無料ブログはココログ

« 浜 矩子著 岩波新書 「グローバル恐慌」を読んで | トップページ | 障害者自立支援法 »

2009年3月 6日 (金)

ココログで、記事面の横幅がどこまで広げられるか、について

私の叔父がココログをやっていまして、リッチテンプレートの中から気に入ったテーマを選び、写真を掲載しています。投稿はホームページビルダーから行うのが簡単なので、それでやっているのですが、大きな写真を掲載しようとすると、右側が切れてしまいます。
そこで相談を受けました。
結論から申しますと、ココログでリッチテンプレートを使いますと、下図の赤枠で示した通り、横幅が固定になりまして、可変にすることが出来ないことが分かりました。



それで、横幅を広げるにはどうしたらよいか、サポートに聞いたり、ココログ上でいろいろ試してみまして、ようやくやり方が分かりましたので、私自身の覚え書きのために書き留めておきます。

リッチテンプレートが使えないので、ではどうするか、操作方法です。

1.ココログの自分のサイトに入り、デザインタブ→「新規テンプレートの作成」を選びます。ウィザードに従って4番目まで来ますと、テーマを選ぶ画面が出ます。「ココログオリジナルテーマ」は私は試していないので、分かりませんが、カスタム・テーマを選びますと、下図では「ページ全般の設定」の中央列が400ピクセルになっていますが、これを「可変」に変えられます。



2.上で「ページ全般の設定」の下の「編集」ボタンをクリックすると、中央列の横幅がいろいろ変えらますので、「可変」を選びます。


ここでその他いろいろカスタマイズして、保存とか、反映とか、いろいろボタンを押して設定します。デザインを自分で決めなくてはならず、リッチテンプレートより面倒ですが、横幅がある程度大きくなりますので、最初から大きな画像を入れたいという人には好都合です。
ただ問題もあります。見る人のディスプレイの大きさにもよりますが、800ピクセル、900ピクセルといった大きな画像を入れますと、右列が写真に押されて画面から見えなくなってしまい、体裁が悪くなります(右列を作らない方式でもよいと思いますが私は試しておりません)。
大きな画像を入れるといってもせいぜい700ピクセル位までしか入れられないと思います。

また、ホームページビルダーから入れようとすると、ホームページビルダー上でのココログの画面が下図のように変な配置になります。700ピクセル位の画像を入れますと、バックナンバーと書いてある右列の帯の下に写真の右側が隠れてしまいます。



ちなみに、ココログでデザイン変更したら、ホームページビルダーの赤矢印の「サーバーから取得」をクリックして、デザインを取得する必要があります。
(ブログメニュー→ブログ設定と辿ります)

« 浜 矩子著 岩波新書 「グローバル恐慌」を読んで | トップページ | 障害者自立支援法 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150691/44261480

この記事へのトラックバック一覧です: ココログで、記事面の横幅がどこまで広げられるか、について:

« 浜 矩子著 岩波新書 「グローバル恐慌」を読んで | トップページ | 障害者自立支援法 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31