無料ブログはココログ

« 田代山と帝釈山 | トップページ | カサブランカが開花しました »

2008年7月 7日 (月)

環境と成長の共存を探る

今日からサミットが始まります。今回のテーマは「地球温暖化」だそうです。地球温暖化を止めるためには、結局人間が現在の生活水準を落とすしかないという結論がどうしても導かれてしまいます。
地球上の人類が均一に生活水準を落とすと、後進国の人々にとってはますます貧困がひどくなります。また先進国でも雇用が不安定になって、国内の安定が崩れてきます。学校で経済学で「加速度原理」というのを学んだ経験がありますが、経済は成長が鈍くなりますと、加速度的に企業業績が悪化する、というものだったと思います。
ですから、成長を止めることが出来なくて、ますます「地球温暖化」が加速して、結局人類は破滅の道を進むことになるという悲観的な見方が浮上してきてしまいます。

本日の朝日新聞で本社主筆の船橋洋一氏が書いている記事に共鳴して感動しましたので、内容をテキスト形式にて、ここに載せさせて頂きます。


地球覆う「エコ連鎖危機」

 33年に及ぷ主要国首脳会議の歴史で、今回の洞爺湖サミットほど、燃えさかる地球経済問題をまるごと放り込まれた例はない。経済(エコノミー)・金融と環境(エコロジー)・エネルギーが複雑に絡み合って危機の連鎖を生むエコ連鎖危機が地球を覆っている。
 日本の低金利と米国の急激な利下げマネ-の過剰流動性がドルと石油、食料の価格暴騰をもたらし、サブプライム危機後の金融ステム不安と景気後退の中、インフレを噴出させている。加えて地球温暖化が、水と農薬と疫病の危機を深め、世界の最貧層を直撃している。
 G8は、産油国に石油増産を、中国に石油需要抑制を、産油国と消費国の双方に石油開発投資増大を訴えるが、温暖化対策では炭素コスト、つまり化石燃料価格を高め、脱石油を進める以外ない。
 供給力と実需要と投機の関係をどう見るかも厄介だ。
 世界の石油生産の逓減と、その先の石油枯渇を視野に、産油国が虎の子の資産を最大限高く売りつける"最後のあがき″の局面に入ったのだろうか。それとも金融不安で行き場のなくなったホットマネーが石油を投機のおもちゃにしているだけなのか。いまの石油価格が投機によって沸騰点以上に沸騰させられていることは間違いない。
しかし、G8首脳がそろって価格引下げを強いれば、大暴落、ひいては世界不況を引き起こしかねないことへの懸念もぬぐえない。
 エコ連鎖危機は、複雑に結節しているだけに、G8の政策協調をさらに難しくしている。日米欧の金融政策協調は恐ろしいほど機能していない。福田首相はいまの世界経済を「ガラスの城」にたとえる。
 今回のエコ連鎖危機を「米中が震源地」(G8首脳の一人)と見る向きもある。米国発の金融投機と中国発のエネルギー買い占めが世界経済を脅かしているというほどの意味だ。両国とも京都議定書の枠組みの外にある。
 その上、国家による石油・ガスの"囲い込み"と食料の”抱え込み”が急である。世界の石油埋蔵量の8割はすでに国営石油企業が握る。いたるところ、食料安保論が声高に叫ばれる。世界の自由貿易がむしばまれつつある。
 第2次世界大戦後の米国中心の国際経済秩序と冷戦後の米国一極の国際政治秩序がほころび、世界はグローバル化するにつれ、無秩序と無極化の様相を呈している。エコ連鎖危機に、どのような政策理念で臨むべきか。

成長と安定伴う低炭素化めざせ

 成長と環境を両立させなければならない。成長は必要である。20世紀前半の2度の大戦は、成長、そして、市場と自由貿易が、世界の安定と平和にとって不可欠であることを教えた。それはなお真実である。開発途上国にとっては、成長・発展は体制・政権の存在理由でもある。20世紀後半の世界経済の成長は中東の安い石油の増産によって実現したが、その前提はもはや崩れた。しかも、石油依存成長は産油国の貧富の格差増大と強権数治の跋扈を生み出す。それは「石油の呪い」と呼ばれる。
 温硬化が進めば、貧富の格差はきらに拡大するだろう。国連開発計画(UNDP)は、「温暖化は貧しい人々とまだ世に生まれ出ぬ人々、つまり政治的な声がほとんどないか、まったくない二つの層を犠牲にする」と指摘する。
 格差を是正するためにも成長と安定を同時に追求する。公費補助の職業再訓練や強固な社会保障を用意する。そして、低炭素社会の実現を目指す。洞爺湖サミットの眼目は、成長、安定、低炭素を世界経済の指導理念に据える政治意志を示すことだ。
 中国、インドの台頭に伴い、G8サミットもいずれは改編を迫られるだろう。それらの新興経済大国が、京都議定書後の排出量削減の国際的枠組みに加盟し、責任を果たすようになれば、G8への加盟を拒否すべきではない。もちろん、米国の枠組み加盟を前線とした議論であることは言うまでもない。
 日本は何をするべきか。
 潜在成長カを引き出し、地方、女性、若者の所得を高めるため、改革、開放を一層進める。環境・省エネ・新エネで世界最高水準に立つ。その成果を新興国、途上国に〝リサイクル″させる。
 1973年の第1次石油危機によって、戦後の日本の高度成長は終わった。しかし、日本企築は省エネに乗り出し、危機を乗り越えた。その歴史的意義をリー・クアンユー・シンガポール元首相は次のように私に述べたことがある。「石油危機で日本の繁栄は終わったと思ったが、間違いだった。逆に日本は本物の経済大国となった。日本の経済発展はアジアの指針になると確信した」
 再び日本にとって正念場が訪れている。エコ連鎖危機の挑戦を、森と海と太陽と技術の低炭素フロンティアを拓く機会、と前向きに受け止めるペきである。


本日の朝日新聞は、環境問題に取り組む企業の広告が多く掲載されていました。その中でシャープの広告にこんなことが書いてありました。

「地球全体に降り注ぐわずか1時間の太陽エネルギーで、世界中が1年間に消費するエネルギーをまかなえます。」
何とか太陽エネルギーを効率よく取り込む技術を企業が競い合って開発して貰いたいし、これが企業の生きる道であると信じています。

« 田代山と帝釈山 | トップページ | カサブランカが開花しました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150691/41762679

この記事へのトラックバック一覧です: 環境と成長の共存を探る:

« 田代山と帝釈山 | トップページ | カサブランカが開花しました »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30