無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月29日 (火)

PhotoshopCS2でホームページの背景(壁紙)を自作する方法です。 あらかじめ用意されているシェイプを利用します。

私の覚え書きのために記載しておきます。

まずPhotoshopCS2のファイルメニューから「新規」をクリックして、縦横120ピクセルの枠を作ります。「ビュー」メニューのズームインで少し大きくするといいと思います。

ツールパレットの多角形選択のところで右クリックして、「カスタムシェイプツール」をクリックします。あらかじめ沢山のひな型(シェイプ)が用意されていますので、下図のように例えば「すべて」をクリックしますとすべてのひな型が出ます。


気に入ったひな型を選択して、120×120ピクセルの画像の上でドラッグします(一度描いたものを手直しする方法は私は分かりませんでした)。

下図のようにします。shiftを押しながらドラッグしますと、縦横比が固定されます。


次にひな型の中に色を付けるために、下図のように「ベタ塗り」を選択します。


色を選択する画面になりますから、好みの色を選択します。


このように色が入りました。


ひな型の黒い枠をとるためには次のようにします


次に上の画像を複製します。


新規名称を決めます。「…のコピー」のままでも問題ありません


次に「スクロール」をクリックします。


この画面が何故でるのか、私には分かりませんが、OKをクリックします。


最初に120×120のカンバスを作りましたので、ここではその半分のピクセル数を入れます。


PSD形式でまず保存し、次にgif形式で保存すると、背景(壁紙)が完成します(PSD形式で保存するとあとで修正が出来ます)。



参考になったサイトはこちらにあります。

Photoshopで自分の好きな背景画像を作る方法『How to make your own patterns.』

2009年12月26日 (土)

モーツァルト四大オペラの映画を見て

恵比寿ガーデンプレイス内の東京都写真美術館で、12月5日から12月27日まで、モーツァルト四大オペラの映画が上演されていて、24日と25日に全部見てきました。
映画は便利です。舞台なら通常は1つしか見られませんが、2日で4作品を見られるのですから。
24日はまず「魔笛」です。監督はイングマル・ベルイマンという人で、私はよく知りませんが有名な人のようです。「魔笛」というオペラは映画向きではないような気がしました。ちっとも面白くないのです。三人の侍女が美人揃いなのに、そこに君臨する女王が何故悪人なのか、まずそこがひっかかります。またタミーノとパミーナが試練をくぐり抜ける場面も何かわざとらしくて、全く面白くなかったです。
最後の長い第21曲はさすがに聞かせ所で、ここだけは面白かったですが、夜の女王一味が地獄に落ちる理由も釈然としません。まあ筋書きはシカネーダーの台本から破綻していたのかも…
ザラストロの役をやった人がミスキャストだったのかも知れません。
魔笛はこれまで映画で2回見ましたが、どれも面白くありませんでした。
次は「ドン・ジョヴァンニ」でしたが、これは筋書きはまあまともで、映画向きだと思いました。モーツァルトの音楽とともに存分に楽しめました。
25日はまず「コシ・ファン・トゥッテ」でした。二組の恋人の男性を変装させて女性の貞淑を試すというような、設定そのものに無理があり、私はこの曲はこれまであまり聞いたことがなかったのですが、今回の映画は大変面白く、この曲を再発見しました。映画は筋を追うのが面白いですが、モーツァルトはその場面にふさわしい音楽をピタリと的確に作っているなぁ、と思いました。この曲は音楽だけで聞くのではなく、舞台か映画で見て聞くのが相応しいと思います。この映画では、ドン・アルフォンゾ(哲学者)役のパオロ・モンタルソロ、とデスピーナ(小間使い)役のテレサ・ストラータスが特によかったと思います。こんなにも美しい音楽が随所にあるなぁ、と本当に楽しめました。
次の「フィガロの結婚」はカール・ベーム指揮、ウィーンフィルの演奏で、配役も世界的な実力者揃いで、存分に楽しめました。

2009年12月14日 (月)

P.A.サムエルソン氏(P.A.Samuelson)死去

著名な経済学者のサムエルソン氏が13日亡くなられた。94歳だそうです。私の大学時代他の学部の学生が、分厚い英語の本を持って歩いているのが目につき、一体何の本だろうと目をこらしたら、ECONOMICSと書かれていた。何となく面白そうだったので、買いました。
英語の力もつくし、勿論経済学の知識も身につくし、すっかり虜になってしまいました。今では概略を書くことすら不可能になってしまいましたが、深い感銘だけは今も心に残っています。
心から哀悼の意を表します。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31