無料ブログはココログ

2017年9月12日 (火)

ラン Trichoglottis triflora

2017年8月19日国際園芸からBS株を購入しました。それが我が家で咲きました。花の横幅は4mm程度と極小さいです。

20170912

花の拡大

2017091202
全部で4つ開花。

20170918

2017年8月 5日 (土)

ランの培養土について

2017年6月28日に、神奈川県立フラワーセンター主催 セミナー 「花を咲かせる洋ラン栽培」の講座を聞いてきました。

講師は、国際園芸の石井さん。

ここで私の得た貴重な情報。

水苔植えの場合、鉢の下の方は柔らかく植え、上の方は堅く植える。

根は固形物に当たるとそこで成長が止まることがある

私は自分で育てて枯れたカトレアの鉢を見たら、鉢の下の方が水苔が堅く詰まっているのを何度も見たことがあります。やはりこれは、根が固形物に当たると成長が止まることを物語っていたということです。このことに私は気づきませんでした。

Mizugoke_ue

石井さんのお話しでは、最近は水苔より、ニュージーランド産のバーク植えが成績がよいとのこと。バーク植えで注意すべき点は、上から棒で軽くつつくようにして、隙間が無いように植える。

国際園芸から最近購入したランの鉢2つ。バーク植えです。よく根が張っています。

20170811_2

2017081102

写真は国際園芸から購入したニュージーランド産のバーク。

Kokusai_engei_bark

写真は国際園芸から購入したアイデアルミックス。私はパフィオはこの用土を使っています。

Kokusai_engei_original_mix

石井さんのお勧め:肥料でお勧めなのは、ボブピータース 18:18:18の4,000倍液。活力剤としてはバイオゴールドがお勧め。

----------------------------------------------------------------------

我が家で成績のよい用土をご紹介します。株式会社 花ごころの「洋らんの培養土」です。
根張り抜群!と書いてありますが、まさにその通りです。水苔植えのような難しいことはありません。根腐れを起こしにくいです。どこのホームセンターでも扱っているようで、手に入りやすく、失敗が少ないです。シンビジューム、パフィオ、その他ランは何でも効果絶大です。

Hanagokoro_omote

Hanagokoro_ura

中身(一見して大丈夫かと思いますが、実に根張りが良いです)。

Hanagokoro_youdo1

我が家の例1
C.loddigesii  水苔で鉢の下まで堅く植えた株の2016年6月2日の状態。新芽が出ているが、これの成長が悪かった。翌年3月に花ごころの「洋らんの培養土」根張り抜群!で植え替えました。

201606027

2017年6月4日

4月に新芽が出て、勢いよく成長。

2017060427  

2017年7月30日 根が張っているのが上から見える。バルブが早くも完成。2次成長の気配がないので、次の成長は来年になるでしょう。枯れかかっていた中型のカトレアが復活しました。

2017073027

我が家の例2

Trichocentrum brandtiae 水苔植えの2015年5月30日の状態。元々強健ですが、鉢一杯にならない。

2015053015

翌2016年12月12日に花ごころの「洋らんの培養土」根張り抜群!で植え替えました。
下図は2017年2月13日のものです。つぼみが見えます。

201702132

2017年7月30日の状態。株に勢いがあり、鉢一杯になりそうな気配。

2017073032

2017年7月20日 (木)

Transcend SDD480GB(SSD220S)を使って、Dell Inspiron23 モデル5348のハードディスク1TBを換装

2014年11月に購入したDell Inspiron23 モデル5348をずっと使い続けていますが、最近起動が遅くなり、SSDに変えることにしました。

Amazonのサイトで調べたところ、1TBのSSDは33,000円近辺、500GBのSSDは18,000円程度とかなり価格が違います。

私のハードディスクがどんな使い方をしているか、DiskInfoというフリーソフトで調べたところ、画像関係に大量のスペースを取っていることが分かり、これを外付けのハードディスクに移動したりした結果、500GB使っていたのが、350GB程度になったので、500GBのSSDを購入することにしました。

ネット検索で、TranscendのSSDは、「SSD Scope」という専用ソフトを使い、SSDをUSBで本体につなぎ、そっくりそのままHDDの内容をSSDにコピーしてくれる(クローンの作成)ということが分かりました。SSDをUSBにつなぐためには、コネクタ付のケースか、片側をディスクとつなぎ、もう片側をUSBにつなぐケーブルが必要になります。

この機種は、ハードディスクは2.5インチでSSDと同じなので、3.5インチベイに2.5インチのSSDを搭載する「変換ブラケット」は不要です。またディスクは本体に直接つなぐようになっているのでケーブルも不要です。

「SSD Scope」を使って、HDDの内容をSSDにコピー(クローン作成)することは簡単にできました。4時間くらいかかりました。

本体を開けて、ハードディスクを取り出し、SSDを取付けて電源を入れたところ、最初に出て来た画面がキーボードの言語を聞いてくる画面が出てきて、何かおかしいと感じたのですが、Microsoft IMEにして先に進んだところ、よく覚えていないですが、シャットダウンと修復だったか2つの選択肢が出て来て…、それから何かゴチャゴチャやっているうちに、「No bootable devices found」という画面が出てきました。

Transcendのサポートに電話をしたところ、「SSD Scope」は、元のハードディスクとSSDの容量は同じであることを前提にしているので、1TBを512GBと半減した場合は対応していない、フリーソフトを検索で探してくださいと言われました。なるほどそういうことだったかと納得しました。

クローンを作ることの出来るフリーソフトを検索で探したのですが、その時点では発見できませんでした。私はバックアップの目的で、Acronis True Image2017を持っていて、その中にクローンを作る機能があることを初めて認識した次第です。恥ずかしい。これを使ってHDDからSSDへのクローン作成を行ない、SSDを本体に取付けて、電源を入れたところ、一発でWindowsが起動して、元のデスクトップが現れました。これまで起動に3分程度かかっていたものが1分で立ち上がり、アプリソフトの起動も速くなり、SSDにしてよかったと思います。
クローンと、Back Upの違いですが、クローンの場合は、Windows,Folder,Fileの他、bootする機能も含まれているので、載せ替えたら直ちにBIOSから起動してWindowsが立ち上がる。Back Upというと、FolderやFileだけコピーされ、bootメニューがないものを指しているのではないかと思います。

SSDの1TBと512GBの価格差は15,000円ほどありますが、クローン作成ソフトを有料で買うとしたら5,000円程度かかるでしょうから、価格差は10,000円ほどに縮まるということでしょうか。
------------------------------------------------------------------------
ユーザーズマニュアルに書いてあるのと、私の持っているものと、構造が違うようなので換装するまでの写真を掲載します。

まずは、ユーザーズマニュアルには次のような説明があります。

Ssd_kansou

私の場合
スタンドから本体を外す手順は、ユーザーズマニュアルに書いてある通りです。
マニュアルには、プラスチックスライブを使ってこじ開けるように書いてありますが、私はマイナスドライバーを使ってこじ開けました。(確かにここは注意深くやらないと、ドライバーを挿したときに、力余って、本体の部品に傷を付ける可能性があると思いました)。

Ssd_kansou_01

マニュアルと違うところですが、私の場合HDDがある場所はカバーで覆われていました。

Ssd_kansou_02

カバーを外すとHDDが見えます。

Ssd_kansou_03

写真のように取り外します。

Ssd_kansou_04

青いブラケットはネジ止めではない。写真のように簡単に外れる。

Ssd_kansou_05

穴に刺さった状態から、ブラケットを反らせるようにして、穴から出したところ。

Ssd_kansou_06

換装前のHDDとSSDを並べたところ。

Ssd_kansou_07

SSDをブラケットに取付けたところ。ネジ止めは無し。

Ssd_kansou_08

ブラケットの突起が、○印のところで本体にスライドして、しっかり固定される。

写真ではまだ完全に取り付けが終わっていないが、矢印の方向にカチッと音が鳴るまで押す。この後は、カバーを取付けスタンドに挿せば終了。
Ssd_kansou_09

手元に残った1TBのHDDは、最初にSSDを入れたコネクタ付のケースに入れて、外付けのHDDとして使います。

2017年6月30日 (金)

ラン2題

コクラン

20170629kokuranzentaitokakudai

ネジバナ

20170629

2017年6月25日 (日)

デジタルディレイIC PT2399を利用した、ウクレレ用Reverb(ECHO)エフェクタの自作(結局失敗でした)

ウクレレ用のReverbエフェクタを自作したくなりまして、インターネット上の回路図をいろいろ探したところ、まず目についたのが、スプリング・リバーブという文字通りバネを使うというものです。その次に目についたのは、BELTON素子というのでしょうか、それを使った回路図が多かったです。ところがBELTON素子の価格が日本では高価で、1個4,000円程度かかります。最後にたどり着いたのは、デジタルディレイIC PT2399を利用したReverb回路で、秋月電子通商のサイトに、PT2399を利用したECHO回路図が載っています。

PT2399は、BELTON素子に比べると大変安く、1個130円で買えるので、この回路図で作ってみました。

部品は秋月電子から購入しました。電源を入れてウクレレ ピエゾ素子→自作のプリアンプ→ECHOエフェクタ→パワーアンプ→イヤホンとつないで、ウクレレの音を聞いてみました。

50KΩの可変抵抗を右に回すにつれ、ウクレレの音に遅れて、ウクレレの音が小さく鳴ります。これがエコーなのでしょうか。耳障りです。一番右に回すと、エコーのかかり具合がとても大きくなりまして、これではReverbの効果にはなりません。

音を録音しましたのでお聞き下さい。なおこの録音では、20KΩのVRは左に回し切っています。(20KΩのVRはDelay timeをコントロールするためのもののようです。)

「Echo-Effect.mp3」をダウンロード (音声はモノラルで、左チャンネルから聞こえます)

Princeton Technology 社に音声を添付して、メールで質問してみました。
その回答は次の通りでした。

The PT2399 is designed as single unit for echo/delay circuit,
and reverb effect can be implemented by multiple delay cell.

PT2399でReverb効果を得るには、複数のdelay cellを使わなくてはならない。

そして続けて、「PT2399 reverb」で検索して、出てくる回路とかそういうものを参考にして作って下さい、と書いてありました。

なるほど、自作の世界は厳しいものです。秋月のサイトにPT2399の回路図が載っているので、それを使えば問題ないとばかり思っておりました。

検索で、回路図はいろいろ載っていましたが、私には手に負えない回路図ばかりで、結局今回作った装置はお蔵行きとなりました。

-------------------------------------------------------------------
共立エ レショップ ディレイキット DELAY2399-KIT というものが販売されています。

これは、キットになっていて、2,304円+送料550円です。ケース、可変抵抗、スイッチ、ジャック等は別に購入する必要がありますが、こういうキットもあります。私にとっては、こういうキットを使うのが一番合っていると思います。

2017年6月24日 (土)

10W モノラルパワーアンプの製作

「秋月電子通商」から、10Wモノラル・パワーアンプキットを購入しました。商品説明に、次のような記載があり、電源が2種類必要かと思いましたが、9VDCアダプタ1個だけで、SP/HP共に鳴らすことが出来ました。

 

 

■スピーカー(SP) 部とへツドホン(HP)部について
 
  SP
部と HP部は、
電源も入力も別系統で、一方が不要な場合は、部品の取付も不要です。また、それぞれスタンバイスイッチ(S S W)付で、不要な場合は、部品は取付けたままで、動作させない事も可能です。(SSWの接続;SP部→抵抗[R6]/HP 部→抵抗[R8])SP部とHP部の入力を同じにする場合は、「SPin」と「HPin」の間のランドを、ハンダを盛って接続すれば、一方の入力配線は不要です。

 

回路図は次のようになっています。

Pwr_amp_2

必要な部品一例

    個数
1 モノラル・パワーアンプキット 1
2 標準ジャック 4
3 DC入力用ジャック 1
4 外付け用の小型可変抵抗 2
5 ヘッダーピン 16
6 ヘッダーピンソケット 16
7 中継端子 3
8 収納BOX 1

プラスチックの箱は横浜石川町のタック電子で、TAKACHIOP-150Bという120×50×150サイズの箱を購入しました。

Power_amp1

2017071110wpwr_amp

キットの中に、基板実装用の半可変抵抗が2個ついていますが、外部からコントロールするためには、小型可変抵抗が2個必要になります。

PT板から外部に出るところ(回路図でCNになっている)にスズメッキ線を立てて、そこに直接配線しました。またGもまとめて一括で配線せず、全部それぞれラグ端子につなぐようにしました。そのためPT板の上が配線だらけになって、見栄えが悪かったです。

最近になって、CNのところはヘッダーピンというものを使い、ピンソケットでつなぎ、Gのところは、別々に配線せず、Gを一括で配線するのがよいことを知りました。

これで再度配線のやり直しをしたのですが、1回PT板に半田付けしてしまうと、それを抜いても、スルーホールの穴がハンダで埋まってしまい、吸い取り器で吸い取ろうとしてもうまく穴が開かないです。私はこのキットを再購入してようやくすっきりまとまりました。

ヘッダーピンにピンソケットをつないだところ

Power_amp2

2017年5月24日 (水)

近所の一角に地植えのシンビジュームが咲いていました。

近所の一角に地植えのシンビジュームが咲いていました。

シンビジュームというのは大変強い植物のようですね。
この場所は、朝8時頃から11時頃までしか日が当たらないところですが、それでも季節になるとちゃんと咲いています。不思議です。
20170520

2017年5月 3日 (水)

Windows10で Microsoft Security Essentialsがアンインストール 出来ない

ウィルス対策ソフトとして、ウィルスバスターを使っています。

パソコンを変えたので、新たにインストールしたところ、Microsoft Security Essentialsがウィルスバスターのインストールを邪魔している…云々のメッセージが出ました。

それでコントロールパネルの「プログラムと機能」からアンインストールを実行しようとしたら、
アンインストール出来ない旨の表示が出てしまいました。

今回のパソコンは、元々Windows7が入っていまして、そこからWindows10にアップグレードしました。32bitです。

インターネット検索でいろいろ調べてみました。
1.セーフモードでやってみる。
2.「ウィルス対策」と「スパイウェアと不要なソフトウェアの対策」を、Windows Defender に切り替えてから、アンインストールする。
3.Fixitを使う
4.強力なアンインストールソフトを使う

などいろいろな対策が書かれています。

私が行なったのは、一度Windows7に戻し、ここでMicrosoft Security Essentialsをアンインストールして、その後、Windows10にアップグレードしました。(ただし戻すことの出来る日数は10日間です)。

これで、Windows10へウィルスバスターのインストールは成功しましたが、Windows10にアップグレードした後にインストールしたソフトは再インストールしなければなりませんでした。

2017年5月 2日 (火)

キンランとギンラン

まさに春の恵みです。キンランとギンラン。

キンラン全体

20170429kinran

キンランの花 拡大

20170429kinrankakudai

ギンラン全体

20170502ginran
ギンランの花 拡大

20170429ginrankakudai

近所の地植えのシンビジューム
地植えのシンビジュームですが、あまり日に当たらないようなところで、大株になって沢山の花を付けています。シンビは大変強健な花なんでしょう。

20170429cymbidium

2017年4月21日 (金)

近所の花

家の近所に毎年咲きます。アジュガです。別名ジュウニヒトエと呼ばれているようですが、ジュウニヒトエは日本の固有種で、この写真のアジュガは単に属名のアジュガからこのように呼ばれている園芸品種です。

20170420ajuga_2

ツリガネズイセン

20170420turiganezuisen

«YAMAHAのギタレレGL1に木製のエンドピンを取付け

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30