無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月24日 (日)

ベートーヴェンの第九交響曲の演奏会を聞いて

知人が合唱団の一員として出演し、私も生演奏で聞きたかったので、聞きに行ってきました。

指揮 関谷 弘志 管弦楽 藤沢市民交響楽団 ソプラノ 平松 亮子(ひらまつ あきこ) アルト 杣友 恵子(そまとも けいこ) テノール 児玉和弘 バス・バリトン 藤井大輔 合唱 市民シアター第九を唱う会 松本市第九を歌う会(有志) 合唱指揮 伊集院 俊光 練習ピアニスト 水野 玲子

私は素人で、批評などは出来ませんが、感じたことを感じたままに書いてみます。まず感激して帰路につきました。一地方の市民が中心になって演奏が実現したのでしょうが、主催者のご苦労は大変なものだったでしょう。
私は曲を聞いていて、まず感じたのは普段はiPodでしか聞いたことがなかったのであまり感じなかったのですが、ベートーヴェンという作曲家が本当に偉大な作曲家であるということを改めて認識させられました。どこが偉大なのかと言われると困りますが…そして次は指揮者がよかったと思います。全員が指揮者の指揮棒の前に一体となって演奏する様子がはっきりと分かりました。ソロを歌った歌手も声量があり大変な熱演でした。合唱団は、皆さん大変な熱演でした。管弦楽が小さな音になって、合唱がクローズアップされる場面がありましたが、分厚く響きまして、いまでも印象に残っています。
日曜日のひとときを充実した温かい気分で(外は寒かったですが)家路につきました。演奏者の皆様に心から御礼申し上げます。

2008年2月18日 (月)

新聞紙・雑誌等の紐の結び方

昨日、シルバー人材センターのやり方で縄の結び方をやっているうちに、いつも自分が自宅でやっている新聞紙の結び方を忘れてしまいました。
ウェブでいろいろ検索しまして、下記のサイトのやり方を参考にしまして、自分なりに絵に書いてみました。Aが紐の巻いてある側です。Bが紐の先端側です。



参考にしたサイトです。
http://minkara.carview.co.jp/userid/109901/car/20637/73114/photo.aspx
写真の5番目と6番目と7番目が分からなかったので、自分なりに考えました。

--------------------------------------------------------------------

2011年6月4日追記

紐を強く縛るやり方
我が集合住宅の管理組合の理事の方に紐を強く縛る方法を教わりましたので、覚書書きのために図示します。固結びより、更にきつく縛ることが出来ます。

001
002

003

004_2
Aを上の図の通り紐の下を通し、B側にワッカを作って通し、AとBを強く引っ張れば固く結ぶことが出来ます。.

2008年2月17日 (日)

紐の結び方

私が加入しています、某市のシルバー人材センターでは除草班に入れてもらっています。雑草を抜いてから、腐葉土にするらしくて、米袋に入れて荒縄で結ぶのですが、結び方がなかなか覚えられません。
そこで、図に書いて覚えることにしました。この図を除草班の親方のところに持っていくと、「体で覚えろ」とどやしつけられる恐れがあります。折角作ったのでブログで公開します。新聞紙などの梱包でも使えるのではないでしょうか。

1.米袋の中には雑草がびっしり詰まっています。荒縄を米袋の後ろから前に通して、上まで持ってきます。AとBを強く引っ張ります。作業者の側から見た図になっています。

2.BをAの下にもぐり込ませて、引っ張りあげます。作業者の側から見た図になっています。



3.AとBが交差するあたりを強く抑え、Aをぐるっと右回りでBの外側を通るように回します。



4.縄(紐)の回し具合が分かりやすいように、ほどいたように書いていますが、要所でよく締め上げる必要があるようです。この辺のやり方が私はまだ理解していないので、よく親方に叱られます(^^ゞ最後にAを引っ張るときつく結ばれます。

春蘭 '極紅'

サカタのタネの通販で、春蘭 の極紅(キョッコウ)というのを買いました。花芽2つついていて、春に咲くでしょう。蕾を見ると緑色をしていますが、これが赤花にはたしてなるんでしょうか?でも楽しみです。輸送形態は鉢には入っておらず、根に水苔が巻いてある状態でしたので、鉢に植えました。
まあ、もともとは山盗り品でしょうが、サカタのタネあたりですと、社会的責任が伴いますので、メリクロンで増殖したものと思いたいです。山盗りを趣味みたいにしているプロの人もいるらしいですが、私も加担しているような気がして、ちょっと後ろめたい気持ちもないことはないです。
この頃、一時飽きていた、園芸の趣味が私の心の中で復活してきたようです。何より癒されますね。植物には、なんというか「みずみずしさ」があって、我が家のような小さいマンションでは、なるべく小さな鉢で小さいけれど輝かしい生命を見るのは本当に心が安らぎます。

2008年2月12日 (火)

蘭の植え替え、株分け

今シーズンは、我が家では、06年に植え替えた蘭の大量植え替えの時期になります。今日は17鉢植え替え、株分けしました。
感じたことですが、どうも植物の大きさより、鉢が大きすぎて、根が張っていないものが多かったです。私は蘭栽培を始めてから、25年位になりますが、どうも植え替えのとき、根鉢の大きさを考慮しすぎて、どうしても大き目な鉢に植えてしまいます。パフィオなどは、葉のスパンの1/3程度の長さの鉢で丁度よいと思いました。
少々荒っぽく、大量の水苔と共に、鉢の中に根を突っ込むような勢いでエイヤとやった方がよさそうです。但し新根だけは痛めないようにして。

iTunesでプレイリストの曲順が変えられない問題

プレイリストの曲順が変えられない問題に遭遇しました。

曲を選択して、普通は曲を動かしますと、横の黒い線が現れて、その線のところにドロップすると、曲順が変えられます。ところが今日、どうやっても曲順が変えられない問題に遭遇しました。

いろいろやってみましたら、次のようなことをやりますと、こういう現象が起きることが分かりました。

次のようなプレイリストがあります。これは正常な状態で、曲順は変えられます。


数字の上のところでクリックして、曲順を反対にします。

このように、順序が逆になりました。

この状態の時に、名前をクリックしますと、次のような順序になります。
   このとき、例えば5番目の曲をどこかに移動しようとしても、上下には動くのですが、ドロップができません。

プレイリストが「ぐちゃぐちゃ」になるのを防止してくれているのだと思います。

2008年2月11日 (月)

開いている複数のウィンドウを一度に最小化する方法 (沢山立ち上がっているソフトを一度に最小化する方法)

Microsoft社のサイトに書いてあったものを、私自身の覚え書きのためにコピーさせて頂きました。

キーボードですべてのウィンドウを最小化するには
使用しているキーボードに ウィンドウズ キーがある場合は、ウィンドウが開いている状態で、 ウィンドウズ キーを押しながら m キーを押します。

キーボードですべてのウィンドウを元にもどすには
ウィンドウズ キーを押しながら Shift キーを押し、さらに m キー を押します。すべてのウィンドウが元の大きさに戻ります。

2008年2月10日 (日)

iTunesで、「ライブラリへの追加時にファイルを[iTunes Music]フォルダにコピーする」という文章と、そこにチェックを入れたり、外したり出来るのですが、これは何を意味するのでしょうか?

iTunesの「編集」メニューから、「設定」をクリックします。

Help1184

そうすると、詳細タブの中の一般タブの中に、「ライブラリへの追加時にファイルを[iTunes Music]フォルダにコピーする」という文章があって、チェックを入れたり、外したり出来ます。私はこれの意味が分からないのです。

Help1185

さて、「ライブラリへの追加時にファイルを[iTunes Music]フォルダにコピーする」にチェックを入れないで、他のソフトで作って、PC上のどこかに保存されているAという曲をライブラリに追加した場合は、そのA曲は文字通り、”[iTunes Music]フォルダにコピーされません”。でもそのA曲は、ライブラリ上で音が鳴ります。またiPodにも転送(=同期)されます。何故なのか分かりませんが、A曲が、[iTunes Music]フォルダに自動的にリンクされているのではないかと推測するしかありません。

CDの曲をiTunesにインポートするとき、「ライブラリへの追加時にファイルを[iTunes Music]フォルダにコピーする」にチェックを付けなくても、CDの曲は、「[iTunesMusic]フォルダにインポートされています。

「ライブラリへの追加時にファイルを[iTunes Music]フォルダにコピーするかしないか」という機能は何故iTunesに付いているのか、についての結論なんですが、次のように推測されます。
既に、他のソフトで作られて、PC上のどこかに保存されているA曲を、iTunesのライブラリに取り込んで、それをiPodに入れる時、A曲を[iTunesMusic]フォルダにコピーすると、容量が倍必要になるので、そういう無駄を防ぐためにチェックを外すことが出来るように配慮されている、というのが、私の推論です。A曲ばかりではなく、大容量のファイルをiTunesではない、別のソフトで作ってしまった人に、iTunesを使ってもらうために用意された機能なのでしょう。

間違っていましたら、どうか遠慮なくご指摘下さい。

追記(2月12日)
ライブラリのミュージックの入っている[iTunes Music]フォルダーの場所を、別の場所へ移動するときも、「ライブラリへの追加時にファイルを[iTunesMusic]フォルダにコピーする」にチェックをいれなければならないようです。

2008年2月 6日 (水)

iPodの曲データを救出するソフト

インターネット上の、質疑応答の場で、iPodのユーザーから、「パソコンが壊れてiTunesに貯め込んだライブラリの曲データとか、プレイリストが消えてしまった。iPodには曲が残っているので、ipodからiTunes上にデータが救出できないか」という質問が結構沢山ありますね。

解決の手段として、「Pod野郎」というフリーソフトがありますが、これが有名なようです。ただこのソフトは、プレイリストは復元出来ないようです。またiPodtouchには対応していないです。

プレイリストも復元できるソフトでは、「CopyTrans」というものがあり、価格は2,300円と格安です。ダウンロード販売のみだと思います。iPodtouchにも対応しているかは分かりません。

あとは、インターネット社から出ている「POD SAVE」というものがあります。プレイリストも復元できるようですが、価格が確か3,600円位します。これは試用版はダウンロードできますが、製品版はダウンロード版はなくて、市販しかないと思います。

普段から、外付けHDDとか、DVD-Rあたりへバックアップをとっておくべきでしょう。

2008年2月 4日 (月)

Brilliant Classicsのモーツァルトピアノ協奏曲

Brilliant Classicsのモーツァルト全集の中にある、ピアノ協奏曲全曲を何気なく聞いておりました。デレク・ハン(p) ポール・フリーマン(指揮)フィルハーモニア管弦楽団の演奏でした。 デレク・ハンという人も、 ポール・フリーマンという人も名前を聞いたことがなく、勿論演奏も初めて聞きます(フィルハーモニア管弦楽団は有名ですけど…)。
Brilliant Classicsのモーツァルト全集は価格が安く、演奏者も世界的に有名な人を起用していないから、演奏もそれなりだろうと勝手に解釈していました。
だけどとんでもない誤解でしたね。
私の耳には、大変心地よく響き、感動しました。どこが良かったの?と問われますと答えに窮しますが、大変きれいで、あまり感情的にならず、端正に纏まっていて、オーソドックスな演奏との印象を受けました。私にはこういうスタイルの方が受け入れやすいだけなのかもしれませんが。マレイ・ペライアの演奏・指揮するピアノ協奏曲全集を持っているのですが、それよりもよかったのではないかと思っています。若いころ、来る日も来る日も、モーツァルトのピアノ協奏曲ばかり夢中で聞いた頃を思い出しました。

2008年2月 3日 (日)

我が家から見た雪景色

今年初めての雪景色です。雪が降っている中で写しましたが、降っている様子が分かりませんね。雪の降っている時の写真の写し方は難しいです。
今日は用事があって外出しましたが、電車が遅れていました。日曜日のため、混乱はあまりなかったようです。

2008年2月 1日 (金)

シルバー人材センターでの初仕事

昨年の12月に、ある市のシルバー人材センターに登録してから、今日2月1日に初めて研修の仕事が入りました。私は草取り、清掃の仕事を選びましたので、その仕事が入ったわけです。正式な会員になるまでは計8回の研修を経験しなくてはならないそうです。
人様の注文を受けて有償で実施するわけですから、本番前の研修は当然でしょう。草取りというと簡単に聞こえますが、今日指導を受けましたが、結構大変ですね。集めた草とか落ち葉は市の腐葉土作成場まで運び、肥料にするらしいので、土や石が入るのはまずいので、植物と石、土を分ける作業がこれが結構きつかったです。それから、作業範囲にある雑草は1本も取り残しは許されません。随分厳しいものだと思いましたが、施主の注文通りに仕事をする必要があるので、これも当然なのでしょう。指導して下さった方々に御礼申し上げます。
家に帰ったらぐったりと疲れました。土曜、日曜は原則として休みですが、果たして私に長く勤まるだろうか、正直不安はあります。家で何もしないで、退屈しているより、労働した方が健康の為にもいいし、社会のお役にも立てるので、何とか続けたいものです。

我が市の老人人口(何歳以上を老人というのか聞き漏らしましたが)の僅か1.3%がシルバー人材センターに登録しているそうです。働けない人々も当然いるでしょうが、意外に登録者が少ないことに驚きました。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30