金が増加を始めたらしいです。
きっかけは、アメリカ等への輸出攻勢で、日本に貿易黒字が一方的にたまり、アメリカから内需拡大が求められ、1990年代は巨額の公共事業費が投じられ、その結果、国の財政赤字が始まったということのようです。
公共事業は、その後見直され、最盛期の半分程度まで落ち込んだようですが、それに代わり、少子高齢化の進展その他で、「社会保障費」が大幅に増加しているということが分かりました。国の予算の大雑把な内訳では、平成21年度で、社会保障関係費(28.2兆円)、国債費(満期を迎えた国債借金の返済と利払い)(20.3兆円)、地方交付税交付金等(16.6兆円)の三大経費で全体の約6割以上を占めるということだそうです。

私は「年金」生活ですが、上記の「社会保障費」の中には年金は入っておらず、特別会計ということで別枠になっていることを財務省のサイトで知りました。

一般会計でも特別会計でも「国債償還費」という項目があり、一体どういう仕組みになっているか調べてみたところ、どうも、一般会計の支出から特別会計への繰り入れ(=特別会計での収入)という形をとっていて、実際の「国債償還費」というものの金額は、特別会計を見ないと実態が分からないということのようです(間違っていたらごめんなさい)。

下表は平成21年度一般会計と特別会計を併せた予算総額について財務省のサイトからの抜粋です。何と国債費が78.9兆円もあるではありませんか!!一般会計では約20兆円となっていますが、実際の国債費ははるかに上回る金額であるのに愕然としました(但しこの金額は新規に国債を発行する額ではなく、償還の費用・利子の支払いですが…)。

平成22年度の予算が組まれて、一体いくらの国債を発行しなければならないのかについては、一般会計の支出総額約90兆円、税収約40兆円とすれば、残りの50兆円を新規に発行しなければなりません。

恐らく、日本の少子高齢化、近隣諸国の経済発展による所得の平準化などもからんで、日本の国力がだんだん相対的に落ちてきていることから、高い経済成長を望むことは無理があり、民間の総資産が今以上に増加していくことはありえないといえるでしょう。これらのことから、年々50兆円もの金額を国債で賄うことは早晩できなくなる可能性が高いと思います。

やはり「まず隗より始めよ」ということで、公務員の天下り・渡りの根絶、天下りの受け皿になっている無駄な公益法人の見直し、定年65から民間並の60への引き下げなどの施策を行ったうえで、消費税の大幅な引き上げをやるしか生き残る道はないと思う次第です。ただ消費税の引き上げをやると、日本の民間需要が落ち込み、ひいては国の成長率に悪影響を及ぼし、税収が思ったほど上がらないというジレンマも併せ持っている劇薬かも知れません。

いずれにしても、国債が市中で消化できなくなれば、国債の価格が下落し、国債を引き受けている銀行が損失を被り、銀行が破綻すれば、我々の預金もパーになることは目に見えています。

国民みんなが考えるべき国難とも言える事態ですが、政治と金の問題ではなく、国民の生活に関わる問題優先で与野党で議論して貰いたいです。

(財務省のサイトで、いろんなことが分かりました。分かりやすく説明していて有り難いですが、一般会計の国債償還費と特別会計の国債償還費との違いを明快に述べてくれればもっとよかったと思います)。

2010年2月26日 (金)

ストレプトカーパス(イワタバコ科)の育て方について

ストレプトカーパスの"ハッピーデート"というピンク色の品種を2008年に購入しまして、育てていましたら、夏には花が咲きました。これは育てやすいと思っていたところ、2009年秋から、だんだん株に勢いがなくなり、葉が腐ったように垂れ下がり、秋も終わりの11月には、殆ど葉がないという状態になってしまいました。
サカタのタネの横浜反町のお店には、葉がこんもりと繁ったストレプトカーパスが展示販売されていまして、「葉に水をかけないことがコツ」と書かれていました。店員に何故葉にかけてはいけないのか質問したところ、「葉が腐るから」という返事でした。何故腐るのかについての原因は分かりませんでしたが、家では忠実にそれを守って、葉に水をかけないように、土が乾いたら根元にだけ水やりをしました。
その結果、下の写真のように葉が復活してきました。お店で販売されていたものは、もっと密に葉がついていて、その状態には遠く及びませんが、我が家の2月末の状態としては、上出来ではないか、と思っています。



2010年6月15日の状態
ついに一輪開花しました。蕾も沢山見えます。Img_2909

6月25日の状態。満開です。 2010_06_25streptcarpus_2

2011年8月30日

上記のピンクのストレプトカーパスは2010年の暑さは凌げず、結局枯れてしまいました。
その後別のを1鉢買いましたが、これも冬から春にかけてはよく咲きましたが、2011年の夏の暑さに負けたのか、元気な葉は1枚のみ、という惨めな状態になってしまいました。
クリスタルアイスという品種です。

Img_0825

       

2010年2月19日 (金)

文章を書いているとき、入力した文字があちこちに勝手に飛び、困った問題です。

掲記の問題については、タッチパッドを無効にすれば解決するようですが、私が使っています、HPのG61という機種ではコントロールパネル→マウスで、タッチパッドを無効にしても、飛ぶ現象が直りませんでした。
そこでコントロールパネル→システム→デバイスマネージャー→マウスとそのほかのポインティングデバイス→PS/2互換マウスとたどり、PS/2互換マウスを「削除」しますと、その時は文字が「飛ぶ」現象は収まります。
ところがパソコンを次に立ち上げますと、削除した筈のPS/2互換マウスが自動的に復活して、また文字が飛びます。
HPのサポートに聞きましたら、何とタッチパッドの先に小さなスイッチが付いていて、それを押せば、タッチパッドが機能しなくなる、ということを教えて貰いました。
これで「飛ばなく」なりました。

2010年2月13日 (土)

朝日新聞 朝刊 「財政泥沼 日本に懸念」との記事が掲載されました

記事では、
日本の国債残高が、2010年度末に637兆円に膨らみ、国と地方をあわせた長期債務残高は国内総生産(GDP)の1.8倍にあたる862兆円ある。
ここで、国債の金利が上昇はしていないのは、銀行が国債を買い支えてきたから、また日本の個人金融資産が約1,400兆円あることも信用を支えている。
しかし、「国際通貨基金(IMF)」は09年夏、日本の個人金融資産が横ばいだとすると、2019年には日本の債務残高は個人金融資産額を上回るという試算を発表した。
となっています。

-----------------------------------------------------------------

国の予算は、来年度ざっと、税収から約37兆円、国債から43兆円位となっていて、税収より国債発行の方が多くなっている。日本の総生産は近年伸びが少なく、貯蓄も減ってきていて、国内の個人金融資産で国債を消化しきれなくなる時がいずれ来るのではないか、と懸念します。しかし、国債依存を減らそうとしても、消費税を4年間は上げないという公約があり、また、景気や雇用が悪いため、政府は国債発行を減らす道筋、数値目標を描けないでいます。

消費税を上げるとしても、無駄の排除をやらないと国民は納得しないと思います。公務員の天下り制限がちっとも進まず、常識とはかけ離れた「高給」の引き下げも進みません。

景気・雇用に配慮すれば、財政はますます悪化の一途をたどりますが、景気・雇用をなおざりにすると、選挙で勝てないので、財政はますます逼迫する、という循環になっています。

国際競争は激しさを増していて、嘗てのようなJapan as No.1と呼ばれた時代はとっくに過ぎ去ってしまいました。
しかし、その成功の時代に出来上がってしまったシステムを変えることが何と難しいことか、歯がゆく思います。

トヨタ自動車は世界でNo.1の自動車メーカーになりましたが、今回の「不具合」の問題で特にアメリカから猛烈な反発を受けました。対応が遅いと思っていましたが、不具合の情報を全面開示して、品質のトヨタの原点に戻りたいとの言葉が出ましたので、私はこれでよかったと思っています。アメリカでのトヨタ自動車の説明にアメリカ国民が納得してくれればよいが、と心配しています。

国内の製造業が立ち行かなくなったら日本は食べていけません。トヨタには、是非歯を食いしばって、信頼回復に努めて欲しいと思います。

資本主義と社会主義の競争で、圧倒的に資本主義が勝ちました。資本主義は競争原理が働き、良い製品が生み出され、その結果豊かな生活がおくれるようになった反面、最近のグローバル化で、国と国の間でも競争となり、コストが高い企業は生き残れなくなっていて、これまで日本では終身雇用が当たり前であったのに、聖域であった雇用を維持できなくなって、失業者が出る、という時代を迎えてしまいました。
失業者に対しては失業手当てとか、生活保護費用を出す、また定年後の年金支給というような仕組みが資本主義経済の中にある(ビルトインスタビライザーbuilt in stabilizer)ので、そうした費用は社会保障費として支出することになります。資本主義が社会主義国家との競争に勝ったのは、純粋に競争原理が働いたからではなく、福祉国家として機能したからだ、と思います。

日本の現状は、この社会保障費が予算の中で最大の支出項目になっている筈です(詳しく調べた訳ではありませんが)。資本主義の長所が短所ともなり、日本の財政危機が目前に迫っているように思えてなりません。昨年のアメリカ発のリーマンショックが更に不況に輪をかけたようにも思えます。

経済もうまく成長させ、また財政危機も回避する名案はないものでしょうか。

2010年2月11日 (木)

半藤一利著 昭和史 1926→1945

何故300万人もの犠牲者が出た太平洋戦争が起きてしまったのか、その歴史を知りたくてこの本を読みました。
本の内容はさておき、私は⑴真珠湾攻撃にどこから出撃したのか、⑵ミッドウェーで決定的な敗北を喫したというその島がどこにあるのか⑶ガダルカナル島での敗戦を「転進」と発表されたようであるが、その島がどこにあるか、⑷アメリカ軍が島伝いに北上して攻撃してきて、玉砕したというサイパン島を含むマリアナ諸島がどこにあるのかこれら4つの事柄について、これまで地図で確認する、ということをしませんでした。

真珠湾にしても、ミッドウェー島にしても、ガダルカナル島にしても、日本からかなり遠く、飛行機で攻撃するにしても航続距離の問題やら、補給するだけでも大変なのに、兵站を伸ばしすぎで、本当に無謀なことをやってしまったと驚きました。
エトロフ島から、北緯40度、西経170度あたりまで航行してそこから真珠湾を攻撃したようですが、それを赤の点線で表示しました。

2010年2月 1日 (月)

民主党の議員には発言の自由がない、という新聞記事

最近の新聞では、民主党の議員、特に一年生議員には発言の自由がない、と書かれた記事が目につきます。
小沢幹事長が出演した12Chのカンブリア宮殿では、官僚任せではなくて政治主導であるべき、「官僚は誰も責任を取らない。責任の所在がはっきりしない。こういうことではいけない」ということをずーっと以前からって思っていたそうで、政権を取ったので、ようやくそれを実行に移すチャンスがめぐってきた訳です。
カンブリア宮殿で小沢氏が述べたことに、私は強く感銘を受けました。しかし、党内の言論の自由がない、というのはどうも引っかかります。
民主党を政権与党にしたのは小沢氏の力が相当寄与したことは言うまでもないと思います。「諸刃の剣」という言葉がありますが、人間はその人の長所が短所にもなります。豪腕を発揮して、党内をまとめる力があるがゆえに独裁的にもなります。
私も会社勤めをやってきましたが、社内で力のある人が独裁者のように振る舞うことをいやというほど見せつけられて、今では独裁という言葉を聞いただけで嫌悪感を抱きます。
民主党はとてもいいことを言っていますので、引き続き政権を運営して貰いたいのですが、党内の言論の自由がないということだけは、是非無くして欲しいと思います。いろんな意見が自由に出た方がいいのではないでしょうか。
しかしあまりにも沢山の意見が出ると、今度は「民主党は一体どういう政策をやろうとしているか分からない」とか、首相には「党内をまとめる力がない」とか言われるので、政治家は辛いですね。
でもやはり民主主義の世の中なのですから、政治家に発言の自由がないということだけは止めにして欲しいです。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30