無料ブログはココログ

« 文字列にリンクを貼ろうとすると、その文字列が消えてしまう | トップページ | ホームページビルダーのウェブアートデザイナーの「キャンパス」について »

2008年8月11日 (月)

ホームページビルダーの「代替テキスト」について

検索エンジンというのは、画像の中に入った文字列は検索しません。あるNPO法人のホームページの作成を依頼されまして、なるべく検索し易いようにして欲しいという要望がありました。
私は、トップページの見栄えをよくするために、テキスト文字列を予め作っておいたプレートの上に載せてGIF画像化したのです。そうすると見栄えはよくなりますが、検索にひっかからなくなります。
それで困ってしまいまして、折角作ったGIF画像をテキスト化せざるを得ないのかと、これはまた大変だ、と思いました。気を取り直して、ウェブで調べてみました。

ホムページビルダーの機能に「代替テキスト」というものがあるのが分かり、これを使いますと、折角作ったGIF画像を捨てることなく、そのGIF画像の「説明文」をHTMLのタグの中に埋め込んでくれます。ウェブで調べると大体のことは分かりますからウェブは便利です。

次のようにやります。モザイクが入っていて、見づらくてすみませんが、説明文を加えたいGIF画像の上で右クリックして、「属性の変更」をクリックします。


またモザイクがかけてあってすみませんが、タグのところが画像になっていることを確認します。画像タブで、ファイルのところは、上で「GIF画像の上で右クリック」した時に自動的に入りますから、ここはそのままでよいです。代替テキストのところに「説明文」を入れます。


HTMLソースを見ますと、次のようになっています。
<IMG src="kai_no_syoukai.gif" width="500" height="76" border="0" alt="この会は…活動しています"><BR>
alt=以下に、「説明文」がテキスト形式でちゃんと入ります
この説明文は、当然のことながら、ページ上では見えません。



ホームページビルダーというのは、なかなか奥が深いです。感心しました。まだいろいろ分からないことがありそうです。

« 文字列にリンクを貼ろうとすると、その文字列が消えてしまう | トップページ | ホームページビルダーのウェブアートデザイナーの「キャンパス」について »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150691/42134250

この記事へのトラックバック一覧です: ホームページビルダーの「代替テキスト」について:

« 文字列にリンクを貼ろうとすると、その文字列が消えてしまう | トップページ | ホームページビルダーのウェブアートデザイナーの「キャンパス」について »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30