無料ブログはココログ

« 携帯電話落下防止用クリップ(吊り下げテープ用クリップ、フィッシュクリップ)を利用した、イヤフォンコード止め具を作ってみました。 | トップページ | Photoshop CS2で写真(画像)を角丸長方形(四角形)に切り抜く方法について »

2007年11月 3日 (土)

お知らせ君(WSF300)を購入

我が家は、私の部屋でヘッドフォンを耳に当てて音楽を聞いていると、玄関のインターフォンのチャイムの音が聞こえないんです。家人が在宅の場合は問題ないのですが、私一人の時はチャイムの音が聞こえないために、来客があった場合とか、配達の人が来てもち帰ってしまって、迷惑をかけることになります。
マンションのために、インターフォンは居間に1台しか設置出来ず、居間から玄関を挟んで私のパソコン部屋があるので、2台目の配線をすると壁面に線を這わせねばならず、体裁が悪くなり、困っておりました。
インターネットで、何かいいものはないかと探しましたら、「送信機で音を検知・送信して、受信機に無線(ワイヤレス)で光とブザーで知らせてくれる」という便利なものを発見しました。これはもともと介護用に作られたものでして、私のような用途は応用例かも知れませんね。

早速使ってみました。チャイムの音を送信機が集音・発信して、ちゃんと受信機が反応しました。ただしチャイムの音は送信機の集音感度があまり良くないような感じです。衝撃音の方が反応が良いです。なるべくチャイムに近づけて使うべきでしょう。居間のドアと私の部屋のドア両方のドアを閉めると受信しませんね。私の部屋だけ閉めているときは大丈夫です。我が家では送信機と受信機の距離はわずか5.5mです。

送信機、受信機とも電池で動きます。使わない時は電池の消耗を防ぐため、受信機には、「切」のスイッチがあります。送信機には「切」のスイッチはありませんが、「ボタンを押すと受信機が反応する」モードがあるので、そちらの方へスイッチを切り換えておけばよいと思います。

REVEX(リーベックス株式会社製)でネットで通販で買えます。3,000円前後です。



2008年1月22日追記

インターフォンの下に子機を置いてみたのですが、チャイムの音に反応しないことが多かったです。どうもこの機械は、衝撃音には強く反応するようなので、インターフォンの上に直接置いてみましたら、今度は、必ず警報音が鳴るようになりました。ただ安定が悪いので、ボール紙で、子機を置く入れ物を作ってインターフォンに乗せました。下の写真です。

直接乗せた写真(下に落ちそうで怖い)


ボール紙で乗せる台を作りその中に子機を入れました。


下から見上げた写真(インターフォンの後ろの隙間にボール紙をいれてあるので、大変安定します。ねじ止めなどはしていません。ただ置いただけです)。

« 携帯電話落下防止用クリップ(吊り下げテープ用クリップ、フィッシュクリップ)を利用した、イヤフォンコード止め具を作ってみました。 | トップページ | Photoshop CS2で写真(画像)を角丸長方形(四角形)に切り抜く方法について »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150691/16961121

この記事へのトラックバック一覧です: お知らせ君(WSF300)を購入:

« 携帯電話落下防止用クリップ(吊り下げテープ用クリップ、フィッシュクリップ)を利用した、イヤフォンコード止め具を作ってみました。 | トップページ | Photoshop CS2で写真(画像)を角丸長方形(四角形)に切り抜く方法について »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31