無料ブログはココログ

« 我が家から見た雪景色 | トップページ | iPodの曲データを救出するソフト »

2008年2月 4日 (月)

Brilliant Classicsのモーツァルトピアノ協奏曲

Brilliant Classicsのモーツァルト全集の中にある、ピアノ協奏曲全曲を何気なく聞いておりました。デレク・ハン(p) ポール・フリーマン(指揮)フィルハーモニア管弦楽団の演奏でした。 デレク・ハンという人も、 ポール・フリーマンという人も名前を聞いたことがなく、勿論演奏も初めて聞きます(フィルハーモニア管弦楽団は有名ですけど…)。
Brilliant Classicsのモーツァルト全集は価格が安く、演奏者も世界的に有名な人を起用していないから、演奏もそれなりだろうと勝手に解釈していました。
だけどとんでもない誤解でしたね。
私の耳には、大変心地よく響き、感動しました。どこが良かったの?と問われますと答えに窮しますが、大変きれいで、あまり感情的にならず、端正に纏まっていて、オーソドックスな演奏との印象を受けました。私にはこういうスタイルの方が受け入れやすいだけなのかもしれませんが。マレイ・ペライアの演奏・指揮するピアノ協奏曲全集を持っているのですが、それよりもよかったのではないかと思っています。若いころ、来る日も来る日も、モーツァルトのピアノ協奏曲ばかり夢中で聞いた頃を思い出しました。

« 我が家から見た雪景色 | トップページ | iPodの曲データを救出するソフト »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ラベンダーさん、こんばんは^^

モーツァルトのピアノ協奏曲と申しますと、私は2年前にラベンダーさんとコラボさせていただいた第17番を思い出します。
あれはたいへん楽しい試みでございました^^
またいつか、ああいうことができたらいいなと思います^^

お仕事も始められたようで、ご多忙な日々を送られていることと思います。
雪が降ったりして寒いですから、どうかお身体には充分お気をつけくださいm(__)m

Jun-Tさん こんにちは^^

コメントどうも有り難うございます。17番のコラボは私もたびたび
聞いております。あの時は大変お世話になりました。これまでの5年間
のパコンミュージック生活は私にとってみますと、まるで奇跡のような
感じがします。今ではホントによくあれだけのことを、やったものだと
感慨だけが支配していて、自分の心の中で、またやってみたいという
湧き上がってくるものが全くない状態です(^^ゞ

最近は、音楽を作らなくなったかわりに、よく音楽を聞くようになりました。
それも、殆どモーツァルトとベートーヴェンばかりです。

仕事の方は、まだ研修期間でして、週2回程度のペースです。リーダーの
方に、次回も来てくださいね、と言われてしまいました。1回研修しただけで
やめる人も結構多いのではないかと推測しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150691/17957709

この記事へのトラックバック一覧です: Brilliant Classicsのモーツァルトピアノ協奏曲:

« 我が家から見た雪景色 | トップページ | iPodの曲データを救出するソフト »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30