無料ブログはココログ

« お祭の半券付きの抽選券作成(差し込み印刷)を頼まれました。Word2003でも、Word2007でもテキスト文字だけなら問題ありませんが、テキストボックスや画像を入れるとうまくいきません。 | トップページ | iTunesに貯め込んだ「ライブラリ」と「プレイリスト」はSonic Stage(x-アプリ)にそっくり写して、SONYのWalkmanに転送出来そうです。 »

2009年10月16日 (金)

寒蘭(カンラン)の作落ち、花芽がつかない失敗

2006年11月25日にサカタのタネ反町店にて、無名の杭州寒蘭を購入しました。寒蘭を購入したのはこれが初めてでした。価格は11,000円でした。
購入したときかなり大きな鉢に植えられていましたが、業者がこういう大きな鉢で育てたので、これが普通の大きさかと思って、小さな鉢への植え替えはしませんでした。
しかし、年々作落ちして、ついに2009年には枯れてしまいました。

2008年5月29日の状態。一番右が新芽です。年々作落ちしています。


2009年7月20日の状態。新芽が出ましたが全く伸びないのです。(この年の春に、小さい鉢に植え替えました。)


2009年9月3日。抜いてみたら、根が腐っていました。


我が家では、洋蘭栽培を主体にしていますが、東洋ランも好きで、春蘭を4鉢と、寒蘭を3鉢育てています。
春蘭の方は、花が咲き、作落ちもなく順調なのですが、寒蘭は3鉢全て作落ちしています。

何故寒蘭だけ作落ちするのか、インターネットで調べてみましたら、東洋ラン全般に、水やり過多にしてはいけない、如何に水やりを我慢するかが勝負の分かれ目だという記事がありました。

こちらの記事です。
http://siroutonoran.sakura.ne.jp/saibai.html

洋蘭にシンビジュームがありますが、これの栽培方法の本を読みますと、「シンビジュームは水が好き」と書いてあることが多く、寒蘭もシンビジュームの仲間ですから、私は毎日せっせと水やりしてきました。
培養土が、水苔なら表面を触って乾いていれば水やりをすればいいのですが、寒蘭は購入した時点では礫土(クレイベスト)に植えられていましたので、表面が乾いていても中は湿っていたのでしょう。
鉢が大きすぎて、なおかつ水やりを頻繁に行ったので、「根腐れ」を起こしたと推察されます。

この記事を書いた後に、更にウェブを調べましたら、寒蘭が作落ちする原因は病気とかカビによることもあると書かれていたり、また、水やりは多い方がいいと書いてあるサイトもあり、何だか分からなくなりました。
私は日本に自生するエビネも好きで、今年は開花している株を3鉢買いました。既に新芽が出ていて、作落ちするような感じは全くありません。

寒蘭というのは普通の素人には、育てるのが難しいのか、それとも丈夫な種類と弱い種類があって、それを見分ける眼力が私に無いためなのか、よく分かりません。
洋蘭では、私は大体強健なものを育てていて、難しいものには手を出しませんが、寒蘭というのは、洋蘭の難しいものと同じ範疇に入るものなのでしょうか?

2009年11月6日追記

寒蘭「桃里」を2007年に購入しました。2008年は新芽が2つ出まして、株は完成しましたが花芽は上がってきませんでした。

2009年の5月31日の状況です。新芽が一つ上がってきました。
090531004

この新芽があまり勢いよく成長せず、9月9日にバルブに付いた茶色の袴を取っていたら、すっぽりバルブが取れてしまいました。その時の写真です。取れたバルブの先に「新芽」のようなもの(赤丸を付けたところ)がありました。鉢を一回り小さいプラ鉢(CRANE33という名前が付いている)に植え替えました。
0909042

この「新芽」の観察を続けたところ、何と「花芽」でして、4つの蕾が付いています(11月6日撮影)
091106

購入した東洋ランのお店に画像を持っていって聞いてみましたら、本来なら葉になるべきものが、花芽に変化したのではないか、と言われました。
2009年に成長した株は、ちょっと引っ張っただけで簡単に取れてしまったので、2009年の成長もあまりよかったとは言えないような株で、しかもバルブが付いていないのに何故花芽が付いたのか、よく分かりません。

考えられるのは、鉢を一回り小さくしたことが、それまでと違う点でしょうか。我が家のような環境(関東地方のマンションの南向きの狭いベランダ)でも花が咲くということが分かっただけでも嬉しいです。

2010年11月7日追記

この寒蘭の開花はまさに「死に花」と呼ばれた花でした。2010年には全く新芽が出ず、枯れてしまいました。
今、寒蘭は2鉢ありますが、これらも、全て作落ちしています。いずれも東洋蘭用の一番小さいCRANE33というプラ鉢に、東洋蘭専用のクレイベストで植えました。栽培技術のコツが分からないのでどうにもなりません。この2鉢もいずれ枯れると思います。
我が家の実態は、日本春蘭も駄目です。中国春蘭は何とか開花します。

2011年4月1日

カンラン(チャボ)を2009年10月29日に購入しましたが、だんだん作落ちして、下図のように葉が茶色になって元気が全くありません。株の根が張っていないのか、グラグラします。
鉢はCRANE33というプラ鉢を使っています。

Kanran1

抜いてみたところ、生きた根は全くありませんでした。恐らく水のやりすぎで、根腐れしたものと思われます。日本シュンランとカンランは、同時に水やりをしてきましたが、日本シュンランより水やり頻度を少なくする必要があると思いました。
シンビジューム属は水が好きと昔読んだ本に書いてあって、その通りにやってきましたが、やはり水やりは本当に控えめにする必要がある、ということを実感しました。

Kanran2


一応根を切り詰めて、2号プラ鉢に入れました。芽吹くといいのですが。

« お祭の半券付きの抽選券作成(差し込み印刷)を頼まれました。Word2003でも、Word2007でもテキスト文字だけなら問題ありませんが、テキストボックスや画像を入れるとうまくいきません。 | トップページ | iTunesに貯め込んだ「ライブラリ」と「プレイリスト」はSonic Stage(x-アプリ)にそっくり写して、SONYのWalkmanに転送出来そうです。 »

蘭(ラン)」カテゴリの記事

コメント

 はじめまして。私は寒蘭をはじめ春蘭など、東洋蘭全般の愛好者です。ただし、蘭歴はそう長くなく4、5年程度です。上記の内容によりますと、寒蘭を大きめの鉢で植えられて、水を多めに与えたところ、根傷みが起こり、ついに枯らしてしまったとの事ですが、結論から先に申しますと、「寒蘭や春蘭は絶対に小さい鉢で栽培する事」です。私も初心者の頃、春蘭の小株を、大きい鉢の方が、自然の状態に近くて良かろうと、5~6号鉢で栽培したところ、見事に1年後には、根を全部腐らせて駄目にしてしまいました。その後、地元の愛好会に入会し、諸先輩方から教わりましたが、「小さい鉢でないと駄目」という事でした。事実、立派に花を咲かせておられる方は皆、どんな大株もキチキチの小さめの鉢で栽培しています。(こうすると花付きもよくなります)大鉢植えでは、鉢の中が滞水状態になりやすく、そのため根腐れが起こりやすいのではないでしょうか。寒蘭の展示会などでは、大鉢植えのものをよく見ますが、プラ鉢などで栽培したものを、高級鉢に入れて、その上から化粧砂や水苔で覆っている場合も多く、最初から大鉢栽培を行っている訳ではないようです。(私も展示会ではこうしています)寒蘭の栽培では、ほんの2条立ちくらいの株を4号の鉢に植え、翌年には花を咲かせました。また、東洋蘭に限らず、洋蘭も同様で、大きな鉢を嫌う品種がほとんどのようです。(シンビジューム、デンファーレなど)
 尚、根がボロボロになった株は、根元を水ゴケで包み、外側を新聞紙で海苔巻きのようにくるみ、輪ゴムをかけて置き、プラスチック製の網カゴなどに放り込んで日陰に吊るしておけば、新しく根が吹いてきますよ。根がダメになった春蘭や寒蘭、生育の思わしくない株はこうすれば蘇生します。たまに薄めの液肥を与えるのもよいでしょう。

比良廼家主人様

詳細なお書き込み有難うございます。
小さい鉢に植えることの大切さを懇切丁寧に書いて下さって有難うございます。
我が家の寒蘭は今1鉢だけになっています。この1鉢も全く咲く気配がありません(^_^;)

モモンガです。こんにちわ。寒蘭の育て方検索でたどり着きました。私も少し寒蘭を栽培し始めていますが、枯れはしないのですが、同じように大きな鉢で育てています。ちょっと心配になってしまいました。これから小さめの鉢への植え替えを検討しています。大変参考になりました。

モモンガさん

お書き込み有難うございます。
家では今カンランは育てていません。シュンランを育てています。シュンランも皆作落ちしています。
水やり過多が原因でないとすれば、用土(クレイベスト)が悪かったのかも知れません。難しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お祭の半券付きの抽選券作成(差し込み印刷)を頼まれました。Word2003でも、Word2007でもテキスト文字だけなら問題ありませんが、テキストボックスや画像を入れるとうまくいきません。 | トップページ | iTunesに貯め込んだ「ライブラリ」と「プレイリスト」はSonic Stage(x-アプリ)にそっくり写して、SONYのWalkmanに転送出来そうです。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30