無料ブログはココログ

« Asus Eee PC-901に別のキーボードを被せました | トップページ | ベートーヴェンの第九演奏会を聞きに行ってきました »

2008年12月28日 (日)

外字エディタでの外字の作成とその外字をプレゼン用ソフトに載せるまでの経緯、そしてPDF画面にも乗せることに成功

外字エディタで外字を作成しましたが、この外字をStar SuiteのImpression(プレゼンテーション用ソフト)の文字入力から入れようとしましたら、「◆」形の形が現れるだけで、入れることが出来ませんでした。

私自身の覚え書きのために、覚えている範囲で書き留めておきます。
問題の外字は、「」という漢字です。この字の作り方ですが、忘れている部分は省略しています。

スタート→すべてのプログラム→アクセサリ→外字エディタの順にクリックして、外字エディタを開きます。示偏のある漢字を外字エディタの上に呼び出します(やり方は忘れましたが、コードNoか何かを探して、入れたようです)。次に「消しゴム」で右側の旁(つくり)の部分を消します。下図のようにします。ここで一旦記憶させたかどうか、覚えておりません。



次に、右側に、「郎」の漢字の右側の部分のある漢字を出して、左側を消します。


「参照」をクリックしますと、下図のようなダイアログが出ますので、「コード」のところにコードを入れて、OKをクリックしますと、合成したい漢字の部品が横に並びます。




赤矢印のところに、「長方形の作成」ボタンがありますので、クリックします。


長方形選択ツールで、下図の右側の通り選択して、左側にドラッグします。


ドラッグして、マウスを離します。


出来た外字を、「コードを変更して保存」で保存します。これで外字が出来ます。


最初に書きましたが、この外字をStar SuiteのImpression(プレゼンテーション用ソフト)の文字入力から入れようとしましたら、「◆」形の形が現れるだけで、入れることが出来ませんでした。焦りました。例によってウェブを調べましたら、私には意味がよく分からない記述が沢山出てきましたが、その中で、下記のサイトにこのような文章がありました。これだけは意味が理解できましたので、これを試してみました。

当面は、コントロールパネルの「フォント」からOpenSymbol (OPENS__.TTF)を他の場所へ移動させてしまう。という回避策がとれそうですが。。。
http://search.luky.org/oo/openoffice.2005/msg01138.html

「フォント」というものは、Cドライブの中の、Windowsの中の、「Fonts」と書いてあるところにあります。ここを探しましたら、OpenSymbol(TrueType)というアイコンがありました。


このアイコンを削除してしまうのは、怖くて出来ませんでしたので、次のように、Fontsフォルダーの中に、新しいフォルダーを作って、その中にOpenSymbolを移しました。



これで、プレゼン用のソフトにちゃんと載りました。

追記(2009年1月3日)

めでたく、Star SuiteのImpressionに外字が載り、これで一件落着かと思いました。

このファイルの用途は、ある絵画のサークルの展示会に出展したおのおの方の力作を一枚づつ写真に撮ったものを、A4一枚に約6点の写真を掲載して、写真集アルバムとして、出展者に配ることを目的にしておりました。

試しに印刷をかけてみました。私のプリンタはEPSONのPM-A840です。ところが、印刷した結果、縦横に格子状の縞が入るのです。下図です(展示会場の全景を写した時の、壁から床面の部分をトリミングしたものです)。
Img1181

最初は、プリンターの問題かと思いました。でもノズルチェックも、ヘッドクリーニングも全く問題がありませんでした。もしかして、ソフトの問題かとふと考えました。そこで、StarSuite Impressionには、「PDF出力」の機能がありますので、PDFファイル形式で出力して、それを印刷しましたら、格子縞は入りませんでした。下図です。少し格子縞がありますが、これは拡大していますので、A4の用紙に普通に印刷すると、滑らかに見えます。実用レベルでは問題ありませんでした。
Img1191

PDFで印刷することで問題は解決したかに見えましたが、新たな問題が起こりました。「」の字が、PDFファイルでは見えなくて、その字のところだけ空白になっています。
ウェブでいろいろ検索しましたが、分からず、仕方がないので、その外字だけ画像化してPDFファイルに乗せることにしました。

尚「」の字は、Windows Vistaでは、Wordファイル、テキストファイルには、キまたはギと入力しますと、外字を作らなくても入ります。しかし、StarSuite Impressionで、「」を呼び出して挿入しますと、「祁」という字に変わってしまいます。やはりVistaでも外字を作る必要があります。またVistaで外字を作って挿入して、PDFファイルとして出力しますと、やはり入りません。

追記(2009年1月4日)
StarSuite Impressionで、「ファイル」メニューで、「出力」という項目があり、これで、画像が保存出来ますので、jpgで保存して、印刷してみました。画像はうまく印刷できましたが、文字が滑らかではなく、これもダメでした。

また、「」の字を画像で保存して、PDF画面に貼り付けて、新たなPDFファイルを作りまして印刷してみましたら、画質が落ちました。PDFというのは、別名で保存する毎に画質が落ちるような仕様なのでしょうか?

何か分からないことだらけです…

追記(2009年1月4日)
いろいろ試してみて、全部ダメでしたので、かえって検索の目標が定まりました。「PDF 外字」で検索したところ、PDFで外字を乗せるやり方が書いてある場所を見つけました。
http://oooug.jp/faq/index.php?faq%2F4%2F877

ike@九州 (2008-02-06 16:45:58 (水))さんが詳しく解説されています。このやり方で出来るとの確信を持ちました。結局この方のやり方でPDFの画面に「」の字を乗せることが出来ましたが、どういう操作によって出来るようになったのか、定かではありませんが、覚えていることを書き留めておきます。

1.コマンドプロンプトでEUDC.TTEをEUDC.TTFとしてコピーしておく事
copy /y c:\windows\fonts\eudc.tte c:\windows\fonts\eudc.ttf

この記載の通りにしましたら、「一個のファイルをコピーしました」と出ました。

Help001_2

2.writer起動でフォントの中にEUDCが存在する事

私の場合はImpressionでしたが、どこにもありませんでした。

3.writerで入力する際、日本語入力IMEパッドの文字一覧>シフトJIS>外字から挿入するもしくは、挿入>記号と特殊文字からEUDCフォントを選んで挿入

ここは、”挿入>記号と特殊文字から EUDCフォントを選んで挿入”を試してみました。
Help006

恐らくこの操作が成功のカギだったのではないかと思います。PDFで、外字を乗せることに成功したわけですが、どういう仕組みになっているのか私は全く分かっていません。ike@九州さんに感謝します。

尚、EUDCの略語の正式名称は、end user defined character (規定外の文字[外字]、エンド・ユーザ定義文字)だそうです。

追記(2009年1月5日)
またまた困ったことが起きました。本日PDFファイルを印刷してみましたら、画像に格子状の縞が見えるのです。1月3日の追記では、PDFでは問題なく印刷出来たのですが、今日はPDFでも格子状の縞が入りました。
たまらず、EPSONのサポートに電話して聞きました。Wordの中に画像を入れて印刷したらどうなるか、試して欲しいと言われましたので、その通りしましたら、Word2003でも格子状の縞が入りました。EPSONでもこういう事例は無かったのでしょう。
私も、プリンターの問題ではない、と思いました。

実は家にはWindows Vistaのデスクトップパソコンがあるのですが、普段はあまり使っておりません。今回の問題もWindowsXP機で起こった問題でした。
プリンターは、プリントサーバーでXPとVistaで共有で使っています。
試しにVistaでPDFファイルを印刷してみましたら、何と全く問題なく印刷出来ました。格子状の縞など全く入りません。あれほど苦しんだのが嘘のようでした。
何故XP機だと、縞が入るのか、全くの謎です。

2010年3月2日(追記)
格子縞に関することですが、パソコン本体と、プリンタを直結していて、プリンタードライバーが正しくインストールされていれば、まず格子縞は入りません。

パソコン本体とプリンターの間に、プリントサーバーとかプリンター切り替え器がはさまれていると、起こる問題のようです。個人向けのプリンターのドライバーはパソコン本体とプリンターが1対1接続されることを前提にして設計されているようなので、複数のパソコンで1台のプリンターを使うと、格子縞が入るようです。
その場合でも、複数のパソコンの内、格子縞が入らないで印刷出来るパソコンが1台は必ずある筈ですから、そのパソコンを使って印刷するしか方法はないと思います。

プリンターがネットワーク対応でしたら、プリンターサーバーをかましても問題は起きないだろうと思います。

« Asus Eee PC-901に別のキーボードを被せました | トップページ | ベートーヴェンの第九演奏会を聞きに行ってきました »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150691/43558370

この記事へのトラックバック一覧です: 外字エディタでの外字の作成とその外字をプレゼン用ソフトに載せるまでの経緯、そしてPDF画面にも乗せることに成功:

« Asus Eee PC-901に別のキーボードを被せました | トップページ | ベートーヴェンの第九演奏会を聞きに行ってきました »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31