無料ブログはココログ

« カンタン中華うま煮 | トップページ | ozさん作の、システム手帳用紙印刷ソフトozprintという優れもののフリーソフト »

2007年12月14日 (金)

iTunesとiPodのトラブル

iPod Classic 80GBの購入に当たり、曲の保管場所に関して、C,Dドライブに空きがなく、外付けHDD320GBを購入して取り付けました。Nドライブとして認識しました。ここに、iTunes Musicフォルダを設け、ライブラリの保管場所としました。すでに外付けGドライブを所有していましたが、容量が80GBしかありませんでしたので、GとNを入れ換えました。現在はGドライブ(320GB)にiTunes Musicフォルダがあります。また、Nドライブ(80GB)はiTunes Musicのバックアップ用として、必ずここにバックアップを取ってあります。



GドライブがiTunes Musicの保管場所になったのですが、プレイリストを見ますと、Nドライブに関連付けがされていたので、「ライブラリの統合」を行って、プレイリストをGドライブに関連付けました。

ここで、私がミスをしたのですが、「ライブラリの統合」をやりましたら、NドライブのiTunes MusicもGドライブのiTunes Musicに「統合」されてしまうんですね。

その結果、下図のように、全く同じ曲が2つ出来てしまいました。ただ一方は1が曲名の後に付きます。1が付くのと、付かないのと2つ出来てしまいました。2つとも曲名、サイズが全く同じですので、同じ曲であるのは間違いありません。



ここで、アップル社のサポートに電話したら、2つのうちのどちらかを削除したらどうか、と言われて、1の方を削除しまして、その後次のような操作をしました。
「ファイル」メニュー→「フォルダをライブラリに追加」→Gドライブの下にある、「iTunesMusic」フォルダを選択でOKボタンを押す。これで、操作完了。

ところが、これでライブラリのミュージックの方では音が鳴ったのですが、プレイリストは音が鳴らないんですね。目の前が真っ黒になりました。

この後、Apple社の詳しい方と、1時間程電話でやりとりしました。Apple社も、今回の私の事例のような、マニュアル通りいかない場合に対処する専門家を置いているのですね。この方が言われたのは、どちらかを削除する場合、プレイリストの中に入っている曲を選択してクリック→プロパティ→「概要」タブで下の方に「場所」と書かれたところに、G:\iTunes Music\***(曲名)1.m4aというパスが書いてあるので、そこをよく見て、どちらに関連付けられているか判断する必要がある、と言われたのです。私はここでハッと気づきました。

私はこのパスの存在を知りませんでした。ここをよく見て、1が付いた方を削除すべきか、付いていない方を削除すべきか、決める必要があったのですね。

幸い最初で書きましたが、Nドライブにもバックアップを取ってありますので、それをGドライブにリストア(復元)したら、プレイリストでも音が鳴りました。

ただミステリーですが、iTunes上では、同じ曲が2つ入っていますので、現在50GB位のサイズです。ところが、iPodでは同じ曲が1つしか入っていないので、25GBのサイズです。iPodでは正常なのです。

何故こういうことになるのか、Apple社の方も、通常ならば、iPodの方にも、同じ曲が2曲入るので、50GBのサイズになるハズだと言っています。これについては、再現が非常に困難なので、原因が分からないそうです。

« カンタン中華うま煮 | トップページ | ozさん作の、システム手帳用紙印刷ソフトozprintという優れもののフリーソフト »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150691/17364264

この記事へのトラックバック一覧です: iTunesとiPodのトラブル:

« カンタン中華うま煮 | トップページ | ozさん作の、システム手帳用紙印刷ソフトozprintという優れもののフリーソフト »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31