無料ブログはココログ

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005年12月29日 (木)

冠攣縮性狭心症(かんれんしゅくせいきょうしんしょう)

12月27日の夜、寝ていて、胸の痛みを覚えたため、念のため28日に病院へ行きました。医師の診断を仰ぎましたが、狭心症だと思うが、検査をする必要があるとのことでした。
検査は29日でも可と言われましたので、早速検査を受けることにしました。
この検査はカテーテル(管を意味するラテン語)を右手から血管(静脈)に入れて、心臓の右心室まで通して、そこで、造影剤を注入して、レントゲンによって冠動脈の状態を見るようです。(右心室まで入れるかどうか、詳しく聞いておりませんので、もしかしたら違っているかも知れません)。
管を入れるとき相当痛いのではないかとビクビクしていましたが、麻酔により痛みは感じませんでした。管が心臓まで達しても心臓に管が入っているという実感はなく、痛みも全くありませんでした。検査は30分位で終わりました。
検査後は、止血のために、手はまっすぐにのばされて、止血器具で強く圧迫されました。圧力は一定の時間毎に、すこしずつゆるめてくれます。このため、検査が終わったらすぐに退院という訳にいきません。検査終了後から、5時間位何もすることがなくて、じっとしているのがとてもつらかったです。
朝の10時半位に検査が終わって、医師の説明が行われたのは、午後4時ちょっと前でした。
レントゲン(動画になっています)写真を見せて貰って、説明を聞きました。
心臓の左心室から体全体に血液が送られるのですが、左心室から出た大動脈の付け根に、冠動脈が分岐していて、それは心臓を冠のように覆って、心臓自体に酸素と栄養を与えている重要な血管なのだそうで、その冠動脈が詰まったりすると、心臓に十分な酸素と栄養が行きわたらず、そのため、狭心症とか、心筋梗塞が起こるのだそうです。本当に人間の体はうまく作られているのだと感心してしまいました。中学校の理科の時間に人体の循環器系統の仕組みを教わりましたが、冠動脈の存在のことは全く知りませんでした。
私の場合は、冠動脈に細くなっているところは特になく、痛みが起こる原因は、冠動脈の痙攣によるものだとの説明を受けました。このため病名は冠攣縮性狭心症とのことです。ニトロペンという薬を処方して貰いました。これは胸の痛みを感じた時に口の中で溶かして飲む薬だそうで、ダイナマイトの原料にもなっているあのニトロです。
手術など最悪を考えていましたが、取り敢えず、避けられて助かりました。
病院はみなさんとても親切で丁寧で、気持ちよかったです。有り難かったです。感謝しています。

2005年12月26日 (月)

フラッシュメモリー

昨日NHK-TVで「日本の群像」-トップを奪い返せ・技術者達の20年戦争-という番組をみました。なんとフラッシュメモリーを発明したのは東芝の技術者だったのですね。お名前は失礼ながら覚えておりません。
私が最近購入したiPODnano等の携帯型のプレーヤーとか、デジカメの記憶媒体にも使われているんですね。DRAMは電源を切ると記憶されていた内容が全部消えるのですが、フラッシュメモリーは消えないんですね。これは本当に素晴らしい発明だと改めて認識しました。
毎日iPODnanoを何気なしに聞いているのですが、恩恵にあずかっているのですね。有り難いことです。
iPODnanoは品薄が続いているらしいですが、韓国のサムソンとか、製造メーカーからの供給が逼迫しているのかもしれませんね。
iPODの開発はアメリカですが、その基幹部品のフラッシュメモリーは日本のメーカーからも供給されていると思うので、日本の半導体メーカーにとっても追い風になるんでしょうね。
iPODが売れすぎて、利益は全部アメリカに持っていかれるので、何か悔しい思いもしますが、フラッシュメモリーの売り上げで日本のメーカーも潤うと思うと、世の中グローバルに考えないといけないのかも知れませんね。

2005年12月23日 (金)

綾戸智絵のCDを買いました

以前、NHK-TVで綾戸智絵の特集番組を何気なしに見ていて、少し引き込まれるものを感じました。iPODnanoを買って、クラシックの曲を片っ端から入れて聞いてみて、満足感はありましたが、クラシックでない、別の音楽も聞いてみたいと、思うようになりました。
じゃあ、何がいいか、ということになりまして、綾戸智絵のCDを買う気持ちになりました。
BESTというのとBEST2というアルバム2枚を同時に買って、iPODnanoに入れて、外出時に聞きましたが、ピアノの音が綾戸智絵の声ととてもよくマッチして、たちまちとりこになりました。新鮮なんですね。鮮烈で澄んだ山の川の流れのように響きます。

2005年12月17日 (土)

iPODnanoを買いました

私はクラシック音楽が好きなのですが、椅子に座ってじっと聞くというスタイルになじめません。一人で外出するときに、携帯型のプレーヤーとヘッドフォンで聞くというのが、長年の私のやり方です。
SONYがウォークマンの一号機を発売して以来、初めはカセットで聞き、次はCDウォークマンで聞きというふうに変遷してきまして、最近ではMDウォークマンで聞いていましたが、MDウォークマンにいちいち録音するのが面倒になったのと、薄いため目的のMDを探すのに時間がかかるため、ごく最近はまたCDウォークマンに戻って聞いてきました。

CDプレーヤーの欠点は1時間しか聞けないということです。外出先でCDを入れ換えるなどということはとても出来ませんので、同じ曲を3~4回聞くということになります。音は申し分なくいいのですが、耐えきれなくなりました。オペラならCD3枚分メディアを取り替えることなく聞き通せるものがあったらなあ、と思っていました。CDの1/10程度のサイズにまで圧縮できる新しい技術(MP3など)のあることも知ってはいましたが、音が悪いだろうと思ってあまり気にしませんでした。

世の中ではiPODというものがもてはやされているということも耳に入ってきましたが、私は無視してきてしまいました。一旦パソコンに取り込んで、CDからMP3に変換する必要があって、この変換にえらく時間がかかるのだろうと勝手に思っておりました。

ある日、私のパソコンがSONY製だったせいもあり、SonicStageという、CDから音楽をパソコンに取り込み、圧縮して、それをプレーヤーにダウンロードしてくれるというソフトが付いていたのですね。早く試してみれば良かったのですが、ある日、試しにどのくらいの時間がかかるのか試してみました。CD1枚をMP3に圧縮するのに128Kbpsで約3~5分で出来てしまうことが判明したのです。これで私はびっくりしまして、こんなに早く録音できるなら、機器を買わねばとおぼろげながら考えるようになりました。

最初はハードディスクに録音するというものが頭に浮かびました。20GBのHDなら、1CD当たり60MB位のサイズで換算すると、クラシックのCDが何と300枚分が入ってしまうんで、私の持っているCDがどうにか全部入ってしまうからこれが良いと思いました。
しかし、こんなに入れても、頭出しが大変だろうとか、歩いていて音飛びがありそうだと思い、この案は消えました。

次に候補にあがったのは、SONYのNW-E407でした。これは記憶方式がメモリーなので、音飛びがないということと、1GBの容量なので、CDが16枚分位録音できそうなので、出かける前の日に、気に入った曲をPCからダウンロードすればよいから、これにしようかと思いました。あとはPanasonicのSD700でした。これは、SDメモリーを記憶媒体とするものでして、1GBのメモリーを買えば、SONYのと同じなのです。そんな時にApple社のサイトにも寄ってみました。ハードディスク型は敬遠しまして、メモリー型を見ましたら、何と容量が4GBではありませんか。これならCD60枚分入るのではないかとここで初めてiPODnanoの凄さを実感しました。

決めたら早いものでして、早速近所のヤマダ電機に行って見てきましたが、何と取り寄せとのこと、やはり人気があるんだなぁと実感しました。手に入れるまで相当の時間がかかると覚悟を決めました。かみさんの了解も取り付け、横浜へ行ったついでに、横浜三越のあとに入って、つい先日オープンしたばかりのヨドバシカメラ横浜店に、申し込みをしに行きました。

ところが、店頭で、4GBは白色は取り寄せだが、黒色なら在庫があるとの思いがけない返事で、速攻で購入してしまいました。
買うときに電池交換はAppleへ持ち込みになるとのこと、時計と同じで素人では出来ないと言われました。また交換費は6,800円だったかかかるとも言われて、随分高いものだと思いましたが、ウォークマンのバッテリーも3,000円位したかな、と思って電池が高いのは仕方がないと諦めました。

付属のソフトはiTunesというんですが、最初は全く使い方が分からず、随分難しいソフトだと思いましたが、1日格闘していましたら何とか理解出来るようになりました。フリーズするようなことは全くなくて良いソフトだと思います。この手のソフトはどのソフトでもそうだと思うのですが、フォルダーが作れることだと思いますね。フォルダーを作って、聞きたい曲だけをこのフォルダーに集めて、出かけるときに、「今日はこのフォルダーの曲を聞こう」ということで、このフォルダーを選択して出かけるということができるんですね。とても軽いし、圧縮されていることが分からない位音はいいしで、とても良い買い物をしたと喜んでおります。
オペラ1曲位軽く聞けますし、私が長年待ち望んでいた音楽生活が送れそうです。

残念なのはSONYとの決別ということでしょうか。私の音楽生活はSONYと共にありました。iPODはアメリカの製品ですがSONYを始めとする日本企業の巻き返しを期待します。

2005年12月14日 (水)

MP3を聞くと冒頭で雑音が入る

MIDIファイルから、MP3ファイルを作って、私のWebサイトに載せ「開く」及び「保存」でダウンロードしてWMPで再生しますと、最初の数秒だけ、雑音が乗ります。繰り返し、再生しますと最初のところの雑音は消えていますが。

私のMP3の作り方が悪いのではないかと思って、他の方のサイトに行って聞いてみましたが、やはり最初に雑音が入ります。もしやWMPのせいかも知れないと思い、フリーソフトのTMIDIPlayerで試してみましたら、冒頭の雑音は発生しませんでした。

WMPのバージョンは10.00.00.3802というものです。WMPはバージョンアップしているのかも知れませんが、TMIDIPlayerに変えてしまいました。WMPはカラフルで好きだったのですが…

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30