無料ブログはココログ

« Classical Midi Net 閉鎖? | トップページ | 「事業仕分け」3回目 »

2009年11月12日 (木)

行政刷新会議の事業仕分けで、「こども未来財団」が基金返納を求められた

来年度概算要求予算の無駄を洗い出す「事業仕分け」が進んでいます。
私はこれまで、予算などは手の届かないところで誰かが決めているとあまり疑問には思いませんでした。今回民主党は全く新しい観点で要求予算の見直しを始めたので、予算の使途について随分身近に感じるようになりました。大変結構なことだと思います。
今回は、「こども未来財団」というものが検討の俎上に上がりまして、新聞によると、何かの事業をしているようであるが、それに掛かる費用より、官僚OBの天下り役員の給与などの管理費の方が高いということで問題になったようです。
本日の夜7時のNHKニュースを聞いていたら、ここの役員の年収は1600万円位、ということで、殆ど何の役にもたたない財団を作って天下りの受け皿になって高給を食んでいたという事実が天下に公になった訳です。何となく「財団法人」とか「独立行政法人」いうものは「胡散臭い」とは感じていましたが…
これじゃあ、公務員は誰でも悪者というイメージがつきまとってしまうのはやむを得ないと言えそうです。

現在の日本は、国際競争にさらされて、企業は賃金の安い外国で物作りをすることもあって、国内の雇用は危うくなっています。来年度は税収も何兆円も減る予想です。景気の回復にもお金がいりますが、国家の赤字は850兆円にもなっていて、赤字国債の増発は許されない状況下ですから、やはり予算の無駄遣いをなくそうという流れが必然だったと言えそうです。
民主党には景気対策と赤字を増やさないという、二律背反の事態をこういう手法で乗り切ろうとしていると思いますが、私は予算が国民に分かりやすく、手の届くところにきた、ということをまず評価したいと思います。

今日のNHKニュースで「仕分け作業」に関し、自民党の偉い方は苦虫をかみつぶしたような顔つきをしていたのが印象的でした。

« Classical Midi Net 閉鎖? | トップページ | 「事業仕分け」3回目 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Classical Midi Net 閉鎖? | トップページ | 「事業仕分け」3回目 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30