無料ブログはココログ

« Yahoo!の検索結果に表示させる方法 | トップページ | SSW(シンガーソングライター)で着メロの作成 »

2009年2月11日 (水)

@NIFTYのメールボックスで、自分から人に宛てて送信したメールを自動的に自分宛にも着信させる機能(送信メールの控えを自分宛に送る)がありますが、この機能がうまく働かないときの対処の仕方について。

最近、OutlookExpressV6で、自分からの送信済みメールを自分の不注意から全部消してしまいました。ごみ箱から消してしまったものでも、データリカバリとかファイナルデータというようなソフトで復旧出来ると思って試してみました。
しかしいずれも失敗に終わりました。またOutlookExpressでは、メールデータは***.dbxというファイル形式になっていまして、このデータ形式のファイルを破損から復旧出来るソフトが幾つかあることも、ウェブで知りました。

今回対策としまして、自分から送信したメールは自動的に自分の着信ボックスに入れることが出来る機能が、@NIFTYにあることが分かりましたので、この機能を使わせて貰うことにしました(@NIFTYの着信ボックスは容量が2MBあり、かなり貯め込んでもびくともしない容量ですが、発信メールというものは、自分でバックアップするしか防衛策がありません)。

この機能は、送信時に、いちいちCC:で自分のアドレスを入れなくても自分宛に帰ってくる機能です。

(新たに分かったことですが、この機能は、自分のパソコン上のメールソフトを使って発信する場合は、自動的にメールソフト上の自分宛に発信メールの控えは返ってきません。また、@NIFTYのメールボックスにも発信メールの控えは入りません。2009年3月26日)

@NIFTYのトップページにメールの入り口があります。


IDとパスワードを入れます。


機能設定から、メール設定のところをクリックします。送信時設定のところで、「送信する」にチェックマークを付けますと、自分に控えが戻ってくるようになっていまして、なかなか便利な機能が付いていることを知りました。



送信時設定で、下図の通りに設定します。


ところが、この機能が私の場合全く働かず、@NIFTYに電話で質問しました。そこで解決しましたので、参考迄に書き留めておきます。
まず、「迷惑メール対策設定」で、「設定変更」をクリックします。


詳細、迷惑メール対策のところをクリックしますと、「セーフリストを編集する」というボタンがありますから、それをクリックします。


「追加」のボタンをクリックしますと、メールアドレスを入れる画面になりますから、自分のメールアドレスを入れて、保存をクリックします。これで、私の場合は、発信メールの控えが着信メールボックスに入るようになりました。
@NIFTYのサポートの方が言っていましたが、何らかの原因で、着信ボックスからハジかれてしまったようです。

« Yahoo!の検索結果に表示させる方法 | トップページ | SSW(シンガーソングライター)で着メロの作成 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Yahoo!の検索結果に表示させる方法 | トップページ | SSW(シンガーソングライター)で着メロの作成 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30