無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月29日 (日)

濃深紫紅色のカトレアの花を撮ると、花びらの「濡れたような、潤いのあるような質感」が消えてしまう。

題名の件ですが、下の画像は濃深紫紅色のカトレアの花をCanon EOS Kiss Digital Xで撮ったものです。色そのものは、まあ本物に近いのですが、花びらの持つ「濡れたような、潤いのあるような質感」が消えてしまっています。



また、次の画像は同じ花を、1998年頃、ネガフィルムで撮ったものをフォトCDに焼き付けて貰ったものです。この頃は、「濡れたような、潤いのあるような質感」などということに無頓着でしたので、あまり気にしなかったのですが、今改めて見ますと「濡れたような、潤いのあるような質感」は表現されていません(元画像のサイズが大きいもので見ても表現されていませんでした)。但し「色」はデジカメ画像より、フィルムで撮った画像の方が本物に近いです。



リバーサルフィルムなら、表現出来るのではないかと考えて、FUJIFILMにメールで質問してみました。

私が問題にした件は、業界では、「シズル(しずる)感」と言われている事だそうです。「シズル(しずる)感」という言葉は初めて聞きました。リバーサルフィルムなら、「濡れたような、潤いのあるような質感」は表現できるとの回答を頂きました。
回答内容ですが、ただし書きとして、
1.フィルムで表現できても、CD-Rに焼き付けて、PCのモニターで見ると、表現できないかもしれない。
2.カメラのファインダーを覗いて、そこから「濡れたような、潤いのあるような質感」が分からないようだと、フィルムにも表現できない。
ということが書かれていました。

この花が咲くのは秋から冬にかけてですから、まだリバーサルフィルムで試すことが出来ないのですが、表現出来るよう課題として楽しみにとっておくことにします。

私はランが好きなのですが、その中でも、カトレアの深いラベンダー色に強く惹かれるものがあります。写真のカトレアですが、品種名はBlc.Memoria Roseryn Reisman 'Diana'というものです。我が家に来たのが、1989年5月2日ですから、19年間恐らく毎年咲いてくれた強健種です。

夏の花々

近所を散歩しましたら、ネジバナを始め、夏の花が咲いていました。

ネジバナ ネジバナ
ヒオウギズイセン クサノオウ
コヒルガオ


ヤマユリ


ネジバナ

2008年6月25日 (水)

ネジバナの季節になりました

早くもネジバナの咲く季節になりました。我がマンションの庭の芝生には毎年沢山のネジバナが咲きましたが、最近はどういう訳か殆ど見かけなくなりました。
これは近所のマンションの雑草の生い茂る場所に咲いていたものです。沢山咲いていて、色だけを見ますと、あたかもラン科のテガタチドリが群生しているかのような景観でした。近所でこんなに沢山のネジバナが見られて本当によかったです。

下の写真はアガパンサスです。もっと澄んだ青色をしていましたが、私の写し方が悪いのか、あまり良い色ではありません。

2008年6月23日 (月)

蘭(ラン)の鉢が大きすぎた失敗

パフィオの鉢が大きすぎたので、植え替えを行ないました。私は蘭歴25年になりますが、小さめの鉢に植えるという意識はあったつもりですが、弱った株を抜いてみますと、必ず新しく水苔を詰めたところには全く根が張っていなかったことから、知らず知らずのうちに大きな鉢に植えてしまったようです。特にパフィオは我が家では、あまりよくは咲きませんでした(^^ゞ
どの位の鉢に植えるのがよいのか、今頃になって、ようやく分かってきました(^^ゞ

「容積は長さの3乗に比例する」という数学の定理がありますが、3号鉢と2.5号鉢を容積で比べますと1.7倍もの差があります。一回り大きい鉢に植えただけで、沢山の植え込み材料が必要になりまして、植物が、根を張れず、花が咲かないという原因になるのではないでしょうか。
Paph.Battle of Egypt 'Alpha'(3.5号→3号)
Paph.Orchilla 'Chilton'(3.5→3号)
Paph.insigne(4号→3号)
Paph.sukhakulii(4.5号→2.5号×2鉢)

(6月24日追記:更にもう2鉢、大きすぎるものがあったので、植え替えました。)

Paph.Claire De Lune 'Edgard Van Bell'×Paph.Maudiae(3号鉢→2.5号鉢)
3号鉢から2.5号鉢に植え替えただけなのに、こんなに沢山の水苔が余りました。根が全く回っておらず、3号鉢に植えたことは全くの失敗でした。
Paph.primulinum var flavescens(3号鉢→2.5号鉢)
こちらは、3号鉢に植えたときには、底に発泡スチロールを入れたので、水苔はそんなに余らなかったのですが、根が全く張っておらず、3号鉢では全く用をなさなかったです。
この後再度考え直して、結局最後は2号鉢にしました。

2008年6月21日 (土)

Googleのツールバーにある検索窓で文字を入力しようとしても入らない件

前から気になっていたのですが、上記のような状態が続き、ようやく調べてみようと思い立ち、例によって、ウェブで調べました。意外にQandAがなく、検索に引っ掛かる例も少なく、皆さんどうしておられるのか、ちょっと不思議でした。
私と同じ症状を説明されているサイトがありました。こちらです。

こちらでは、解決策は書いてありませんでしたが、今回私は、娘婿に聞いてみたところ、解決策を教えて貰いましたので、ここに記載します。

検索語として「園芸センター」という文字列を例にします。

まず、「えんげい」と入れて、「変換」キーを押し、「ENTER」キーを押します。
すると、「芸」の右側でカーソルが点滅しますので、引き続き、「センター」とキーボードで入力しようとしても、検索窓には文字が入りません
その時に、同時に「園芸を含む候補」が下に現れます。

(尤も、「えんげいせんたー」と入れて、「変換」キーを押し、「エンター」キーを押せば、問題なく「園芸センター」と入りますが)



Googleツールバーの右側に、「設定」というメニューがあり、そこをクリックして、「オプション」をクリックします。



「機能」→「検索ボックスの設定」をクリックします。


「検索人気ランキングからの候補を表示」のチェックを外します。OKボタンをクリックします。


再度、検索窓に「園芸」と入れますと、候補は出なくなります。白い画面がドロップされて出てくるだけです。


「芸」の右側でカーソルが点滅しますので、引き続き、「センター」と入れれば、そのまま入ります。



「候補」がドロップされて出たほうがよいと思われましたら、「検索人気ランキングからの候補を表示」のチェックを入れればよいです。

Blc.Goldenzelle 'Egg Nog'の新芽が腐ってしまった(T_T)

下の写真は、2008年5月30日に写したものですが、何か新芽に元気がない。6月7日によく見たら、新芽が腐っていた。5月10日頃室外に出したが、寒い日が続いたことがあり、これが原因か?他の大型カトレアは問題なかったが、これだけはダメだった。黄色のカトレアは少し弱いと言われているが、そのせいかも知れないです。


下の写真は6月13日に写したものですが、右側のバルブの基部に黒くなっているところがあり、こ れが腐った部分です。6月21日現在では、左に並んでいるバルブの向かって右側の潜芽が僅かに膨らんでいるような感じです。

黄色のカトレアには十分温度には注意しなくてはと思いました。

ストレプトカーパス

近所のホームセンターで、イワタバコ科ストレプトカーパス属のストレプトカーパスを購入しました。北海道の伊達市で品種改良され、ハッピーデートという固体名が付いています。
私は、ランに雰囲気がよく似た植物も好きなようです。何となく熱帯をイメージさせるエキゾチックな花だから、でしょうか。


2008年6月15日 (日)

カトレアBlc.Ronald's Canyon'Koko Head'について

育種家のサンセットさんに「Sc.Elizabeth Off のひ孫である、 Blc.Ronald's Canyon 'Koko Head'というハワイで出た個体は大輪で魅力的」ということをメールで教えて頂いておりまして、これが国際園芸のカタログNO.99に掲載されていましたので欲しくなり、お店に行く前に事前に在庫を確認するため電話を入れましたら、在庫が無いとのことでした。
お店の方はいろいろ八方手を尽くして探して下さいましたが、見つからなかったとの電話を頂きました。親切に対応して下さって有難かったです。
そこで、ウェブで品種名を入れて検索したところ、フジナーセリーという岡山にある有名な蘭園が検索にかかりまして、電話で在庫有無を聞いたところ、10.5cm鉢の在庫があるとのことでした。早速注文しました。

国際園芸はカタログで勝負する方針なのか、ウェブ販売はしていないようなのですが、これからは、ウェブ販売にも力を注ぐべきではないかと、ひとごとながら気になりました。
ただ蘭を買う楽しみは、実際に蘭園に行って、その雰囲気を楽しむというところにもありますので、一概にウェブ販売がよいとは限りませんが。特定の蘭を全国の蘭屋さんを探し回るときにはウェブは便利です。

阪神3連敗

昨日はアッチソンが初回に6点取られて、負け。今日はプロ初先発の鶴だったので、初回がどうなるか心配でしたが、衛星放送の楽天対巨人戦を見ていて、他球場の途中経過で知ったのですが、心配が当たり、初回に6点も取られてしまった。もしこの試合で好投していたら、最近先発投手の出来が今一つの阪神にとって、明るい材料になるところが、暗転してしまった。打撃陣が粘ったが、最後はサヨナラ負けでした。
昨年の最後に、首位に立ったが、その後、先発投手が皆打たれて、優勝できなかったことを思い出して、今日は暗い日曜日になってしまいました。
やはり今年も課題は先発投手ですね。
鶴は上がってしまったのでしょうか?プロの世界は技術もさることながら、強い心臓の持ち主でないとつとまらないということでしょう。鶴投手は二軍落ちになるのでしょうか?
(6月17日記:鶴が一死も取れず降板したのは、新聞記事を読む限りでは、上がったのではなく、技術的なものだったようです。そうであれば、練習して再挑戦のチャンスは訪れると思います)

2008年6月13日 (金)

マーボーナス(麻婆茄子)を作る

今日の夕食当番は私ということで、マーボーナスを作りました。といっても、「麻婆茄子の素」を買ってきて、具だけを調理しただけのお手軽料理でした。夏になりますと、何となくナスが食べたくなり、作ったという訳です。
味のほうは何となくインスタントだなぁといった印象でした。

ベゴニア

ベゴニアは、春、夏、秋と楽しめます。普通は冬は枯れますが、我が家では、冬になりますと葉を切ってベランダに出しっぱなしにしておきます。そうすると春になりますと、葉を出して花が咲きます。現在では満開状態です。一鉢だけですが、ボリューム感があって楽しめます。

2008年6月10日 (火)

Den.amesystoglossum(デンドロビューム アメジストグロッサム)について

2002年5月6日に題名のランを購入しました。毎年冬に沢山の花が咲きました。購入したとき、2.5号素焼き鉢に植えられていたと思います。株の背の高さからみて、鉢が小さすぎるのではないかと思いましたが、そのまま育てました。
2006年2月に花が咲いたあと、3.5号素焼き鉢に植え替えましたところ、新芽が伸び例年と同じに成長しましたが、2007年2月には全く花が咲きませんでした。2007年の春には新芽が伸びましたが、勢いがなく、背丈もあまり伸びませんでした。
そして、2008年2月は当然ながら、開花しませんでした。一番高いバルブの長さは70cmもあり、根鉢もかなり大きかったのですが、3.5号鉢から3号鉢に植え替えました。しかし、一向に新芽が動きません。ようやく今日になって、新芽が動き始めました。それも極小の新芽です。恐らくあまり伸びないのではないかと思います。
これは2号か2.5号の鉢に植え替えて、苗から育てるような意識でやり直さなければならないと思っています。

この品種は大きな鉢に植えてはいけないのでしょう。バルブが増えてもバックバルブを捨てて、元の2.5号鉢のままにする必要があるのではないか、と考えています。
ところが、この品種は、バックバルブにも花が付くんです。ですから、バックバルブを捨てるにしても、難しい面がありますが、やはり2号か2.5号に植え替えるべきでしょう。

2005年2月10日の様子


2008年6月10日の新芽の様子(極小の新芽です)


2008年6月22日の新芽の様子(何と極小の新芽が3つも出てきました)。

2008年6月 8日 (日)

Sarcochilus(サルコキラス)に花芽らしきものを発見

1999年4月25日に購入した、Sarcochilusに花芽らしきものを発見しました。普通の園芸店で購入したので、品種名が書いてなかったので品種名不明ですが、恐らくfitzgeraldiiであると思います。

購入してから、9年過ぎ、株は元気なのですが、一向に花芽が付きませんでした。
我が家では、株は元気なのに、花が咲かない株は、素焼き鉢から、プラ鉢に変えると何故か花が咲くことが多かったので、この株も今年初めて素焼き鉢からプラ鉢に変えてみました。

花芽だといいのですが…(Canon EOS Kiss Digital X+SIGMA50mmマクロレンズ+エクステンションチューブEF12+エクステンションチューブEF25にて撮影)。株は小型で、花芽も微小ですが、拡大して撮っていますので大きく見えます。



追記(7月8日)
花芽だと思ったものは、結局根でした。残念でした。

2008年6月 7日 (土)

鎌倉台峰(だいみね)を歩く

ようやく晴れて暑くなってきたので、鎌倉台峰を散歩してきました。6月に咲く花を写真に撮りたいと思ってカメラを持っていきましたが、台峰では野草の花は殆ど咲いていませんでした。台峰に入る前と、台峰から出て鎌倉駅に向かう途中に花が咲いていました。


ホタルブクロ


カタバミの仲間(台峰に咲いていましたが、園芸種が紛れ込んで来たのかも知れません)


ビオウヤナギ(美央柳と書くようです)


ドクダミ(雑草の代表みたいに扱われますが、花はとても美しいです)

2008年6月 4日 (水)

岡 鹿之助の展覧会

東京京橋のブリヂストン美術館で岡 鹿之助の展覧会が開かれているので、見にいってきました。前回は1984年に開催され、この時も私は見に行きました。
何といっても「雪の発電所」が強烈に記憶に残っています。あれから24年も過ぎたのですね。
私は絵画にはあまり興味がなく、あまり画家の名前も知らないのですが、岡 鹿之助だけは知っています。何でそんなに引きつけられるのか自分でもよく分かりません。絶筆となった「段丘」もいいですね。「遊蝶花」もいいです。また数々のすみれの絵も印象に残ります。複製でいいので、家に飾っておきたいです。
絵は「個人蔵」となっているものが多く、見る機会もあまりないのですが、今回の企画は本当に有り難かったです。

すみれの絵はがきを買って、家で額縁に入れて見ています。


« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30