無料ブログはココログ

« 最近購入した蘭について | トップページ | 現在の阪神タイガース »

2008年5月27日 (火)

Partition Manager 8 Proを使用しての感想と使い方

私のノートパソコンは、購入した時から一つのハードディスクが、CとDのパーティションに分かれていました。Cドライブは約15GB、Dドライブは約41GB、他にリカバリ用の領域が4GBあり、合計の容量は60GBです。

アプリケーションソフトはなるべくDドライブに入れ、マイドキュメントは使わないようにしてきましたが、それでもCドライブは15GBの内、1GBしか余裕がなくなってしまいました。
そこで、パーティションを切り分けるソフトを買いました。一度だけ行えば済むような作業用に、高いお金を払うのはもったいないようですが、フリーのものは無いようなので、仕方なく購入しました(よく探せばフリーのものがあったかも…)。
Partition Manager 8 Proというソフトです。ダウンロードも出来るのですが、パッケージを買いました。マニュアルが付いているのですが、私が使いたかった機能、Cドライブの領域を増やし、Dドライブの領域を減らす、たったこれだけの基本的な機能について、マニュアルに解説がなくて、仕方なくサポートに聞きました。
サポートは初心者を見下すような、知らないほうがおかしいというような態度で、ちょっと腹が立ちました。

サポートの人は、私の目的を実現するためには、「ウィザード」メニューから、「空き領域の再配置」をクリックして、ウィザードに従ってやれば出来る、といとも事務的に言うんです。そうなら、「こんな基本的なこと位、マニュアルに最初に書いておいてよ!!」と言いたくなりました。

使い方を書き残しておくことにします。このウィザードで実施しますと、本当に簡単で、あまりにも簡単なので、図解の必要などないくらいです。サポートの人、マニュアルを作る人はあまり簡単なので、初めての人でも何も教えなくても、簡単に出来ると思って、手を抜いたんでしょうか…

1.「ウィザード」から「空き領域の再配置」をクリックします。


2.「空き領域の再配置ウィザード」ダイアログが出ます。次へをクリックします。


3.「サイズを広げるパーティションの選択」で、Cドライブのところをクリックしますとちょっと分かりづらいですが、薄茶色で囲まれます。次へをクリックします。


4.「空き領域を提供するボリュームを選択します」ということで、私の場合、Dドライブの空き領域をCドライブに移すので、Dの左の□の中にチェックマークを入れます。
次へをクリックします。


5.ここで、Cドライブの容量を決めます。サイズの選択のところで、スライダーを左右に動かしますと、合計のサイズと、増加したサイズが両方表示されます。ここのところは分かり易いです。よく出来ていると思います。次へをクリックします。


6.「空き領域の再配置ウィザード」ダイアログが出ますので完了をクリックします。


7.適用をクリックします。


8.下の画像は、はいをクリックします。


9.全体の進行状況ダイアログが出ます。


10.続いてシステムの再起動を求められますので、赤矢印のところをクリックします。


再起動したあと、PC上で、何かの作業が自動的に行われまして、無事パーティションの再配置が終了しました。失敗もなく、この点では良いソフトだと言えるのではないでしょうか。

11.Cドライブの空きが最初、1GBしかなかったのですが、空きが14GBと増加しました。この位空いていれば、マイドキュメントにいろんなファイルが入れられます。



12.Dドライブの容量は減りましたが、それでもまだ19GB余っています。



(5月27日追記:このソフトでパーティションを変更したことによると思われる不具合がありました。プリントサーバーを使用して、2台のパソコンで1台のプリンタを使っているのですが、印刷しようとして印刷出来ないという事態を招きました。

バッファローのプリントサーバー(LPV3-U2S)用のLPV3ダイレクト接続マネージャーというソフトの挙動がおかしくなったので、アンインストールして、再インストールしようとしたら、アンインストールできなくて、そのまま放置して、他のことをやっていたら、1時間くらい経過した後にやっと「アンインストールに成功」だったかのメッセージが出てきました。それで、再インストールしたらやっと直りました。

プリンタのドライバも何回かアンインストールとインストールを繰り返しました。
安定したのが、朝の3時でして、それまで必死にいろいろ試しました。
まだ使用していないソフトがあるのですが、不具合が起きないとも限りません。
パーティションを変更するなどということは、なるべくやらない方がいいと骨身にこたえました。)

(5月31日追記:このソフトでパーティションを変更したことによると思われる不具合が更に2件ありました。

1.EPSONのPM-A840のプリンタのスキャナ機能が使えなくなった。これはスキャナのソフトをアンインストールして、再度インストールして直った。

2.私は、VistaとXPをLANで接続しているのですが、VistaからXPの共有フォルダに繫がらないという問題が発生した。
ウェブ上を探し回りました。解決策が見つかりました。ウェブは本当に便利です。
解決策を書いて下さった方々に感謝します。

VistaからXPの共有フォルダにアクセスしようとすると、次のようなメッセージが出るのです。

~アクセスできません。このネットワークリソースを使用するアクセス許可がない可能性があります。アクセス許可があるかどうかこのサーバーの管理者に問い合わせてください。

このコマンドを処理するのに必要な記憶域をサーバーで確保できません。

こちらのサイトで「解決策その1」を見つけました。
http://hm.cocolog-nifty.com/hmpage/2004/09/norton_internet.html

書いてあることをコピーさせて頂きました。

次の手順でレジストリを修正。
これで今まで通り、つながるようになった。

「スタート」→「ファイル名を指定して実行」を選ぶ。
regedit と入力してEnter。
次のキーを選ぶ。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services
\LanmanServer\Parameters

「IRPStackSize」をクリックして、「10進」を選ぶ。
値のデータの部分に「15」を入力して「OK」を押す。

〔IRPStackSize がない場合〕
一覧の余白部分で、「右クリック」-「新規」-「DWORD値」を選ぶ。
「新しい値 #1」の名前を「IRPStackSize」にする。
「IRPStackSize」をクリックして、「10進」を選ぶ。
値のデータの部分に「15」を入力して「 OK」を押す。

再起動。

これでやってみましたが、繫がらず、またウェブを探したところ、次のサイトで「解決策その2」を見つけました。結局この記事が決め手となり、解決しました。

http://aki.issp.u-tokyo.ac.jp/itoh/PukiWiki/pukiwiki.php?Windows%A4%E8%A4%ED%A4%BA%A5%E1%A5%E2

書いてあることをコピーさせて頂きました。

”要は「IRPstackSize」なるパラメタの数値を上げろとのこと。私の環境では該当するパラメタがなかったので新たに作成した。15にするとうまくいったという報告が多かったが、私の環境では15ではうまくいかなかった。短気な私は値をいきなり30に上げて試したのであるが、とりあえずはうまくいった。最適な値探しはまたヒマな時にでもやろう。”

« 最近購入した蘭について | トップページ | 現在の阪神タイガース »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150691/41324667

この記事へのトラックバック一覧です: Partition Manager 8 Proを使用しての感想と使い方:

« 最近購入した蘭について | トップページ | 現在の阪神タイガース »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31