無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

Google「検索」にかかりやすくする方法(特にサイトマップの作り方について)

知人を通じて、あるNPO団体から、私のような素人がホームページの作成を依頼されました。まあ自分もホームページは持っていますし、ブログもやっていますので、素人なりのものは出来るだろうと、お引き受けしました。

依頼者からは、「検索」にかかりやすくして欲しいと言われました。自分のホームページがGoogleの検索にかかるかどうかなどは、あまり気にもしていなかったのです。それとGoogleなどの検索エンジンは、申請とか登録依頼をしなくても、サイトを「クロール」(サーチと同義語だと思います)してテキスト情報を自動的に集めるから、数日でGoogle検索に掛かって掲載されるだろうと思っていました。ところが、8月10日にサーバーにアップロードして、今日は16日になるのに、検索用語を入れて検索を掛けても一向に載りません(テキストを殆ど画像化したので、検索に掛かりづらいと思い、ホームページビルダーの「代替テキスト」の機能を使ってふんだんにテキストを入れました)。

(私は、自分のブログを書いたあと、そのブログが検索にかかるか時々試してみているのですが、大体1、2日もあれば、何も申請とか、登録依頼などしないでも検索にかかりましたので、ホームページも同様だろうと思っておりました)

しかし、一向に載りませんでしたので、心配になり、Googleには、自分のサイトを登録しておいて、検索にかかり易くするツールがあるので、それを使ってみようと思いました。やってみたところ、Googleでは案内に従って進めていけばいいところもあります。こちらのサイトで、操作方法が詳しく載っています。またこのようなサイトもあります。

しかし、初めてやる時には、難しい箇所があります。それは、サイトマップを作るところです

8月20日(水)の状況

私はindexフォルダーを作りその下層にindex.htmlファイルを置いていましたが、知人で詳しい人がいまして、indexフォルダーを作らず、直接index.htmlを置いたらどうかと、アドバイスを受けまして、その通りに構造を変えてみました。
indexフォルダーの存在が、検索の邪魔をしている可能性があるかもしれないとのことでした。

下記のようにではなく、
http://park23.wakwak.com/~******/index/index.html
このように
>http://park23.wakwak.com/~******/index.html
(******はアカウント名)

ホームページのフォルダー、ファイルの位置関係を上で指摘された通りに直しました。URLを入れてホームページが見られることは確認しました。

サイトマップの自動生成はこちらのサイトで出来ることを知人に教えて頂きまして、やってみました。
http://www.google-sitemaps.jp/

このような画面が出ます。

サイトのトップページに次のようなリンクを貼る必要がある。

クロール開始URLのところに下図のように入れる
http://park23.wakwak.com/~******/

ウィザードにしたがってやっていきますと、次の画面になります。

この画面の一番下の「XML生成」ボタンをクリックします。

このようなメッセージが出ればOK

サーバーへのアップロードの仕方が書いてあります。

次にファイル転送ソフトで、次のようなアドレスの場合は、public.htmlの直下にsitemap.xmlを転送すればいいのではないかと思いまして、そのように行いました(index.htmlがある場所と同じ所です)。
http://park23.wakwak.com/~******/

Googleにサイトマップの場所を伝える
Googleのサイト→Googleについて→Webmaster Central ご紹介 →ウェブマスターのツール(サイトマップを含む)→Googleアカウントでメールアドレス、パスワードを入れて入場→その後はウィザードに従う。)          

ステータスが「保留」となったので、暫く待つ

暫く待つと、ステータスがOKとなる。右端の詳細(青い四角)をクリック

サイトマップでインデックスに登録されたURLのところがゼロになっている。

8月28日現在でも、「サイトマップでインデックスに登録されたURL」のところは0になっていますが、NPO団体の名前でGoogle検索を掛けますと、トップではないですが、下の方でインデックス表示されました。最初にアップロードしてからインデックスに登録されるまで、17~18日位はかかったことになります。
(9月2日現在も、ここは、ゼロになっていますが、実際には検索しますとトップで出てきますので、ここのゼロはどういう理由でゼロになっているのか、よく分かりません)

8月28日の午後11時頃、Googleの「ウェブマスターツール」を見まして、「サイト内のインデックスに登録されたページ」の右側にあります、「site:park23.wakwak.com/~*******」をクリックしましたら、「NPO法人 *****」がインデックスに登録されていることが確認出来ました。

8月30日の状況
「NPO法人 *****」の「*****」だけを入れて検索を掛けますと、何とトップにインデックス登録されました。

9月4日の状況

サイトがGoogleのインデックスに登録されました
サイトマップのページがGoogleのインデックスに登録されました
という記載になっています。

サイトマップの詳細で、「サイトマップでインデックスに登録されたURL」のところが、初めてゼロから5になりました。


インデックスとは
「検索エンジンが、WEBページをGoogleのデータベースに登録する行為」をいうそうです。

今回は私の知人に、大変親身になって教えて頂きました。感謝しています。

2008年8月17日 (日)

阪神タイガース、横浜に三連敗(T_T)

弱かった頃の阪神に戻ってしたいましたね。8月は打線も低調ですし、投手も踏んばれません。特に投手は昨年の終盤、優勝しそうな勢いのときに崩れてしまったのですが、それと同じ現象が起きているのではないかと、心配です。
中心になる絶対的なエースがいないのも気がかりです。
今日は2位の巨人もお付き合いしてくれたので、ゲーム差は7と維持しましたが、今後が心配です。
ヤクルト、広島、横浜の下位チームが強いです。特に広島が目立ちます。黒田が抜けたのに、頑張っていますね。バッターも栗原とか、東出が目立ちます。横浜も投手の桑原が台頭し、内川が絶好調ですし、村田が抜けても問題ないですね。それに引き替え、我が阪神は、投手も野手も新しい選手の台頭がないです。桜井も今年はダメですね。投手も上園も伸びないし、杉山もダメだし、こんなことで今年は優勝できるのだろうか、本当に心配です。

NPO法人へのリンク

2008年8月16日 (土)

PhotoshopCS2で、ストライプ状のプレートの作り方

ウェブ上に、下図のようなプレートがあり、その上に会社名などが入ったちょっと洒落たデザインのものがあります。私は最初これはスタイルシートで作るものとばかり思っていましたが、Photoshop等の画像処理ソフトで作るのだそうです。全く知りませんでしたが、美大卒業の私の甥に作り方を教えて貰いました。私の覚え書きのために作り方を書いておきます。

このようなものです。


「ファイル」→「新規」をクリック


幅1pixel、高さ2pixel、解像度はデフォルトの72にして、OKボタン


豆粒のような縦長の枠が出来る。


あまりにも小さいので、「ビュー」メニューの「ズームイン」の機能で拡大する。


パレットの赤矢印をクリック


パレットの鉛筆ツールを選択


赤矢印のところを1Pixelにする


塗りたい色を選択して、マウスの矢印を枠の近くに動かすと四角の中に十字マークが出るので、枠の上でマウスを離す。


下図のように枠の上部に色がつく。


同様に、枠の下側にも色を決めて、マウスを持っていって離す


「編集」メニュー→「パターンを定義」をクリック


パターン名を入れてOKをクリック


「ファイル」→「新規」をクリック


幅と高さを決める


下図が現れる


「編集」→「塗りつぶし」をクリック


OKをクリック


ストライプのプレートが出来上がる


別名で保存で、GIFかJPG等で保存する


私の持っているPhotoshopの解説書には、書いてなかったです。こうした手順は教えて貰わなければ、私の力では、とても出来ないです。本当にPhotoshopは敷居の高いソフトです。

2008年8月13日 (水)

ホームページビルダーのウェブアートデザイナーの「キャンパス」について

ウェブアートデザイナーにキャンパスというものがあります。このキャンパスというものがどういう性質の物なのか、よく分かりませんでした。少し図解入りで、私自身の覚え書きの為に掲載します。

例えば次のような画像を開いたとします。


これは横になっているので、縦に回転したいのです。そのため、まず写真の上でトンと左クリックします。写真の隅に黒い四角いものが8個出来ています。


画像の上で右クリックして、「右へ90度」をクリックします。


後ろの白いもの(キャンパスというのだそうです)は、画像が縦になったのと、同時に縦になりません。写真の上の部分と下の部分が切れています。私はキャンパスの意味が分かっていなかったので、違和感を覚えました。


「編集」メユー→「キャンパスの設定」をクリックします。


サイズのところを見ますと、キャンパスは横長になっています。
ここで、キャンパスのサイズを変えます。


例えば、幅に合わせて、高さも450ピクセルにします。


最初はこのようになります。


画像を、ドラッグして、キャンパスの上に持ってきます。
これは写真なので、そのまま使いますが、加工したい場合には、白いキャンパスの上で作業すると、作業し易いという利点があり、キャンパスというのはこのために存在するようです。いわば「作業台」の働きをします。
キャンパスの機能は他にもあると思いますが、取り敢えず私の分かったことだけ掲載致しました。

(2010年6月22日追記
写真と同じキャンバスのサイズを指定すれば、キャンバスの上に載る画像と同じ大きさになります。今回はキャンバスを横300ピクセル、縦450ピクセルにすれば、いいと思います。
編集メニューから、「キャンバスの設定」を選択し、好みのピクセル数を選びますと、それこそ、殆ど出来ないことは無いくらい、何でも簡単に出来てしまいます。Photoshopなどの操作の難しい高級なソフトを使わなくても、このソフトは本当に便利です)。



画像を保存するには、Web用保存ウィザードを使います。キャンパスは保存されません。

2008年8月11日 (月)

ホームページビルダーの「代替テキスト」について

検索エンジンというのは、画像の中に入った文字列は検索しません。あるNPO法人のホームページの作成を依頼されまして、なるべく検索し易いようにして欲しいという要望がありました。
私は、トップページの見栄えをよくするために、テキスト文字列を予め作っておいたプレートの上に載せてGIF画像化したのです。そうすると見栄えはよくなりますが、検索にひっかからなくなります。
それで困ってしまいまして、折角作ったGIF画像をテキスト化せざるを得ないのかと、これはまた大変だ、と思いました。気を取り直して、ウェブで調べてみました。

ホムページビルダーの機能に「代替テキスト」というものがあるのが分かり、これを使いますと、折角作ったGIF画像を捨てることなく、そのGIF画像の「説明文」をHTMLのタグの中に埋め込んでくれます。ウェブで調べると大体のことは分かりますからウェブは便利です。

次のようにやります。モザイクが入っていて、見づらくてすみませんが、説明文を加えたいGIF画像の上で右クリックして、「属性の変更」をクリックします。


またモザイクがかけてあってすみませんが、タグのところが画像になっていることを確認します。画像タブで、ファイルのところは、上で「GIF画像の上で右クリック」した時に自動的に入りますから、ここはそのままでよいです。代替テキストのところに「説明文」を入れます。


HTMLソースを見ますと、次のようになっています。
<IMG src="kai_no_syoukai.gif" width="500" height="76" border="0" alt="この会は…活動しています"><BR>
alt=以下に、「説明文」がテキスト形式でちゃんと入ります
この説明文は、当然のことながら、ページ上では見えません。



ホームページビルダーというのは、なかなか奥が深いです。感心しました。まだいろいろ分からないことがありそうです。

文字列にリンクを貼ろうとすると、その文字列が消えてしまう

知人に頼まれて、あるNPO法人のホームページを作成しています。CSSとかjavascriptが埋め込まれているトップページなんです。そのことが原因かどうか分からないのですが、テキストの文字列にリンクを貼ろうとしますと、そのテキスト文字が消えてしまうのです。仕方がないので、GIF画像にして、そこからリンクを貼りますとちゃんとリンクが貼れるのです。

画像入りでご説明します。トップページで、「住所・電話・交通」というテキストの文字列を打ち込みます。


その文字列を選択します。


文字列を右クリックして、「リンクの挿入」をクリックします。


参照ボタンをクリックします。


ファイル名のところに、リンクを貼りたいページのパスを入れます。OKボタンを押します。


すると、下図のようになり、黒くなっています。


マウスでトンとクリックしますと、黒い表示は消え、白紙になります。


ちなみに、HTMLソースを覗いてみますと、ちゃんと、「住所・電話・交通」
という文字列が入っています。


何がいけないのか、全く分からなかったので、IBMのサポートに聞きました。
ちゃんと調べてもらえば、天下のIBMのことですから、分かると思うのですが、たまたま電話に出たサポートの方が、めんどくさいと思われたのでしょう、原因不明ですと、逃げられてしまいました。

追記(8月11日午後5時)

私がNPO法人のホームページを作成して、後で実際の運営はNPO法人で行われるので、その時に、トップページに、テキストでリンクを貼る場面もあるかもしれない訳です。そうした時に、リンクが貼れないということでは困るので、IBMのサポートに面倒くさいと思われても仕方がないと思って、粘って聞いてみました。
IBMへの質問で一つだけ分かったことがありました。それは、CSSが悪さをしているかも知れないので、CSSの記述をHTMLソースの画面から削除してみたらどうか、と言われたのです。index.htmlと関係のファイルを一括して、別のフォルダーを設けてそこにコピーして、その通りにやりました。すると、テキストの文字にリンクを貼ることが出来ました。

これで、CSSに問題があることがはっきりしました。しかし折角CSSで作ったものを削除したくなかったので、再度IBMに、CSSのどこに問題があるのか、聞きました。IBMはCSSの細かいことは、サポートの対象外になっていて、どの係員も逃げ腰なのですが、その時の係員は、「私には分かりませんが、詳しい者から後ほど電話します」と親切に言ってくれました。

その詳しい方から電話が掛かってきました。このようにやってみて下さいと言われて、その通りのことをここで書きます。
まず、問題のindex.htmlと関係のファイルを別フォルダーに写してから作業して下さいと言われ、もっともだと思いその通りにしました。

まず、表示→スタイルシートマネージャーをクリック


スタイルシートマネージャーというダイアログが出てきます。
mystyle.cssをクリックすると、右の「ルール情報」の枠の中にアルファベットと数字の文字列が出てくる。「mystyle.cssと、ルール情報の中の一つ一つがリンクされているので、このリンクのどれかが悪さをしている可能性があります」と言われました。

mystyle.cssというのは、ホームページビルダーのCSSについての参考書にCSSの作り方の順序が書いてあり、その参考書に添付のCD-ROMに入っていたものです(FOM出版 よくわかる ホームページビルダー11 応用 という本です)。7つのルール情報を一つ一つ削除してみると、何が悪さをしているか、わかります、というんです。


私は参考書に書いてある通りに操作しましたら、ルール情報にH1と表示されたことを思い出し、H1以外を全部削除してみました。


これで、一旦保存しまして、テキストにリンクが貼れるか試してみますと、ちゃんとリンクが貼れました。

私はCSSのことは、何一つとして理解していないものです。ただ帯状のものが作れるということは何故か知っていて、それを参考書の通りに作っただけなのです。(下図のようなものです)


本当にCSSは難しくて、IBMに質問しても対象外ということで教えて貰えないので、困ります。スタイルシートを作成する機能が付いていながら、サポートの対象外というのは、考えてみますと変です。それの詳しい解説書もないし、IBMのサイトでの解説もないし、何か釈然としません。

2008年8月10日 (日)

パソコンの修理金額が高い

私が購入してから3年使用したパソコンのハードディスクが壊れたため、修理を依頼したところ、ハードディスクの交換だけで、5万円も取られました。ハードディスクの交換が35,000円、技術料が15,000円という内容でした。

大手のメーカーの修理費は高すぎます。ハードディスクは新品を単体で購入すれば1万円程度で済むところ、35,000円も取るのですから、これはもう暴利です。

バッファローのサイトでは、ハードディスクの交換が個人で出来るかどうかについて調べることが出来まして、個人で交換出来る機種の型名が載っていて、それで判断がつき、個人で交換可能なら、ハードの価格だけで済む、ということは知っていました。私の機種について、調べてみたところ、個人では修理不可となっていて、諦めた経緯がありました。

秋葉原あたりでは、修理を専門にやっているお店もあるのではないか、とは思っていましたが、面倒で調べませんでした。

今回、ウェブで、ジェネリックシードという会社があり、とても安く修理出来るということを知りました。まさに価格破壊というか、やっと適正価格で修理が可能となった、と言える程の衝撃でした。この会社がどの程度の実力があるのか、世間の評価がどれほどのものか、私は知りませんが、今度故障したら、この会社に頼んでみようと思っています。

2009年8月10日追記

1)2009年5月に、パソコンから異音が出るようになり、ジェネリックシードに修理診断依頼をしたところ、ファンの異常と思われるとの診断をして貰いました。
それで修理依頼したところ、「ファンが入手出来ないので、ファン周りの清掃しか出来ない」旨の回答を貰いました。仕方がないので、それでも構わないから修理をお願いしたら、技術料のみ6,250円ジャストの請求がきました。
まあ、看板に偽りなしでした。ファンの部品がない、というのはおかしな話ですが、ソニーから取り寄せることが出来ないのではないか?と思います。

2)2009年8月に、とうとうパソコンの電源が入らないという事態になってしまいました。5年使用して使い倒した感があります。今度は、インターネットで「パソコン修理屋」という修理屋さんを探しまして、ここに修理診断を頼んだところ、マザーボードの取り替えになるだろうとのお話でした。マザーボードの取り替えの場合の見積もりを頼んだところ、部品がないため、修理出来ないとの回答を貰いました。

ジェネリックシードにしても、「パソコン修理屋」にしても、こうした修理屋は、メーカー製パソコンの部品の入手が実際は出来ないのではないか、と勘繰りたくなります。それを隠して如何にも安く修理出来ると、ネット上で宣伝していますが、私はその安さにだまされたようです。

ノート型パソコンの修理は特に部品の調達の問題があり、町の一般の格安修理屋さんの泣きどころとなっているのではないでしょうか?

2009年8月13日追記

改めてインターネット検索をしたところ、「パソコン修理屋さんナビ」というサイトを見つけました。このサイトに全国の修理屋さんにつながっていて、一回自分のPCの状況を伝えると、多くの修理屋さんからメールで診断結果が来る、という仕組みになっています。大変便利なシステムです。

http://pc.oconavi.com/

今回の私のPCの状況を書いて投稿したところ、数社から回答がありましたが、私のような場合にとるべき道をはっきり書いてくれた回答がありましたので、ここに紹介します。

-----------------------------------------------------------------------------

初めまして、PC・ビルダー 

パソコン修理屋ナビを通しての、お見積依頼ありがとうございます。
お送り頂きました内容を元に、お返事させて頂きます。

------------------------------------------------------
詳細:電源が入らない、ファンから異音がする
型番:VGN-S71PB
メーカー:SONY
OS:WindowsXP
パソコンの形:ノートパソコン

------------------------------------------------------

・電源が入らない
完全に電源が入らないケースですと、(1)マザーボード故障、(2)ACアダプタ故障

のどちらかだと思われます。
ACアダプタは社外品を使うと言う手があり、金額は5000~8000円くらいで入手出来ます。

マザーボード故障の場合は交換になり、普段は中古部品の使用もご提案しますが、
VGN-S71PBは、発表からわずか2週間で生産終了したモデルのため、中古部品の
流通がありません。
メーカー修理にお出し頂いた方が早いと思います。

・ファンから異音がする
こちらも、ファンの交換になりますが、ノートPCの冷却ファンは専用設計の部品のため、

市販品の流用が出来ません。
マザーボード同様、中古部品の入手が難しいため、こちらについてもメーカー修理の方が
早いです。

SONYは他社に比べて修理費用が安いので、マザーボード・ファンの両方の交換を行っても
40000~45000円くらいで出来ると思います。

 PC・ビルダー

2009年8月17日追記

やはりSONYで修理して貰うしかないということで、SONYの横浜サービスステーションに持ち込み、修理診断をお願いしました(8月15日土曜日。実はお盆の時期ですが、それとは無関係に営業をしていることにまず驚きました)。
何と翌日8月16日(日曜日)に電話で診断結果を連絡してくれました。あまりの速さにびっくりしました。SONYの修理金額は高くて、敬遠していたのですが、SONYという大会社は小回りがきくようになったのでしょうか。
社内の改革でもあったのではないか、と想像致します。
診断結果は、マザーボードではなく、電源回りのFFC端子(電話ではこのように聞こえました)の故障、DCファン異常ということでした。以前ジェネリックシードという会社にファンの異音の件で修理をお願いしたら、「ファンがありません」という回答を貰い、何かおかしいと思っていましたが、こういう特殊な部品は町の修理屋さんには流通していないのでしょう。
的確な診断が一日で出来てしまう、というのは、技術力もあるのでしょう。またお盆の日曜日なのに、営業しているということも、大企業でありながら、創業の頃の初心に戻ったと言えるのかも知れません。

製造元で修理、町の修理屋さんで修理、どちらがいいか、思案しどころですね。

町の修理屋さんも千差万別あるでしょうが、あまり売れなかったノートパソコンの修理は、部品の流通がないので、製造元に修理依頼したほうが無難でしょう。
ただ、ハードディスクまわりの修理なら、町の修理屋さんの得意とする分野ではないか、と思います。ハードディスクの換装はこうした町の修理屋さんに頼むほうがいいかも知れません。

2009年8月18日追記

SONYから電話があり、直ったとの知らせ。あまりの速さにびっくりしました。
修理内容は、

接続ケーブル(FFC10ピン) 交換
接続ケーブル(FFC16ピン) 交換
DCファン             交換 

ということで、マザーボードの交換ではありませんでした。もし「パソコン修理屋」さんでマザーボードの部品があれば、4万円以上かかってしまったところでした。
SONYは修理箇所がマザーではないと的確な診断を行い、結果もマザーは何ら問題なかったということで、町の修理屋さんの技術レベルを疑ってしまいます。
また「DCファンの部品も「ジェネリックシード」という修理屋さんでは、部品が無いという答えでしたが、あっけなくファンもSONYでは交換してくれました。今ファンは静かに回っています。まるで新品です。
町の修理屋さんは確かに安さを前面に出していまして、魅力はあるのですが、部品の入手に難があって、やはり製造元に修理依頼するのが一番問題が少ないと言えそうです。

 
 
 
 

2008年8月 8日 (金)

国の借金800兆円

国の借金が800兆円もあるとか。1990年代に公共投資をばらまきすぎたつけが原因とか。現在も収支は赤字だそうで、国債の発行で賄っているようです。
私は素人でよく分かりませんが、この国債は銀行が引き受けているのだそうで、銀行は、預金者からのお金を国債につぎ込んでいる訳です。
民間の預金残高が確か1,600兆円もあるので、国の借金をこれで賄っているため、国が破綻しないで済んでいるようです。
私が心配するのは、もし国債の価格が暴落したら一体どうなるか、まず銀行が破綻して、預金者に、お金を返せなくなるでしょう。取付騒ぎが発生して、経済は大混乱となります。ここでインフレになるのか、デフレになるのか、どちらになるか私には分かりません。
民間の預金残高が沢山あるので、国債価格の暴落はまずないと思いますが、国の経済運営は、支出を抑えて、少しでも借金を減らすことを基本にしなければならないのに、どうも今の自民党には、景気を良くして、税収を増やして借金を減らすというほうに傾いている感があります。
民主党にしても、ばらまき政策をとって国民の受けを良くしようという傾向があり、借金の多さについての危機感があまり感じられません。
ただ、私は参議院が民主党優勢の現状ということから、自民党が憲法改正をあまり言わなくなった、大分県の教育委員会の不正採用が明るみに出た、官製談合が厳しく追求されるようになった、というように、従来のなれあいの構図が崩れてきたのはよい傾向だと思っています。
借金を減らすために、公共事業を更に減らすと、特に地方で公共投資に頼っているところは、大打撃になって、自民党の票が逃げていくことが心配だから、公共投資を増やすという方向に傾きやすい雰囲気はありますね。それで民主党が公共投資を増やしますなどどいう公約を掲げたら、それこそ、借金はますます増えてしまいます。民間の預金残高以上に借金が増えると、国債で賄うことが出来なくなり、本当の危機が訪れます。
やはり支出を抑え続けるより、他に手はないと思います。消費税の増税にしても、役所の給与の高さ、無駄遣い、天下りで二重三重の退職金を得ている、汚職が絶えないなどの現状をまず改めないと国民の支持が得られないと思います。

2008年8月 7日 (木)

8月に入った阪神タイガースの状況

8月に入って横浜ベイスターズに大勝したあと、三浦に逆転負け(3点リードしたのに金村が打たれる)、広島には、初戦は岩田が不安定でそのあとを継いだ久保田が打たれ負け。昨日は、ボーグルソンが突然の乱調で2点先行され、新しく獲得したリーソップが3点失って負け。
ということで、何だか怪しくなってきました。ボーグルソンは昨年阪神が優勝を争った巨人との対戦で、外人、誰でしたか、に満塁ホームランを打たれた記憶が生々しく残っています。ボーグルソンはいい投球をしていたと思うと、突然乱調になる悪いくせが抜けない。ピンチになると、粘れないで崩れる。奥さんは美人なのに(関係ないか…)。リーソップは150Kmの速球を投げるが、何故か打たれる。昨日一日だけでは実力が分からないが…
バッターも昨日はチャンスがありながら、ボール球に手を出したり、浅井、桜井など全く役に立たなかったようです(中継がなかったので、Yahooのインターネットの速報を見ただけです)
昨日は巨人も、横浜相手にショックの残る逆転負けでした。高橋尚が4点のリードを守り切れず、豊田が2点のリードを守れず、でした。でゲーム差は幸運にも9ゲーム差のままなのは良かったです。それだけが昨日の収穫でした。

やはり野球は投手がものをいいますね。阪神も7月までは、投手が良かったのですが8月に入ってがたがたですね。福原はいつ戻ってくるのでしょう?福原もいいときとわるいときがはっきりしているような感じで、絶対的ではないですね。あと上園とか、他の新人で孝行息子が現れないでしょうか?

投手というと思い出すのは井川のことです。ヤンキースから事実上の戦力外通告を受けたそうです。私は野村監督の元で頭角を現した当初、どこかのテレビ局のインタビューを受けていた時の受け答えの若々しさ、素直さ、すがすがしさ、初々しさ、謙虚さに感心したものですが、だんだんマスコミ(ひいてはファン)に対して、ふてぶてしい態度を取るように変わってしまいましたね。何か内面の変化があったのかも知れませんが。初心に戻って、あの態度を直さないと今後の成功への道は開けないような気がします。

2008年8月 2日 (土)

特定の一人からのメールが着信(受信)しない件

私の知人から質問を受けたのですが、その人はYahooBBの会員でYahoo!メールを使って、Windows メール(OutlookExpressのVista用)で受信しています。

特定の人からのメールが着信しないというのです。そこで、ウェブで答えを探したところ、Yahoo知恵袋で次のような回答を見つけました。ここに貼り付けさせて頂きます。
一つには貴方宛と思っているメールアドレスに間違いがある場合。似たようなメールアドレスが存在すると、そちらへ誤配(機械は正しく動作しています)された形になります。例えばyahoo@yahoo.co.jpが正しいとして、yahop@yahoo.co.jp宛に送ったりしていると、yahop@yahoo.co.jpのユーザーが受け取っている事になります。相手にメールアドレスを確認して貰うか、あなたからメールを送り、それに返信して貰う(宛先を操作する必要がない)という方法を使ってみてはどうでしょうか。

次に非常に遠回りで配信されたりしていて、遅配になっている場合。メールというのはあちこちのサーバーを経由して届けられる、いわばバケツリレーのような物です。場合によっては数日前のメールが届くなんて事もありますから、全てのメールが正しく短時間に届くとは限りません。もう少し待ってみるというのも手です。

相手のパソコンの日付や時刻設定が間違っていると、Outlook Expressの「送信時間順」等の表示で、とんでもなく古いメールに埋もれたり、逆にずいぶん前に送信したのに最新の位置に表示されたりします。確認して貰ってください。

また、Outlook Expressでメールのルールを設定した際に、どこか他のフォルダへ振り分けている可能性もあります。全部のフォルダを探してみて下さい。

残念ながら、これらのどれにも当てはまりませんでした。

その特定の一人のメールアドレスは*******@***.biglobe.ne.jpというアドレスなのです。私はどうにも分からず、知人にYahooにメールで質問することを薦めました。さすがYahooですね。すぐ回答が来まして、Yahooメールにログインして、「メールオプション」ボタンをクリックして、「受信拒否」リストに「ne.jp」が入っているので、それを削除するように、との回答でした。



知人に見て貰ったところ、ne.jpが「受信拒否」リストに入っていました。
これを削除しましたら、その特定の方のメールは正常に受信できました。

ここで新たな疑問が出てきたのですが、何故知人の「受信拒否」に「ne.jp」というようなよく使われるドメイン(メールアドレスで@以降の半角英数字のことをドメインといいます)がリストに入っていたのでしょうか?知人はそういうものを意図して入れた覚えはないと言います。

YahooBBに加入している人々への特典として、「迷惑メール報告時に自動的に送信元を受信拒否リストに登録されるよう設定して、迷惑メール報告を行なう」という機能があります。下記の赤の矩形で囲んだところにチェックマークを入れて、「迷惑メール報告」を行いますと、上記の「受信拒否」リストにドメインが自動的に入ってしまい、そのドメインからのメールは入らなくなります。
恐らく知人は、この機能を知らないで「迷惑メール報告」を行って、その中にne.jpがたまたまあったために、自動的に「受信拒否」になって、メールが入らないということになってしまったものと思われます。



« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30