無料ブログはココログ

« 鎌倉広町の森 散策 | トップページ | エビネとパフィオ »

2009年3月28日 (土)

液晶フード(シェード)を作ってみました。

コンパクトデジカメで植物の写真を撮る場合、日光が液晶に当たり、画面が見づらくて構図の決定がうまくいきません。そこで液晶フードを探しました。
最近どういう訳か、液晶フードが販売店に置いてないです。ウェブにはいろんな種類があります。その中に、ユーエヌという会社の下記の製品が目にとまりました。
モニタリングPRO ストラップ付き
一眼デジカメ、コンパクトデジカメの3インチモニター対応液晶モニター確認ルーペです。撮影した画像の写り具合や白トビをより鮮明に確認できます。又、日差しの強い野外でのピント確認も迅速にできます。手元にあると大変重宝するアイテムです。クオリティーの高い写真を追求する方に特にお勧めです。
UNX-8506:オープン価格 (推定実売価格:3,980 円)
JAN
コード:4907822085061
 

形状は下図の通りで、「シリコンゴム」で作られています。これは用途としては「ルーペ」として主として使うように設計されているようですが、写真を撮る時の液晶フードとしても使えそうです。

ところが、これを液晶面に当てて対象物を見ますと、ピントが合わないのです。少し離すとピントが合いましたので、カメラとフードの間に物を挟んで長くすることにしました。
ホームセンターでまずゴム製品を見たのですが、どうもうまいものがなく、木材を探しましたら、とても軽いバルサ材がありましたので、それを使うことにしました。
下図の通りです。バルサ材と、シリコンゴムの接着は、セメダインの「スーパーXクリア」というシリコンゴムにも対応している接着剤を使いました。


次にフードをデジカメに固定するために、髪の毛を束ねるゴム紐を使いました。
黒いゴム紐を使いましたので、カメラの色と区別するため、黄色で見易くしています。


これは裏面です。


前面です。レンズ面、AF補助光を出すところ、フラッシュ、ファインダー部には何とか紐がかからないようにしました。


これで一応完成です。問題点は、普段はフードがかさばるので、カメラから外すのですが、上記の方法ですと、カメラのストラップが邪魔して、分離できません。カメラのストラップの外からゴム紐を回すように改善をするつもりです。

« 鎌倉広町の森 散策 | トップページ | エビネとパフィオ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150691/44487909

この記事へのトラックバック一覧です: 液晶フード(シェード)を作ってみました。:

« 鎌倉広町の森 散策 | トップページ | エビネとパフィオ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30