無料ブログはココログ

« レンタルサーバ 「さくらインターネット」というのは安いうえに通信品質もいいようです。 | トップページ | Asus Eee PC-901に別のキーボードを被せました »

2008年12月16日 (火)

ELECOMの詰め替えインクの不具合

EPSONのプリンタPM-A840の純正インクが残り少なくなっていたので、ELECOMの詰め替えインク・工具付き(THE-50KIT)を購入しました。翌日必要な資料をカラー印刷していましたら、インクが無くなり、早速詰め替えインクを使おうと、説明書に書いてある通りに作業を進めました。
ELECOMのサイトから説明書をコピーしました。説明書4項で、赤い四角で囲んだところで、「ピストンが下がらない」のです。焦りました。



2つのカートリッジで試してみたのですが、2つとも「ピストンが下がらない」のです。
その日は諦め、翌日大手量販店の開店と同時にお店に入り、EPSONの純正品を購入して、印刷し、何とか資料は出来ました。

仕事が終わったあと、購入した大手量販店で、返品しました。お店側もすんなり受けてくれて、問題なく返金してくれました。

ELECOMのサイトのQ&Aを検索したのですが、「ピストンが下がらない」という事項は載っていませんでした。今回の事例は殆ど起こっていないということなのでしょうか?

私はあまりに純正インクの価格が高いため、インクセーバーソフトを入れて25%節約の設定にしているのですが、それでも減り方が早いです。そこで、3回分使用出来るELECOMの詰め替えインク・工具付きを購入した訳ですが、早々に不具合に当たってしまいました。

余談ですが、私は今回の資料を印刷するのに当たり、6ページ表裏印刷で12部
印刷しようとしたのですが、表面の印刷が終わったところでプリンターが止まってしまい、裏面の印刷が出来ませんでした。Word2003ではファイル→印刷→印刷オプションで、両面印刷のオプションで「裏面」にチェックが付けられますが、これで裏面が印刷出来ると信じ込んで確認もせず、全部の印刷が終わったところで裏面をみましたら、何と「表面」が印刷されていました。印刷したものが全てパーになりました。

よく考えなくても分かることですが、A4等の大きな紙で多ページを表裏のカラー印刷する場合などは、インク代は節約にはならず、紙代の節約などは僅かなもので、失敗した場合のインク代の方が損害が大きい訳です。表裏印刷はシステム手帳など、1部しか印刷しない用途に限るべきだと思いました。どうしてもA4の用紙等で表裏印刷するなら、1部づつ印刷すべきでしょう。メーカーもマニュアルで、表裏印刷の危険性を書いておくべきだと思います。


« レンタルサーバ 「さくらインターネット」というのは安いうえに通信品質もいいようです。 | トップページ | Asus Eee PC-901に別のキーボードを被せました »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

インクの詰め替えは簡単にできない。
大変苦労してもプリンタが純正品でないなどといって
インクの残量が見えません。

Webで上手く良い手いますはさくらでないでしょうか

コメント有り難うございます。
ELECOMのものは、すぐ返品に応じてくれましたが、
もう2度と買うものか、と思いました。
最近、日本のメーカーのパソコン関係の品質が悪くなって
いるような気がします。中国で作っていることにも関係があるのかもしれませんが、各企業が利益確保に躍起になるのはまあ分かりますが、品質が犠牲になっては元も子もないでしょうね。
従業員が気持ちよく働ける環境作りも大切だと思います。
何より、雇用が安定することが第一でしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150691/43433297

この記事へのトラックバック一覧です: ELECOMの詰め替えインクの不具合:

« レンタルサーバ 「さくらインターネット」というのは安いうえに通信品質もいいようです。 | トップページ | Asus Eee PC-901に別のキーボードを被せました »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31