無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月30日 (木)

民主党のマニュフェストからいろいろ考えたこと

今回の選挙は民主党に追い風が吹いているようです。今回は民主党にやらせてみようじゃないかという雰囲気が感じられます。
しかし、そのマニュフェストを新聞で読んでみますと、いろんなものを無料化するという、何か自民党の「給付金政策」のことが笑えないような「ばらまき」ばかりで、私は失望しました。
国の借金が800兆円以上もあり、財源をどう考えているのか、本当にノー天気なことを言ってますね。無駄使いをやめれば何とかなるというような状況ではないでしょう。
赤字国債を更に膨らませれば、借金で首が回らなくなり、国債が債務不履行(デフォルトというのだそうです)に陥ったら、国債を買っている金融機関は倒産し、金融機関に預金している国民の財産価値はゼロになる…という恐ろしいことが起こるかも知れません。
今民間の資産総額は1400兆円位だそうですから、その内800兆円は結局国債を買っている、ということではないでしょうか(この辺は私がどこかで調べたということでなく、単なる想像です)。赤字国債を民間の金融機関が買わなくなったら、どうなるのか、予算が執行出来なくなります。こうなれば無料化の公約は結局実現しません。
私は今度の選挙はどの党に投票したらよいか、本当に迷います。
公務員の天下りが根絶出来るのか、不要な高速道路をストップ出来るのか、巨大なダム工事を止めることが出来るのか、無駄な支出を止めようとすると、その金で生活している人たちから猛反発を受けるでしょう、そういうことを乗り越えて「せめて借金を増やさない」という方向に向かえるのか、実力が問われます。
片や、今不況の真っ只中で、失業して、生活出来ない人も多くいると思います。要するに社会保障にかけるお金をどう確保していくのか、難問が巨大過ぎて、何か負けると分かって太平洋戦争をおこして破滅への道に進んだのと同じようなことが戦後70年にして起こるような気がしないでもありません。

ただ不思議なのは、マーケットに行くと、食料品は山のように積まれ、これらはみんな国民の汗と力によって産出されたもので、こういうものがちゃんと滞りなく供給されていて、そういう面から見ると今のところ経済が破綻を来すという兆候は全く感じられないというのも不思議なことだと思います。これは結局民主主義が機能しているからなのか、民間の活力が強いのか、行政がいいのか、政治がいいのか、なんだかさっぱり分かりません。
私は列車で夏に東北の山によく行きますが、新幹線から見る田園の美しさを見ますと、日本は本当によい国だとしみじみ思います。
なんだかとりとめのないことになってしまいました。

7月31日追記
経済活動の主体として、家計部門と企業部門と政府部門の三つがありますが、政府部門の借金が、家計部門+企業部門の債権となっていると言える訳でして、政府部門が国民の為に支出を増やせば、家計部門と企業部門が潤います。それが貯蓄に回ったり、国債の購入にあてたりするという循環になっています。
ですから、政府部門の赤字がどんどん増えても、家計部門と企業部門がせっせと消費やら貯蓄に回せば、民間の総資産も同時に増えるといえるのではないでしょうか。
このように考えますと、政府部門の赤字が増えても、その引き受け手の民間に活力があって、経済活動が正常に行われていれば、単に片方の赤字が他方の黒字ということに過ぎないのではないか、経済全体で見ればプラスマイナスゼロとなるのではないかとフト思いました。
政府がこんなに多くの借金を抱えて、尚且つ今は「円高」ですし、株式市場も平均株価は一時の8,000円から、10,000円まで持ち直していることからみても、日本経済の前途はそんなに悲観する必要もないのではないか、という見方も出来るのではと思いました。

2009年7月24日 (金)

WindowsVistaでの不具合2点

EasyCaptureというフリーソフトがあります。これは画像の上に文字、直線、矢印、矩形、丸、楕円などが書き込めて、大変重宝しています。WindowXPでは全く問題なく使っていましたが、Vistaで使いますと、画像は読み込めるのですが、メニューをクリックしますと、下図のように白いスクリーンだけが出て、ハングアップしてしまいます。


どのように解決してよいか分かりません。
--------------------------------------------------------
もう一つはこれもキャプチャソフトですが、「キャプラ」というソフトの問題です。このソフトは、画面の隠れた部分もキャプチャしてくれる優れもののソフトです。これもWindowXPでは全く問題なく使っていましたが、Vistaで使いますと、隠れた部分もキャプチャしようとすると、隠れた部分どころか、画面上で見えている部分の上半分位しか、キャプチャしません。作者のサイトのQ&Aに書いてありました。

Q:スクロールキャプチャしてもスクロールしてキャプチャされません。

A:スクロールキャプチャしても半分切れたような画像しかキャプチャされない場合があります。これはPCのハード環境によって起こる事象のようです。
ハードウェアアクセラレータを「なし」の方向へ目盛りを移動するとスクロールキャプチャが機能することがあります。 設定変更は、画面のプロパティの「設定」タブの「詳細設定」よりできます。

ハードウェアアクセラレータを「なし」…と書いてありますが私のパソコン(HP G61)では「ハードウェアアクセラレータの設定変更は許可されていない」となっていまして、どうにもなりません。

7月28日追記

私はあるNPO法人でボランティアでパソコンの講師をしています。授業は月一回で、その都度マニュアルを自分で作って用意します。
ということで、キャプチャソフトは必需品なので、少々お金をかけてでも私のVistaで使えるものを、とウェブを探しました。有料の方が機能が揃っていて、サポートもちゃんとしてくれるだろうと思いました。
見つけたソフトが、TabDeCaptureというシェアウエアで2,980円でした。シェアウェアなので、これまで私がXPで使ってきた機能は全て使えるだろうと、試しもせずに購入しました。
実際に使ってみましたら便利でなかなかよく出来ていると思いました。しかしここで問題が起きました。キャプチャした画面にテキストを入れる場面で、日本語が入らないのです。
私はIMEは富士通のJapanistというものを使っているのですが、これが対応していないのです。MS-IMEですとちゃんとテキストが入れられますので、JapanistとTabDeCaptureの相性がよくないということでしょう。キャプチャの時だけMS-IMEを使い、他のソフトを使う時にはJapanistに戻すなどどいう面倒なことは実際には出来ないことでして、TabdeCaptureを使うのは、折角お金を払ってもったいないのですが、止めることにしました。(Greenshotは画像ファイルを読み込む機能は持っていないようです。TabDeCaptureは画像ファイルを読み込むことが出来ます。また、IMEをJapanistからMS-IMEに一時的に変えることもそれほど面倒なことではないので、TabdeCaptureも併用しようと思います7月30日記)
どうしても使い勝手がよく、私のVistaにうまく対応しているソフトが欲しいので、更にウェブを探しましたら、Greenshotというソフトを発見しました。これは何とフリーソフトなのですが、直線、矢印、矩形、円形、楕円形、テキストと何でも揃っていて、テキストもJapanistが問題なく使えます。フリーズすることもなく、最初からこのソフトを知っていたら余計な回り道をしなくて済んだのに、ととても残念に思います。またこのソフトのいいところは、画面全体のキャプチャ、アクティブ画面のキャプチャか選択出来るのは勿論ですが、Printscreenのキーを押すといきなりトリミングを促す画面が出ます。この機能には驚くとともに、これは使えるなーと感嘆しました。トリミングしたい左上の位置で一度クリックしたまま、トリミングしたい右下のところで手を離しますと、見事にトリミングしてくれますから、全画面とかアクティブ画面とか考える必要がなく、とにかくPrintscreenのキーを押して全画面を出してトリミングすれば必要としている画面が出来上がります。本当に便利です。
ただ、ただ画面の隠れている部分もスクロールキャプチャしてくれる機能は付いていないようです。

今回の反省点
私はフリーソフトとかシェアウェアを探すのはVectorで探すのが一番と思い込んでいました。思い込みが激しいです。やはりVectorだけでなく、インターネットの大海に出て、広く探す必要があることを痛切に感じました。

英語版ではテキストは日本語は入れられないですね(^^ゞ

7月29日午後10時30分追記
どういう訳か分かりませんが、この時間にGreenshotでキャプチャした画像にテキストを入れてみましたら、ちゃんと日本語のフォントが出るではありませんか。Greenshotの日本語化のソフトではなく、英語とドイツ語だけの本家のソフトです。MS-IMEもJapanistもOKでした。うまくいく時と、いかない時があるのでしょうか?何とも不思議なものです。

2009年7月19日 (日)

北海道大雪山系トムラウシ岳と美瑛岳での遭難事故

10人もの犠牲者を出すという痛ましい事故が起こってしまいました。私もときどきこうしたツァーに参加しますので、身につまされます。
如何に夏山と言えども、凍死ということがあるのだと思い知りました。夏山を軽くみていたのでしょうか。
出発時には相当な風雨だったようですが、「取り止め」という決断が何故出来なかったのか、不思議です。夏山で「凍死」などどいうことが頭の隅にもなかったとしか思えません。私もそう思っていましたから。ガイドの方はそういう経験がなく、日程を消化することが優先してあせってしまったのか…
団体行動というものは、その時の雰囲気というか何か目に見えない力が働いてしまって、誤った決定がなされることがあると思いますが、やはりしっかり状況を見極める能力がリーダーに必要だということに尽きるということでしょう。

2009年7月 3日 (金)

ココログへの投稿がうまくいかない件

私は、ブログにアップロードするためには、ホームページビルダーV11からアップロードしています。楽にアップロード出来るからです。

6月30日に@NIFTYのココログの大きなメンテナンスがあり、その影響かどうか分かりませんが、普段通りアップロードしようとすると、「記事の投稿が完了しました」というメッセージがホームページビルダーに出たのですが、実際にはアップロードされていない、という現象に遭遇しました。6月30日以前にブログの内容は出来上がっていたのですが、メンテをやっていたため、その間のアップロードが出来なかったのです。メンテが終ったあと、アップロードしたという訳です。画像は12枚あって、ページ全体のサイズは500KB位でした。

@NIFTYにも、IBMにも、うまくいかない場合の対策が書いてありまして、全てやってみたのですが、うまくいきませんでした。それで、画像を一つ入れて新規作成でアップロードしますとうまくいきました。ということにヒントを得て、記事の新規作成で新しい画面を出して、作ってあったブログの文章と画像を全選択して、それをコピペで新規作成画面に貼り付けてアップロードしてみましたら、うまくいきました

何かのお役にたつと思いまして、投稿致しました。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30