無料ブログはココログ

« オキナワスズメウリ(沖縄スズメウリ)の花芽(蕾)らしきものがようやく出てきました。 | トップページ | 八ツ場(やんば)ダム 本体工事入札延期 »

2009年8月31日 (月)

衆議院議員選挙 民主党圧勝

今日は夜8時からNHKテレビで選挙特番をずーっと今まで見ていました。冒頭、出口調査の結果その他の情報を総合的に判断して、当選、当確を決めているという解説があり、その直後、開票が始まる前から民主党圧勝というアナウンスが流れたのが、大変な驚きでした。
出口調査というものは対象者が1,000人とかそういう数字ではなく、何十万人を対象としているというのも驚きでした。相当な人員を使って、またコンピューターを最大限駆使しているのでしょう。NHKの報道は底力があります。
さて今回民主党が圧勝した原因はいろいろあるでしょうが、私はやはり、国民から選ばれたのではない官僚達が、勝手に政策を決め、その結果に対して、誰も何も責任を取らない、退職したら、後任の官僚がその政策を引き継ぐという無責任体質にほとほと嫌気がさしているからだと思います。"官僚主導体質"を打破しようと言っていた民主党当選者が多かったです。
また天下り、渡りを繰り返し、莫大な退職金を貰って、何も恥じることがない官僚に対する怒りが一気に爆発したかも知れません。
民主党の政権獲得を見越して、駆け込みで大量の天下りを実施した破廉恥な行為、官製談合、官庁のOBが天下ったところに補助金だか何かの予算が付くということが平気でまかり通っていたこと等々、行政に対する不信感が鬱積していたのかも知れません。
民間が、リストラで苦しんでいるのに、公務員はそういう苦痛も殆どない、という本当に役人天国を作り上げてしまった現状に対する不満がマグマのように吹き出したのではないでしょうか。
今回の選挙は投票率が70%程度と高く、民意が十分反映されたと言えるでしょう。
景気、景気とお題目を唱えていた麻生首相は全く現状が分かっていなかったと言えます。財政出動で景気がよくなるという時代はとっくに過ぎてしまいました。1990年代にアメリカから内需拡大を求められて、公共事業をやった結果、国の膨大な借金が積み上がったらしいのです。そうした公共事業をやっても殆ど効果がなく、ケインズ政策は通用しなくなっています。ですからいくら景気、景気と言っても誰の心にも響かなかったと言えます。
また、グローバルな競争に晒されて、企業は工場を中国に移してコストを下げ生き残りを計ろうとします。国内の雇用は守れなくなっていて、民主党が政権を取っても、グローバルな競争にさらされているのですから、日本だけが甘い汁を吸うことは出来なくなっています。だれもが経済的に幸せになるということはどんなに良い経済政策を行っても、難しいでしょう。
それと、福祉に力を入れるといっても、国の生産力が上がらないと配分も限られる訳ですから、産業の活力をまず付けなくてはならないということも必須ですから、雇用を守らない企業を悪者にすることにも問題があると思います。共産党はお題目のように大企業は悪玉の筆頭で悪の根源のように言っていて、福祉、福祉ばかり強調していますが、これも聞き飽きました。麻生首相が景気景気と言っているのと全く同じように福祉福祉と言っていて、全く心に響きません。
問題山積ですが、誰もが満足する政策などはありえないのですから、民主党には、首相がテレビ出演して、こういう政策をやるから理解して欲しいといったようなことを分かりやすい言葉で喋って貰いたいと思っています。

« オキナワスズメウリ(沖縄スズメウリ)の花芽(蕾)らしきものがようやく出てきました。 | トップページ | 八ツ場(やんば)ダム 本体工事入札延期 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日本国チェンジの期限は中国がスーパーパワー超大国に変わるまでですか?

天蓋真鏡さん こんばんは

お書き込みありがとうございます。
私は学者とか政治家でもなく、ブログに自分の考えたことを書きつらねているだけですので、ご質問にお答えするというような偉そうなことはとても出来ません。すみませんがご了承の程お願い申し上げます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オキナワスズメウリ(沖縄スズメウリ)の花芽(蕾)らしきものがようやく出てきました。 | トップページ | 八ツ場(やんば)ダム 本体工事入札延期 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30