無料ブログはココログ

« Paypalをかたるフィッシング詐欺メールが来ました。 | トップページ | レンタルサーバ 「さくらインターネット」というのは安いうえに通信品質もいいようです。 »

2008年12月 2日 (火)

メモリーチェック(Memtest86)について

私の友人が、自分で作ったのではない自作パソコン(BTOパソコンかも…)を使っているのですが、最近、突然ブルースクリーン(青い画面)になって、全く無反応になり、再起動すらしないでそのまま固まっていて、CTRL+ALT+DELETEを押してもうんともすんとも言わないので、電源を強制切断するしかないという状況になり、私が助けを求められました。

ハードディスク、メインメモリー、マザーボード、CPU、電源、ドライバー、あらゆる部品・ソフトが怪しい対象になってしまいます。原因の切り分けは、私のような素人では歯が立ちません。

まずデータ類は全部、外付けHDDにバックアップを取り、WindowsXPの「上書きインストール」をやってみました。しかしこれでもブルースクリーンになります。

ハードディスク・チェックは、フリーソフトの「SmartChecker Mini」があり、これでやろうとしたのですが、「SMART無効」と画面に出まして、チェックは出来ませんでした。作者のサイトのQ&Aで探しましたら、BIOSのSMARTが無効になっているので、有効にするようにとの回答がありました。これはまだ友人に試してもらっていません。

次にメモリーチェックですが、ウェブ上で探しますと、こういうサイトがありまして、親切に書かれています。「Memtest86」というフリーソフトを使って、FDDかCD-ROMからブートして使うのだそうです。ここではB's Recorder GOLDを使って、CD-ROMを起動ディスクとして使うための作り方も書いてありまして、その通りにやろうとしたのですが、そのサイトの説明にあります、「トラックとして登録」という文字列がどうしても現れないのです。私の持っているのは、B's Recorder GOLD 9 BASICというもので、どうもこれは、やり方が違うようです。「memtest.iso」というファイルを、左下の場所(この場所を、トラックウェルというのだそうです)にドラッグアンドドロップするだけの操作で、「トラックとして登録」という機能が働くようです。



これをやってすぐ、書き込みを実行しましたら、焼き付けが終わりまして、PCに入れて起動しましたら、CD-ROMからブートしまして、無事に下図のような画面が出ました。



ただ、この画面から抜ける方法が分からず、ESCキーを押してもダメでしたので、強制切断してしまいました(^^ゞ

マザーボードのチェックソフトというものは無いようですね。

自作パソコンの世界に少し足を踏み入れましたが、やはり私には敷居が高すぎて原因の追求は無理です。

友人には、ハードディスクチェックと、メモリーチェックをやって貰って、もしメモリーに問題がなく、ハードディスクチェックで問題が出れば、ハードディスクを買って交換することを薦めたらよいのか、新しいパソコンを買って貰った方がいいのか、私には判断が付きかねます…

« Paypalをかたるフィッシング詐欺メールが来ました。 | トップページ | レンタルサーバ 「さくらインターネット」というのは安いうえに通信品質もいいようです。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150691/43299000

この記事へのトラックバック一覧です: メモリーチェック(Memtest86)について:

« Paypalをかたるフィッシング詐欺メールが来ました。 | トップページ | レンタルサーバ 「さくらインターネット」というのは安いうえに通信品質もいいようです。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31