無料ブログはココログ

« エビネとパフィオ | トップページ | ピクセルとは »

2009年3月31日 (火)

パソコン価格の新たな動向について

大手の量販店へ見に行く度にパソコンの価格の動向を見ています。
台湾のメーカーが5万円パソコンというジャンルを切り開いてくれたおかげでパソコン全体の価格が下がってきたのは大変有り難いことです。
しかし、画面が小さい、画質が落ちる、キーピッチが狭くて打ちづらい、CD/DVDドライブが付いていない、という欠点があります。
ここへ来て、国内の大手メーカーも従来製品の価格を下げてきているので、ちょっと奮発すれば、画面が広く、画質もよく、キーピッチが広く打ち易い、CD/DVDドライブが付いているものが買えます。1台目のパソコンは、どうみても、国内製品を買うでしょう。
またSONYのタイプPのような、5万円パソコンのジャンルの位置づけとはちょっと違った、デザインが良く、キーピッチが広く打ち易く、軽くて持ち運び易く、画質がよく、解像度が1600ピクセルもある優れたものが出て来ました。
そこで、私の得た個人的な感触ですが、国内大手メーカーの生きる道が開けてきたことがまずあげられます。それとSONYのタイプPのような優れた製品が生み出されたように、日本の底力・活力はまだまだ捨てたものではない、と思いました。
ただ台湾メーカーもSONYのタイプPのようなものを、10万円ではなくて、4万円とか5万円で提供をするようになれば、また脅威でしょうけど。
やはり、資本主義のいい面は、お互いに切磋琢磨して、良い製品を生み出してくれるというところにもあるのではないか、と改めて認識しました。

« エビネとパフィオ | トップページ | ピクセルとは »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150691/44521104

この記事へのトラックバック一覧です: パソコン価格の新たな動向について:

« エビネとパフィオ | トップページ | ピクセルとは »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30